IBM Cloud Blog

分散型クラウドのアーキテクチャーを理解する:基本編

記事をシェアする:

この投稿は、2020年10月12日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。

このブログは、分散型クラウドアーキテクチャー・シリーズ(2部構成)の第1部です。

クラウド環境の最新のトレンドの一つとして、分散型クラウドが挙げられます。分散型クラウドは、ご利用のインフラストラクチャー上でパブリッククラウドを実行することができます。分散型クラウドは、このアーキテクチャーにより、パブリッククラウドに関する以下のような課題を解決することができます:

  • アプリケーションをパブリッククラウドに移行する際の規制の問題
  • パブリッククラウドの管理や制御の問題

では、ここで分散型クラウドについて、動画で詳しくみてみることにしましょう:

動画(8分59秒,英語版)を見る:

さまざまな規制に対応する分散型クラウド

すべてのパブリッククラウドベンダーには、クラウドを実行するためのアベイラビリティーゾーンやリージョンがあります。たとえば、 IBM Cloud には以下のようなアベイラビリティーゾーンがあります:

  • 米国 テキサス州ダラス
  • 米国 ワシントンD.C.
  • ドイツ フランクフルト
  • 英国 ロンドン
  • オーストラリア シドニー
  • 日本 東京

こうしたアベイラビリティーゾーンは、限られたエリアに存在します。そのため、規制の厳しい金融業界では特に、IBM Cloudのようなパブリッククラウド上にあるデータやワークロードは、自国内におく必要があります。

たとえば、銀行の経営者が、アプリケーションをパブリッククラウドに移行したいと検討している場合を考えてみましょう。しかし、多くの金融機関には、データやワークロードを国内におくことを義務付ける規約があるため、移行をすることができません。

分散型クラウドなら、クライアントが定義した場所で、パブリッククラウドを運用することができます。分散型クラウドを利用すれば、パブリッククラウドを、データセンターでも、コロケーションデータセンターでも、あるいは対象となる国内で利用可能な容量を持つサードパーティーのクラウドでも運用することができます。パブリッククラウドサービスや、マネージドサービスを、さまざまな物理的な場所に分散して管理できることは、分散 クラウドを利用する際の重要な利点であるといえます。

分散型クラウドでより柔軟に対応する

パブリッククラウドを運用していると、どのインフラストラクチャーにもソフトウェアをインストールできます。一方、分散型クラウドベンダーは、以下のような主要プロセスを完全に管理する責任があります。:

  • ガバナンス
  • クラウドの進化
  • ライフサイクル管理
  • セキュリティー、信頼性、エンジニアリング

これは、ベンダーがパブリッククラウドを最新の状況に保つために、すべてのパッチ、アップグレード、インストール、削除を実施し、 互換性の問題にも対応します。このため、あるサービスのあるバージョンを使用する際に、別のサービスの別のバージョンともうまく機能します。つまりベンダーは、管理している利用中のインフラストラクチャー内で、「ミニパブリッククラウドリージョン」としてクラウドを運用しているのです。

したがって、分散型クラウドを活用すれば、パブリッククラウドをサービスを利用してミニパブリッククラウドリージョンを作成し、そのパブリッククラウドサービスを実行できます。定義上では、パブリッククラウドは、こららのサービスを構成し運用管理するためのエントリーポイントとなります。

分散型クラウドのロケーションを作成する場合、サービスとワークロードはそのロケーションで実行されます。もしそのロケーションとクラウドに実際にリンクないし何らかの接続がある場合(ブログ、モニター、レポートを集約する必要がある場合など)、そのリンクを切断した場合でもすべてを実行し続ける必要があります。そうしないと、ネットワークリンクが切断されたために、ダッシュボードにアクセスしてオンプレミスでサーバーを構成することができません。

分散型クラウドを活用すれば、リンクが切断されている場合でも、パブリッククラウドを構成できる単一のコントロールペインがあるので、サービス、ワークロード、アプリケーションを実行することができます。これはすべてのクラウドベンダーにあてはまります。

分散型クラウドと、ハイブリッドクラウドやマルチクラウド などの他の一般的なクラウドコンピューティングアーキテクチャーとの比較について詳しくは、ブログ “分散型クラウド vs. ハイブリッドクラウド vs. マルチクラウド  vs. エッジコンピューティング (Part 1).”をご覧ください。

IBM Cloud Satellite: IBMの提供する分散型クラウド

IBM Cloud Satellite は、RedHat OpenShift on IBM Cloudのような、IBM Cloudマネージドサービスを分散型クラウドをお客様がご利用のインフラストラクチャーにご提供する、分散型クラウドオファリングです。このブログのシリーズの後半では、IBM Cloud Satelliteと、他のベンダーが提供する環境と比べてどのような優位性があるかをご紹介します。

IBMでは分散型クラウドサービスとしてIBM Cloud Satelliteを発表しました。
IBM Cloud Satelliteについての詳細はこちらのWebサイトをご参照ください。またIBM Cloud Satelliteのベータ版はこちらです。


翻訳:IBM Cloud Blog Japan 編集部

*このブログは、2020/10/12に発行された”Understanding Distributed Cloud Architecture : The Basics “(英語)の抄訳です。

More stories

クラウド間でクラウド・ネイティブ・アプリケーション開発を促進するには

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

この投稿は、2020年11月23日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。 クラウド・ネイティブ・ジャーニーを加速させていくと、ベンダー・ロックインを回避することに価値を見出すでしょ ...続きを読む


-可観測性(オブザーバビリティー)の重要性-IBMのInstanaの買収がAIOpsのゲーム・チェンジャーとなる理由

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, Others

この投稿は、2020年11月18日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。 Watson AIOpsにアプリケーション・パフォーマンス自動監視と可観測性(オブザーバビリティー)機能を ...続きを読む


IBM Watson Personality Insights の非推奨化/サービス提供終了のお知らせ

IBM Cloud Blog, IBM Data and AI, IBM Watson Blog

IBM は、2020年12月1日からIBM Watson Personality Insights (PI)のサービスの段階的停止を実施いたします。 段階的廃止の内容は以下のとおりです。 2020 年11 月1 日: サ ...続きを読む