Notes/Domino V10 : 3つの特徴と対応製品

開発環境の拡張

多様な手法で、Dominoデータを連携させたアプリケーションを構築

対応製品:IBM Domino AppDev Pack

JavaScriptとNode.jsを適用することで、Dominoデータを拡張・統合して新しい業務アプリケーションを構築できます。

モビリティ on Apple iPad

コーディングせず、全てのアプリケーションがモバイルで使用可能

対応製品:IBM Domino Mobile Apps

現在ご利用中のNotesアプリケーションをPCだけでなくiPadからもご利用いただけるようになりました。

クラウド化

DominoアプリケーションをIBM Cloudに移行することで、総所有コスト(TCO)を20-60%削減

対応製品:IBM Domino Applications on Cloud (DAC)

Domino アプリケーションの実行環境(Domino サーバー)をクラウドで提供します。運用管理負担を軽減します。

Notes/Domino 最新情報

V10詳細資料 (2019年2月作成)

IBM Notes/Domino V10の新機能をまとめた資料

漫画で読む最新情報

  1. Notesの不安(買収、レガシー…)さてどうする?
  2. Notesで「AI」「チャットボット」なんて無理?

Webセミナー (30分)

HCL 社とのパートナーシップと買収に関する今後のご案内

V11 最新情報

本年リリース予定のNotes/Domino V11の情報をいち早く日本語でご案内

Notesクライアントのモバイル化によるiPadでの利用は、以前は考えられなかったことですが、現在では実現しています。そしてWatsonとDominoデータベースの統合も今では可能になりました。

Georg Schaller, セールス・リーダー, A1 Telekom社

V10へのアップグレード/ライセンスガイド

有効なSS&S(ソフトウェア・サポート&サブスクリプション)とライセンスで、V10が利用可能です。

V10ダウンロード

すでにご契約の皆様は、新規SS&Sの購入やライセンスの購入・延長をパスポート・アドバンテージにてご案内します

「SS&S」と「ライセンス」の詳細

お客様の展開シナリオや、ご利用形態の変更、今後の計画に応じたライセンスなどを確認いただくためのライセンス・ガイドです。

コミュニティ

ノーツコンソーシアム

IBM Notes/Domino の変革に伴い、ユーザー企業やビジネスパートナーが企業の垣根を越えて協業するユーザーコミュニティ

定期配信ニュースレター(要登録)

IBM Collaborationの最新ニュース、イベント情報などを月2回お届けするメールマガジン

テクてく Lotus 技術者夜会

Lotus アプリケーションの開発や、Lotus ソフトウェアの運用を担当されている方を対象とした金曜日夜の勉強会

#ずっとノーツ #dominofoever

関連資料

Forrester:IBM DominoのTotal Economic Impact (2019年1月調査)

顧客インタビュー調査により、 Dominoアプリケーション開発プラットフォームによる経済的影響を評価

V10がもたらす5つのビジネス利益

アジャイルなデジタル・ビジネス向けに設計された新しいIBM Dominoで、次世代のアプリケーション開発を

CIOのための Domino ガイド

Domino がさらに進化して再登場。より速く、新技術に対応し、総所有コストも抑えられるDomino の実力をご紹介

Notesからの移行をお考えの方へ

業務アプリケーション基盤であるIBM Notes/Domino資産を活かす方法

隠れ資産「Notes 業務アプリ」のフル活用でデジタル変革を実現する方法

「脱Notes」を決断する前に検討すべき「3つの課題」

お問い合わせ

コラボレーションソリューション(Notes/Domino、Connectionsなど)について、お気軽にご相談ください

お知らせ

2018年12月6日、IBMおよびHCLは、Notes/Domino、Verse、Sametime、Connectionsのオンプレミス製品およびクラウド・サービスをHCLが買収するという正式契約を発表しました 。この買収は、適用される規制当局の審査の完了を条件として、2019年の半ばには完了する見込みです。

買収が完了するまで、IBMはビジネス・パートナー様と共に、従来と変わることなく製品、サービスおよびそのサポートをお客様にご提供してまいります。Notes/Domino、Verse、SametimeおよびConnectionsにつきまして、今後もお引き立て賜りますようお願い申し上げます。

ご案内レターはこちらからご参照いただけます。