新たな業務自動化の姿

より柔軟で効率的な新たな業務自動化の姿を実例を交えてご説明します。

概要

ユースケース

お客様サポート

種類別の払い戻し要求と処理時間を表示する払い戻しダッシュボードのスクリーン・ショット

お客様サポート

払い戻し要求の自動化: ストレート・スルー・プロセッシングにより手動の作業を最小限に抑え、生産性を向上させて変動する顧客の要求に対応します。

支払業務

請求書を検証するための意思決定モデルのスクリーン・ショット

支払業務

請求書の検証: 意思決定の自動化により、増加する請求書を管理し、検証プロセスを簡素化します。エラーをより迅速に検出して正確性を向上させ、必要に応じて変更を適用することで、支払いまでの時間を短縮します。

人材のオンボーディング

従業員のオンボーディングに関する候補情報のスクリーン・ショット

人材のオンボーディング

ローコード・アプリケーションの構築と活用: 自動化を活用して、応募からオンボーディングまでのプロセスを管理します。 ローコード・ツールを使用してアプリケーションを迅速に構築/更新し、オンボーディング・プロセスを簡素化/更新します。

リモートワークの効率化

共有サービスのヘルプを要求するためのワーク・ストリームを表示するダッシュボードのスクリーン・ショット

リモートワークの効率化

一般的なタスクの簡素化: 業務ユーザーは、コーディングすることなく日常業務のワークフローを作成することができます。これにより、生産性を向上させつつ、リモートワークの複雑さと制限を軽減することができます。

メリット

機能

ビジネス・オートメーションの要件を満たすために必要なすべての機能を提供

プロセス分析

既存のデータを使用して、自動化が最大の影響をもたらす場所を探索し、特定します。

タスクの自動化

RPAおよびその他のすべてのビジネス・オートメーション機能を連携し、仮想知的労働者(デジタル・レイバー)を実現します。

ドキュメント処理

事前にトレーニングされたディープ・ラーニング・モデルを使用してドキュメントを分類しデータを抽出することで、データからより多くの情報を引き出します。

ワークフローのオーケストレーション

AIを活用したワークフローを作成して管理し、BPMとケース管理によってビジネス・プロセスを自動化します。

意思決定管理

ビジネス・ルールと機械学習を組み合わせて、インテリジェントな運用上の意思決定を行います。

コンテンツ・サービス

AIを活用して、企業のコンテンツに対する理解を深め、ガバナンスを向上させます。

製品特長

IBM Cloud Pak for Business Automationは、共有のオートメーション基盤をベースに構築

共通のオートメーション・サービスを活用して、プロセスの稼働状況についての洞察が得られます。 問題の可視化、修正箇所の特定、アクションの優先順位付けを行います。

プロセス・マイニング

ビジネスにおけるデータの流れを視覚的に表示し、運用のボトルネックを特定します。

自動化に関する洞察

高度なAIとアナリティクスを活用して、長期にわたり重要業績評価指標(KPI)を追跡するために使用するベースラインを作成します。

RPA

有人および無人のボットを使用して、従業員が行う作業を補完する堅固な自動化システムを構築します。

導入サービス

IBMは、ほぼすべてのクラウドを対象に、ソフトウェア、サービス、コンサルティングを提供します。お客様に最適なものを選択してください。

お客様自身で進める

IBM Cloud Pakのコンテナ化ソフトウェア・ソリューション(このソリューションやその他のソリューション)から必要なものだけを購入することで、より安全にクラウドへの道筋をつけることができます。

支援を受けながら進める

IBMのエキスパートとともにお客様のポートフォリオを評価し、迅速なアジャイル変更を実装して、今後の自動化に向けた道筋をつけることができます。

IBMに任せて進める

IBMのエキスパートに今後の自動化要件の管理を任せることで、既存のリソースを維持しながら、イノベーションに集中できます。

次のステップ

ビジネス・オートメーションの進め方について相談する

IBM Cloud Pak for Automationの詳細はこちら

こちらのIBM Cloud Paks製品もぜひご覧ください。