ホーム ケーススタディ GittGidyor 空前の好況の中でのハイパフォーマンス
InstanaはeBay企業を新たな高みへと導く
配達用の箱にラベルを貼る手

2020年、地球全体が何か月も続くロックダウンに陥ったときに、オンライン商取引は世界中で前例のない量にまで急増しました。それはオンライン小売業者にとって、年単位で続くオンライン・ショッピング祭りのようなものでした。

11月にブラック・フライデーが近づくと、小売業者は莫大な収益の可能性を見て取りました。しかし、需要に応える準備が必要でした。

そのような小売業者の1つが、eBayのトルコ子会社であるGittiGidiyorでした。GittiGidiyorは、購入者/販売者が3,300万人のユーザー・ベースにサービスを提供しています。ほとんどのオンライン・ストアと同様に、GittiGidiyorも2020年に取引が急増しました。それでもなお、ブラック・フライデーには総取引量が通常の4~5倍に増えます。

準備のために、GittiGidiyorはアプリケーション環境全体で発生する潜在的な問題に対する明確で統合されたビューを必要としていました。複雑な最新のコンテナ化されたアーキテクチャー全体の中であっても、問題がどこにあるのか、何が問題なのか、それらをどのように解決するかを即座に可視化する必要がありました。

GittiGidiyorは最近、IBM Observability by Instana®を導入したことで、そのような機能を手に入れることができました。

収益の増加

 

GittiGidiyorは、2020年のモバイルでの販売収益が82%増加しました

ビジネスの急速な成長

 

ブラック・フライデーでは、Instanaを使用することで4~5倍のビジネス成長に対応することができました

インストールしただけで、使用しているアプリが自動検出されました。他のツールでは、多くのプロセスとDockerファイルの変更が必要です。今は、その必要はありません。 Oguz Yarimtepe サイト信頼性エンジニア・チーム・リード GittiGidiyor社
モダナイズされた環境の監視

GittiGidiyorは、モダナイゼーションにより優れた拡張性をすでに確立していました。同社のアプリケーションの約80%は、マイクロサービス・ベースで、コンテナ化されており、すべてのフロントエンドおよびバックエンド・サービスと、ビジネスの原動力である極めて重要な支払いシステムが含まれています。

しかし、モダナイゼーションによって拡張性と柔軟性を実現する一方で、複雑さも増大します。モノリシック・アプリケーションをマイクロサービス・アーキテクチャーに置き換えると、各マイクロサービス間に新しい通信経路が作成されます。アプリケーションの高いパフォーマンスを維持するには、企業はこれらの経路を監視し、データの流れを維持する必要があります。

2020年に、GittiGidiyorのモバイル・アプリの新規ダウンロード数が2,000万件に達し(2019年比で57%増)、モバイルでの販売収益が82%急増しました。そこでGittiGidiyorは、Instanaを使用して包括的な可視化を進め、成長に対応してパフォーマンスを維持することができました。

そのオブザーバビリティーは、ブラック・フライデー・ブームに対処するためにも役立ちました。

全体像を即座に明瞭にする

クラウド、DevOps、マイクロサービスのソリューション・プロバイダーであるInstanaパートナーのKloia(ibm.com外へのリンク)が、2019年にGittiGidiyorのKubernetesクラスターの監査を支援したとき、GittiGidiyorはInstanaを使用して監視の可視性を向上させる機会を認識しました。

Kloiaは、GittiGidiyorがそのアプリケーションのパフォーマンス・ニーズを評価し、パフォーマンス監視要件を定義するのを支援しました。GittiGidiyorとは引き続き協働して問題を解決し、Instana監視をNode.jsアプリケーションに拡張することを支援しています。

GittiGidiyorがInstanaを試験運用したときに、チームは、単一のインストールでほぼ即座に価値ある可視性が実現されることに感銘を受けました。「インストールしただけで、使用しているアプリが自動検出されました」と、GittiGidiyorのサイト信頼性エンジニア(SRE)チーム・リードであるOguz Yarimtepe氏は説明します。「他のツールでは、多くのプロセスとDockerファイルの変更が必要です。今は、その必要はありません。」

Instanaをインストールして、GittiGidiyorはさらにマイクロサービス間でより忠実度の高い相互依存性をすぐに確立しました。ソフトウェア開発チーム・リードのMehmet Gökhan Akgül氏は、「これによってシステムの構造全体を検出できるようになり、依存関係へのオブザーバビリティーが得られます」と述べています。

Yarimtepe氏は次のように付け加えています。「私たちはインフラストラクチャーの全体像を把握しており、何と何が通信しているのかもわかります。所有しているクラスター、リソースの使用状況、PIDの数、デプロイメントの種類、名前空間など、画面を見るだけですばやく確認できます。」

GittiGidiyorが災害復旧サイトとしてセカンダリ・データセンターを策定したとき、SREチームはその2番目のインフラストラクチャーの依存関係を検出し、別のサイトにアプリを切り替えたときに要件がどのように変化するかを理解する必要がありました。「2つのサイト間でバックエンド・クラスター、フロントエンド・クラスター、PCIクラスターなどを実行できる必要がありました。しかしInstanaを使えば簡単でした。それで確認することができますから」とYarimtepe氏は説明します。「TCPダンプを実行したり、Gitレポートにアクセスして構成を検索したりする代わりに、アプリケーションの観点から何が起こっているかを正確に理解することができるようになりました。」

最も重要なアプリケーションである決済システムについて、GittiGidiyorは、取引成立の機会を失わないために、問題をすぐに検出できる機能を高く評価しています。Instanaはスマート・アラートを提供しており、ユーザーはカスタムしきい値を作成したり、さまざまなサービスのKPIを設定したりして、問題点が現実の問題になる前に、事前対応的にアラートを出すことができます。

私たちはインフラストラクチャーの全体像を把握しており、何と何が通信しているのかもわかります。所有しているクラスター、リソースの使用状況...など、画面を見るだけですぐに確認できます。 Oguz Yarimtepe サイト信頼性エンジニア・チーム・リード GittiGidiyor社
大きな可能性を逃さない

2020年のブラック・フライデーまでにGittiGidiyorは、ビジネスが急速に成長を遂げるとしても、Instanaソリューションを使用して信頼性とパフォーマンスを向上させることについてすでに多くを学んでいました。GittiGidiyorは、ビジネスの急増に関する自社の予測と、特定のビジネス・ボリュームへの対応に必要なリソース・レベルについてInstanaから得たインサイトに基づいて、インフラストラクチャーを適切な規模で展開し、サイトを稼働させ続けるための事前対応的な計画を策定しました。

チームは、決済システム内とパートナー・アプリケーションからの応答の両方で、遅延をリアルタイムで監視できるカスタム・ダッシュボードをセットアップしました。たとえば、決済システムは、多数の提携銀行のいずれかとやり取りして取引を進めます。ブラック・フライデーにチームは遅延を監視していましたが、特定の銀行からの応答時間が遅れ始めたことに気づいて、その場で取引を他の銀行に切り替えました。これにより取引は継続し、買い物客はクリックを続け、GittiGidiyorはその日の大きな可能性を逃さずに活かすことができました。

柔軟でモダナイズされたアーキテクチャーにオブザーバビリティーを導入すると、その柔軟性のメリットを最大限に活用できるようになります。Yarimtepe氏はそれをうまく説明して次のように語っています。「移行することを決定し、別のインフラストラクチャーで実行することにした場合でも、進捗を把握するのに必要であるのは1人だけです。以前は、システム・エンジニア、SRE、開発者、場合によってはアーキテクト、ネットワーク・エンジニアを必要としていました。TCPダンプを実行してすべての依存関係をチェックし、問題がないことを確認する必要がありました。今ではそれらをたった1人で実行できます。」このため、チームは貴重な時間を節約しながら、業績を向上させるような変更を加速させることができます。

開発面では、GittiGidiyorが達成した透明性により、利害関係者にとっては要件がより明確になり、スプリントの生産性が向上し、デプロイメントまでの時間が短縮されました。Akgül氏は次のように述べています。「設計を改良し、マイクロサービス間のパスを開発チームに伝える方法を理解するのに役立ちます。また、デプロイメント後の検証にも役立ちます。期待どおりに成果を上げたかどうかをさらに簡単に確認できるようになりました。」

GittiGidiyor’のビジネス全体についても同じことが言えます。オブザーバビリティーは、パフォーマンスを期待どおりに調整するのに役立ちます。オンライン・コマースが成長し続ける中で、GittiGidiyorは1年を通じていつでも対応できる体制を整えています。

GittiGidiyorとInstanaのロゴ
GittiGidiyorについて

イスタンブールに本拠を置くeBayの子会社であるGittiGidiyorは、トルコの消費者と多様な商品の販売者を結び付けるオンライン・ショッピング・プラットフォームです。国内外の販売者からの小売とオークション・ベースの販売を提供しています。

Kloiaについて

英国、オランダ、トルコにオフィスを構えるITコンサルタント会社であるKloia(ibm.com外部のリンク)は、経験豊富なエンジニアのチームであり、顧客がDevOps、クラウド、テスト自動化、マイクロサービスといった最新のプラクティスを導入することを支援しています。

IBM傘下のInstanaについて

IBM Companyの一員であるInstanaは、複雑な最新クラウドネイティブ・アプリケーションを運用する企業に対し、自動化されたアプリケーション・パフォーマンス監視機能を備えたエンタープライズ向け可観測性プラットフォームを提供しています。このプラットフォームは、モバイル・デバイスやIBM Z®メインフレーム・コンピューターを含むオンプレミスやパブリッククラウド、プライベートクラウドなど、場所を問わずに使用できます。

InstanaはAIを利用してハイブリッド・アプリケーション内の深いコンテキスト依存関係を検出することで、最新のハイブリッド・アプリケーションを制御します。また、Instanaは開発パイプラインの可視性も提供するため、DevOpsの自動化を循環させることができます。

これらの機能は、クライアントがアプリケーション・パフォーマンスを最適化し、イノベーションを可能にし、リスクを軽減するために必要な実践的なフィードバックを提供します。これにより、サービスおよびビジネス・レベルの目標を達成しながら、DevOpsチームの効率性を向上させ、ソフトウェア配信パイプラインに付加価値を与えることができます。

詳細については、instana.comを参照してください。

詳細情報はこちら

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

お客様事例はこちら IBMへのお問い合わせ Conrad Electronic社

世界の電子機器を確実に供給

お客様事例はこちら
Dealerware社

車両管理における最上級のパフォーマンス

お客様事例はこちら
IBM ブログ

IBMのオブザーバビリティーおよびAI運用ソリューション:インシデントを解決するためにそれらを連携させる方法

ブログを読む
法務

© Copyright IBM Corporation 2021. IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2021年8月アメリカ合衆国で制作

IBM、IBM LOGO、ibm.comおよびInstana®は、世界の多くの国で法的に登録された、International Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/legal/copyright-trademark)でご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。