概要

利用シナリオ

アプリケーション・モダナイゼーション

【3分ダイジェスト版】これからのJava  - ITシステムを「レガシー」にしないために

アプリケーション・モダナイゼーション

IBM Cloud® Transformation AdvisorおよびIBM Mono2Microの利用により、アプリケーションのクラウド対応状況を評価し、コンテナ化とマイクロサービスの選択肢を検討でき、コードの変更作業がサポートされます。

システム運用

システム運用

システム運用

最適なツール、ランタイム、WebSphere製品群を活用して、クラウドのインフラストラクチャーと手法によりもたらされるメリットを実感できます。

ライセンスの最適化

ライセンスの最適化

ライセンスの最適化

IBM® WebSphere Libertyの移行により、これまでのライセンス数で、多くのサーバー容量で使用できるため、コスト削減ができます。

メリット

WASシリーズ製品構成

IBM WebSphere Hybrid Editionには、統合型WebSphereソリューションとしてこれら全てが含まれます。

Open Libertyサポート, モダナイゼーションと開発ツール

IBM Cloud Foundry Migration Runtime

技術情報

WebSphereの技術情報(日本語)はこちらで提供しています。

ご相談窓口

・Javaアプリケーション移行について、無料相談をご希望の方は「お問い合わせ内容」に「Javaアプリケーション移行相談希望」とご記載ください。
・ライセンスの最適化や費用についてもお伺いします。その他、ご不明な点やご相談等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

脚注

* IBM WebSphere NDの1つのコアは、IBM WebSphere Application Serverの4つのコア、またはIBM WebSphere Libertyの8つのコアと同等です。 投資を再配分することにより、WebSphere Libertyに移行するWebSphere NDのお客様は8倍多くの容量を、WebSphere Application Serverに移行するWebSphere NDのお客様は4倍多くの容量を、WebSphere Libertyに移行するWebSphere Application Serverのお客様は4倍多くの容量をそれぞれ入手できます。