IBM、ウィンブルドン、そしてwatsonxの力
生成AIが世界レベルのデジタル・エクスペリエンスをさらに強化
スローモーションで打ち返す若いテニスプレーヤー

1877年の第1回選手権以来、ウィンブルドンには、英国王室のメンバーから企業経営者、自宅のテレビで観戦する人に至るまで、あらゆる階層のファンが集まり、新鮮なイチゴ、クリーム、シャンパンを楽しみながら、世界最高のテニスを観戦してきました。

しかし、すべての人がロンドン南西部にあるAll England Lawn Tennis Club(AELTC)に行けるわけではありません。そのため、世界中の1,900万人以上の人々が、ウィンブルドンの公式アプリとWebサイトを通じて、ドラマチックで感動的なこの素晴らしいイベントを観戦します。このような世界レベルのデジタル・エクスペリエンスは、ウィンブルドンとIBMの30年以上にわたるパートナーシップを通じて構築、提供されてきました。

「伝統を中核とする組織として、周りの世界の変化に合わせて確実に進化するには、IBMとのイノベーション・パートナーシップが不可欠です」と、AELTCのデジタル製品リーダーであるChris Clements氏は述べています。「IBMの最新ツールと世界をリードする専門知識を活用することで、私たちは社会との関連性を長く保ち続けるための革新を実現できます。IBMとウィンブルドンは、豊かな歴史を持ち、未来に適合するために常に変化し続ける組織として、素晴らしい相乗効果を生み出しています」

今年、ウィンブルドンは生成AIの力を活用し、同社の信頼できるAIおよびデータ・プラットフォームであるIBM® watsonxを使用して、ウィンブルドンのアプリとウェブサイト上で新しいデジタル・エクスペリエンスを生み出しました。AELTCのテクノロジー・ディレクターであるBill Jinks氏は次のように述べています。「私たちは、AIやその他のIBMのテクノロジーを使って、ファンのエンゲージメントをどのように向上できるかを常に考えています。どうすればワンランク上のデータをファンに届けることができるだろう。ウィンブルドンを話題の中心に押し出し、人々がその場ですぐに気づかないようなものを機械学習プロセスを使って明らかにするにはどうすればよいだろう。それこそが私たちをワクワクさせるイノベーションなのです」

2,700万のデータポイント

 

毎年、IBMは270万件を超えるウィンブルドン・データ・ポイントを取得しています

1,900万人のファン

 

2023年の選手権の期間中、ウィンブルドンはデジタル・プラットフォームを通じて約1,900万人のファンにリーチしました

IBMとの関係は非常に協力的です。あらゆるデジタル・プロジェクトで、テクノロジー・チーム、データ・チーム、マーケティング・チーム、コンテンツ・チームが緊密に連携する必要があります。IBMは、それを実現する接着剤のような存在です。 Bill Jinks氏 テクノロジー・ディレクター オール・イングランド・ローン・テニス・クラブ(All England Lawn Tennis Club、AELTC)
IBM watsonxで構築されたAI解説

ウィンブルドンでは、18のコートで数百もの試合が行われます。そこで、ウィンブルドンとIBMは、ファン同士の連帯と理解を深めることを目的として、大会中の各シングルス・マッチで作成されるビデオ・ハイライト・リールに音声解説を追加するための協力を行いました。

そのため、IBM® Consultingチームは、watsonxを使用して開発された基盤モデルをベースにした生成AIソリューションを構築しました。Watsonxは、信頼できるデータ・ソースのキュレーションから責任ある信頼できるAIの管理に至るまで、AIモデルのライフサイクル全体を管理するように設計されています。作業はIBM® watsonx.dataから始まりました。これは、異種のソースを接続するデータ・ストアで、開発者が冒涜、ヘイトスピーチ、個人情報などのデータをフィルタリングできるようにするものです。AI解説では、チームは1億3,000万近くの文書からソース資料を抽出しました。

このデータは、ビジネス・ユースケース向けの生成AIモデルを構築してトレーニングするための次世代スタジオであるIBM® watsonx.ai内で大規模言語モデルをトレーニングするために使用されました。その後、IBMチームはこのモデルを微調整し、「男子引き分け」ではなく「紳士引き分け」といったウィンブルドンならではの命名法を使用するなど、ウィンブルドンの特定分野の専門知識を追加しました。最終モデルには30億のパラメーターがあり、同チームはIBM® watsonx.governanceのガバナンス・ツールを使用してその継続的なパフォーマンスを監視し、モデルが期待どおりに動作することを確認しました。

その結果、ファンは、ウィンブルドンのアプリとウェブサイトを通じて、ウィンブルドンのハイライト・リールに関するAI生成の音声解説を体験し、各リールの開始と終了に加え、試合の要点に関する実況ナレーションも聞くことができるようになりました。また、クローズド・キャプションをオンにすると、AELTCの重要な考慮事項であるアクセシビリティーをさらに高めることもできます。

イノベーションの実践

AI解説のような新しい機能を毎年開発するには、AELTCはスピードと目的を持って動く必要があります。そのためには、適切な人材、プロセス、テクノロジーを組み合わせて、迅速なイノベーションを促進する必要があります。

それは、ウィンブルドン・チームとIBM Consultingの専門家との間の長年にわたるコラボレーションから始まります。Clements氏は、「私たちは、関心のある分野で一致点を見いだすために協力し合い、ファンが将来どのように私たちの製品に接するかについて、統合されたビジョンを生み出しています。最高品質の体験を提供するという情熱が結集することで、私たちのパートナーシップはさらに強化されて、目の前にある機会を最大限に活用できるようになっています」と語ります。

チームはIBM Garage™方法論を使用することで、創造性を育み、テニス・ファンの理解を深めています。年2回のイノベーション・ワークショップの一環として、ウィンブルドンとIBMのチームは、2つの重要な課題に継続的に取り組んでいます。1つ目は、ファンをウィンブルドンとテニスにさらに深く引きつけ続ける方法です(多くの人にとって、年間を通じて観戦するテニス・イベントはウィンブルドン選手権のみです)。そして2つ目は、まだ有名ではない新進気鋭の選手をフォローするようファンを促す方法です。

このようなワークショップを通じて、チームはアプリとWebサイトの新しいコンセプトと機能を開発しています。例えば、Match Insightsは、トーナメントにおけるすべてのシングルス・マッチをAIが分析したもので、ファンがすぐに情報を把握できるように設計されています。

これには次のようなものが含まれます。

  • 高度なデータ分析とAIを使用して、最近の選手のパフォーマンス・メトリクスと何百万もの専門家の意見を分析し、試合ごとに変化する選手の勢い指数を作成するIBM Power Index。
  • AIを活用して選手の統計データ、専門家の意見、勢いについて総合的に分析した結果から算出された勝率予測。
  • AIモデルを使用して、各選手が決勝戦に進む可能性について相対的な難易度を評価するIBM AI Draw Analysis。

このような新しいアイデアをデジタル・リアリティーに変えるために、IBM Consultingは、構造化データと非構造化データを処理し、さまざまなソースからのテクノロジーを統合できる、ウィンブルドン用の革新的なプラットフォームを構築しました。自動化されたワークフローは、デジタル・エクスペリエンスを生み出すために必要なさまざまなアプリケーションとAIモデルを介して、データ・フローを統合および調整します。

これらのワークフローは、ハイブリッドクラウド・アーキテクチャーと、Red Hat OpenShift(ibm.com外部へのリンク)上で動作するコンテナ化されたアプリによって実現されています。全体の運用をスムーズに保つために、チームはIBM® Instana Observabilityテクノロジーを使用しています。これはアプリケーションのパフォーマンスを常に監視し、3秒以内に問題を検出するため、チームは迅速に対処してダウンタイムを避けることができます。

プラットフォームの保護は、大会が開催される数か月前から始まります。チームはIBM® Security Randri Reconソリューションを使用して、攻撃対象領域の包括的な分析を実施し、第三者や隣接するネットワークを含むネットワーク全体の脆弱性をスキャンします。トーナメントが始まると、ウィンブルドンではIBM® Security QRadar Suiteを使用して、各セキュリティー・イベントの重大度と脅威を評価し、重大でないものは無視して、最も緊急性の高い問題のみをセキュリティー・アナリストに伝えています。次に、IBM® X-Force Exchangeソリューションのように、そのアクティビティーを外部ソースからの脅威インテリジェンスと関連付けて、より組織的でグローバルな攻撃の一部である可能性のあるアクティビティを探ります。最後に、IBM Security QRadar Suiteが、その脅威に対処する最善の方法について、IBMアナリストに推奨事項を提供します。

継続的なイノベーション

AELTCとIBMの間の協力関係は、新たな分野へイノベーションの道を開き続けています。「まだデジタル・トランスフォーメーションの始まりにすぎません」とJinks氏は語ります。「取得可能な次のデータ・セットを探求している非常に活発なワークストリームがありますが、IBMはそこで主導的な役割を担っています」と同氏は続けます。「今日のスポーツではデータがすべてを動かしており、私たちはそれを次のレベルに引き上げる必要があります。私たちが現在力を入れているのは、そういったことです」

IBMとAELTCは、Win-Winの関係にあります。「30年以上にわたるパートナーシップで築き上げた信頼が、真のイノベーションを可能にします。イノベーションを起こすには、すべてが成功するわけではないことを承知の上で、限界を押し広げることにオープンでなければなりません」と同氏は結論づけています。「それが、このような長年のパートナーシップを持つ2つの組織が、急速に進化する世界に遅れを取らないようにする方法なのです」

All England Lawn Tennis Clubのロゴ
All England Lawn Tennis Club(AELTC)について

単に「ウィンブルドン」として知られるウィンブルドン選手権は、テニスの4大大会であるグランドスラムの中で最も古いものであり、世界で最も注目を集めるスポーツ・イベントの1つです。AELTC(ibm.com外部へのリンク)が主催し、ロンドンに拠点を置くウィンブルドンは、1877年以来、世界的なスポーツと文化のイベントとなっています。

詳細情報はこちら

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

お客様事例はこちら IBMへのお問い合わせ マスターズ

マスターズがデータをインサイトに変えることができたらどうなるでしょうか

お客様事例はこちら
全米オープン

USTAとIBMはオールデジタルの全米オープン体験を提供します

お客様事例はこちら
ファンタジー・フットボールに関するインサイト

AIによって生成された、ESPNファンタジー・フットボールに関するインサイト

詳細はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2024.IBM Corporation, IBM Consulting, New Orchard Road, Armonk, NY 10504

2024年1月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Consulting、IBM Garage、IBM Security、Instana、QRadar、watsonx、watsonx.ai、watsonx.data、watsonx.governance、QRadarは、米国およびその他の国々におけるIBMの商標または登録商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM商標の最新リストは、ibm.com/legal/copyright-trademarkでご確認いただけます。

Red Hat、JBoss、OpenShift、Fedora、Hibernate、Ansible、CloudForms、RHCA、RHCE、RHCSA、Ceph、およびGlusterは、米国およびその他の国におけるRed Hat社またはその関連会社の商標または登録商標です。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBMプロダクトを使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。お客様のシステムおよびご注文のサービス内容によって異なりますので、一般的に期待される結果を提供することはできません。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBMプロダクトは、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

適切なセキュリティー慣行に関する声明:完全に安全であるITシステムまたは製品は、ないものと考えてください。また、不適切な使用やアクセスを、効果的かつ完全に防止できる単一の製品、サービスまたはセキュリティー対策もありません。IBMでは、いずれの当事者による不正行為または違法行為によっても、いかなるシステム、製品もしくはサービスまたはお客様の企業に対して影響が及ばないことを保証することはありません。