New Stories

京セラ株式会社

デジタル・プラットフォームを活用したスマートファクトリーで生産性倍増を目指す

独自の「アメーバ経営」をベースに事業の多角化を進めてきた京セラ株式会社(以下、京セラ)は、早期に売上高2兆円を達成することを目指しています。その一環として「生産性倍増プロジェクト」を2017年から推進しています。ロボットとAIを組み合わせたスマートファクトリー構築支援ソリューションを導入して製造ラインの無人化と自律化を目指すものです。不良を出さない仕組みにより生産性を2倍に高めることで製造原価を下げ、グローバル市場におけるコスト・リーダーシップを発揮。一方で人間の作業をより創造的な業務にシフトすることで付加価値を高め、収益を拡大していこうとしています。

株式会社みずほ銀行

メタル回線の廃止で全国1,500の店舗外ATMの回線刷新が急務に。
モバイル回線の可用性を高めた新サービスへの移行で通信コストを大幅削減

株式会社みずほ銀行(以下、みずほ銀行)は、顧客サービス向上を目的にショッピングセンターなど利便性の高いスポットに設置する無人ATM(店舗外ATM)の拡充を進めてきました。そうした中で、2016年にこれらのATMで使用するメタル回線のサービス廃止が発表されたことに伴い、同行は回線の移行先として新たに開発された高可用なモバイル通信サービス「Twinアクセス」の検討を始めました。IBMによる技術検証を経て採用を決めると、高い信頼性と安全性が求められるATMネットワークで使うための作り込みを行って2019年2月に移行を開始。大幅な通信コスト削減を果たしつつ、2020年6月の完了を目指して全国約1,500拠点の回線切り替えを進めています。

海外事例:Ideatolife

協業による前進

お客様の役に立つことをもっと、そしてさらに早く提供できるように、Ideatolife社はIBM次世代エコシステムのビジネス・パートナーになりました。IBM Embedded Solutions Agreements (ESA) に基づく運用を実施しつつ、同社は主要オファリングをIBM Cloudに移行し、サービスの向上、イノベーションの加速、新しい市場への拡大を実現しました。

海外事例:ERI Bancaire

プライベート・バンキングとパブリッククラウドの融合

プライベート・バンキング市場をターゲットとする、IBMビジネス・パートナーのERI Bancaire社は、自社が提供するコア・バンキング・システムで新たにSoftware as a Service (SaaS) モデルをサポートするよう拡張しました。パブリックIBM Cloudを基盤とするこのプラットフォームは、プロセスとワークフローのカスタマイズが可能なブラウザー・ベースのリアルタイム・ソリューションを提供し、さまざまなビジネス慣行や規制に対応します。

海外事例:Levitar

柔軟かつスケーラブルな災害復旧サービスの導入を加速

IBMビジネス・パートナーであるLevitar社は、バックアップおよび災害復旧 (DR) サービスをIBM Cloud環境に移行することによって、サービスの提供を迅速化し、ITコストを抑制しました。同社はVMwareテクノロジーを採用し、ビジネス・ニーズに合わせた速やかなリソース調整が可能になりました。

日本航空株式会社 & 株式会社JALインフォテック

プライベートクラウドとパブリッククラウドを同一の仮想化アーキテクチャーで一体化JAL Visionの実現を支えるハイブリッドクラウド基盤を構築

「世界で一番お客さまに選ばれ、愛される航空会社」であり続けることを目指し、グループの総力を挙げて「JAL Vision」の実現に向けた取り組みを進める日本航空株式会社(以下、JAL)は、JALグループのIT戦略推進を共に担う株式会社JALインフォテック(以下、JALインフォテック)と、その目標達成を後押しするハイブリッドクラウド基盤「CIEL」を構築しました。IBMのグローバル・テクノロジー・サービス(GTS)事業をパートナーに選定し、IBM Cloudの専有IaaSを活用したものです。「安全運航・定時運航を⽀えるITの提供」、「ビジネス環境変化に迅速に対応可能なITの整備」、「先進テクノロジー活⽤による新たな価値の創出」を柱とし、今後のJALグループのビジネスを支えていきます。

東亜石油株式会社

IBM Maximoにより石油精製設備および発電設備における一連の業務を統合して効率的な設備保全管理を実現

東亜石油株式会社(以下、東亜石油)は、保有する石油精製設備および発電設備のさらなる安全かつ安定した稼働を実現するために、設備保全管理システムにIBM Maximoを採用。設備信頼性やコストに関するKPI(重要評価指標)を“見える化”する分析機能を活用し、設備保全管理の全体計画および施策展開を支えるPDCAサイクルの精度を大きく高めています。

大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構

高エネルギー加速器実験からの膨大なデータの利活用を支えるスケーラブルで信頼度に優れた階層型ストレージ・システム

大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構(KEK)は、つくばキャンパスに設置されたSuper KEKB加速器で行われるBelle II 実験のほか、東海キャンパスのJ-PARCセンターで行われる素粒子・原子核研究、物質・生命科学研究など、さまざまな加速器実験を支える新たな階層型ストレージ・システムを構築しました。IBM Spectrum Storageによる分散共有ストレージとテープ・ライブラリー、階層型ストレージ管理ソフトウェアで構成され、各実験から生成される膨大なデータを漏らすことなく蓄積するとともに、研究者に対して解析に用いるデータに高速アクセスできる環境を提供します。

Featured Industry Client Stories

Industrial

Financial Services

Communications

Computer Services

Explore IBM Client References

IBM Client References

Showcase your unique capabilities

IBM Client Reference Videos

Client stories in action

IBM THINK Blog

Chronicling the cognitive world

IBM Client Success Field Notes Blog

A personal approach to client stories