スペシャルコンテンツ

特命デベロッパー・池澤あやかが行く!「IBM Cloud」で革新的アプリをつくる方法

池澤あやかさん扮する”特命デベロッパー”が無料で期限なしのIBM Cloudライト・アカウントを駆使し革新的アプリを作りました。具体的なストーリやアプリの作り方、サンプルコードを紹介しています。

池澤あやか
※写真、一部文章は日経BP社のSpecialコンテンツサイトから転載

  • IBM Cloud とは

    IBM Cloud とは

    アプリケーションを構築・管理・実行するためのクラウド基盤。インフラストラクチャー機能も統合し、ハイブリットクラウドによるイノベーションを実現するための最適なクラウド・プラットフォームです。

    IBM Cloud にインフラストラクチャーの機能追加によるメリットは? ブログをチェック

    アプリケーション開発を思い通りの方法で

    Cloud Foundry, Docker, OpenStack, OpenWhiskの4つのテクノロジーから選んで、思い通りにアプリケーションが作れる。

    CLOUD FOUNDRY
    docker
    openstack
    openwhisk

    たった30秒でできる、スピーディーな環境構築

    好きな言語環境を選び、アプリケーション名を付けて、インスタンス数、メモリ容量を設定するだけ。ほんの30秒で環境構築が可能。

    高品質で豊富な「API」「サービス」

    カタログで提供されるサービスにはIBM製、サードパーティー製、そしてオープンソースのものが100以上も。エンジニアはこれらを組み合わせて、開発工数を減らすとともに、その価値を大幅に向上させることが可能。

    高品質で豊富な「API」「サービス」の図

    短期間での開発支援サービス

    デザイン・シンキングなどの手法を用い、IBM Cloud上に短期間でプロトタイプを開発する支援サービス「IBM Cloud Garage」を提供

    容易に構築できるハイブリッド・アプリケーション

    さまざまな環境をまたがるハイブリッド・アプリケーションの開発と実装が容易に実現可能。

    Public Dedicated Local

    堅牢なセキュリティー

    プラットフォームとインフラ両方にそれぞれ強固なセキュリティーを提供し、開発するアプリケーション自体のセキュリティーを維持強化するツールも提供。

    IBM Cloudサービス全般におけるセキュリティ内容はIBMクラウド・セキュリティガイドブックにまとめて記述しております。

    IBM Cloudの「金融機関等コンピューターシステムの安全対策基準」(FISC安全対策基準)への対応

    お客様がクラウド・サービスを自社システムのインフラストラクチャーとして採用を検討される際、セキュリティーやコンプライアンスへの対応の調査を必ず行なわれることと思います。
    弊社では、お客様のリスク評価を円滑に実施していただくために、公益財団法人金融情報システムセンター「金融機関等コンピューターシステムの安全対策基準・解説書(第8版追補改訂)」(FISC安対基準)をベンチマークし、弊社で自己評価を実施の上、第三者による支援として新日本監査法人による助言を受けました。

    調査対象範囲

    IBM Cloudサービスの特性上、PaaSサービスを対象範囲としていますが、それ以外の管理基準に関しては弊社のアプリケーション開発、運用支援等のサービスで対応可能かの確認を実施しました。

    入手方法

    資料の使い方

    当資料についての詳細は、弊社担当営業にお問い合わせください。

    用語一覧

    用語

    意味


    IBM Cloud

    IBMが提供するクラウド・サービス。IaaS型のクラウド・サービスを提供するIBM Cloud IaaSサービス(IBM Cloud Infrastructure)とPaaS/SaaS型のクラウド・サービスを提供するIBM Cloud PaaSサービス(IBM Cloud Platform)が利用可能となっています。IBM Cloudが提供する機能には、Java、モバイル・バックエンド開発、アプリケーション・モニターに加え、エコシステム・パートナーやオープン・ソースが提供する機能も含まれ、それらすべてがクラウド内の「サービス」として提供されます。


    Cloud Foundry

    PaaS (Platform as a Service)実行環境を構築するためのオープンソース・ソフトウェアです。IBM Cloud PaaSサービスが基本コンポーネントとして利用しています。そのため、IBM Cloudの各種解説では、Cloud Foundryの概念や用語が利用されることが多くあります。


    地域 (region)

    IBM Cloud PaaSサービスが稼働するデータセンターです。2017年10月現在、米国南部、英国、シドニー、ドイツの4地域を選択することが可能です。


    組織 (org) (organization (org))

    IBM Cloudユーザーのグループにあたる概念です。従量課金/サブスクリプション契約の場合、組織を複数作成し、管理することが可能です。IBM Cloudの地域に依存せず、組織を作成するとすべての地域で利用可能になります。


    スペース (space)

    アプリケーションが稼働する"環境"を表す概念です。ユーザーに対し、IBM Cloud上のランタイム/サービスへのアクセスを制御できる最小単位です。組織のメンバーであるユーザーは、特定の役割 (開発者、管理者、または監査員など) に関連付けられた許可により、その 1 つ以上のスペースに対するアクセス権限を付与されます。スペースのすべてのメンバーがアプリを表示することができますが、アプリを作成したりサービス・インスタンスをスペースに追加できるのは開発者の役割を持つメンバーのみです。アプリとサービス・インスタンスはスペースと関連付けられています。そのため、ランタイムとサービスを紐づける「バインド」操作が行える範囲は、スペース内となります。組織に対し、自由に複数のスペースを作成, 名前変更, 削除することが可能です。


    ランタイム (runtime)

    Cloud Foundry上でアプリケーションを動かすコンテナーです。実行したいアプリケーションに合わせて言語の実行環境が提供されます。


    サービス (service)

    すぐに使用できる機能 (データベース、メッセージング、およびコード実行のための Web ソフトウェア) や、アプリケーション管理機能またはモニター機能を提供するクラウド拡張機能。
    通常、サービスはインストールや保守を必要とせず、組み合わせてアプリケーションを作成することもできます。


    ボイラープレート (boilerplate)

    1 つのアプリケーションとその関連するランタイム環境、および特定のドメイン用の事前定義サービスが含まれているテンプレートです。


    ベータ・サービス (beta service)

    正式公開前のサービスです。正式公開のタイミングで利用方法が変更となる可能性があります。本番での利用は推奨されていません。


    試験サービス (experimental service)

    ベータ公開よりもさらに前の試験的な公開となるサービスです。カタログから予告なく削除される可能性もあります。本番での利用は推奨されていません。


    プッシュ (push)

    Cloud Foundry上のランタイムにアプリケーションを配置する操作です。アプリケーションのデプロイ/更新する際にIBM Cloudにプッシュを行います。


    バインド (bind)

    Cloud Foundry上のランタイムとサービスを紐づける操作のことです。バインドすることで環境変数VCAP_SERVICESからサービスの資格情報(認証情報)を取得することができます。


    資格情報 (credential)

    サービスを利用するためのユーザーやパスワード、接続先情報などのセキュリティー関連の識別属性を記述する情報のことです。Cloud Foundryでは、ランタイムをサービスにバインドすると、サービスに接続するための資格情報がVCAP_SERVICESという環境変数に記述されます。


    マニフェスト・ファイル (manifest file)

    Cloud Foundryアプリケーションをデプロイ(プッシュ)する際の、設定情報を記述するためのファイルです。アプリケーション名やホスト名、メモリサイズ、インスタンス数、バインドするサービスのサービス名などを記述することで、同じ設定でIBM Cloudにアプリケーションをデプロイすることができます。


    ビルドパック (buildpack)

    コードを作成して IBM Cloud 上で実行できるようにするスクリプトのコレクション。ビルドパックはデプロイ済みのアプリケーションを調べ、任意の従属アプリケーションをダウンロードして構成します。


    経路 (route)

    要求をアプリケーションに送信する際に使用する URL。経路は、アプリケーションがプッシュされる際に指定されたホスト名およびドメイン名で構成されます。例えば、myapp.example.com という経路では、myapp がホストで、example.com がドメインです。1 つの経路は 1 つ以上のアプリケーションと関連付けることができます。カスタム・ドメインが指定されない場合、IBM Cloud は、アプリケーションへの経路にデフォルトの共有ドメインを使用します。


    カスタム・ドメイン (custom domain)

    ユーザーが独自で設定するドメイン名です。IBM Cloud PaaSサービスの米国南部地域では、通常mybluemix.netというドメインが使用されますが、この部分をexample.comなどの独自のドメインを利用するように設定できます。


    Continuous Deliveryサービス

    IBM Cloudが提供するアプリケーション開発のための統合開発環境サービス。Web IDEやDelivery Pipeline機能の提供のほか、外部のDevOps系ツールのハブとして機能します。


    Git Repos and Issue Tracking

    IBM Cloudが提供するGitLab環境。ソースコードのリポジトリーの提供やIssue管理のためのIssue Tracking機能が提供されています。


    Delivery Pipeline

    アプリケーションのビルド・デプロイ・テストの自動化を行うためのContinuous Delivery(CD)のためのツールです。

IBM Cloud でアプリケーションを作ろう

IBM Cloud 応用編

ライト:IBM Cloudライト・アカウントで使えるサービスによる応用コンテンツ