[No.83] コグニティブ・コンピューティングが拓く未来

記事をシェアする:

no83_H1コンピューターが思考し、人と自然に対話する。そんなシーンは、これまで多くの映像や小説の中に登場してきました。ある意味それは、人が未来を思うときに夢見るものだったのかもしれません。今、コグニティブ・コンピューティングの時代を迎え、それらは次第に現実のものとなってきています。人生にはいくつかのターニング・ポイントがあるといいますが、コンピューターの歴史にとって、今がまさにその一つだと言っても過言ではないでしょう。
今号では、IBM Researchが取り組むコグニティブ・コンピューティング技術を中心に、社会や人の生活への インパクト、その可能性をさまざまな観点から展望していきます。Watsonの登場で再び盛り上がりをみせる人工知能(AI)についても、過去から現在までを振り返りながら未来について考察します。
「人は未知なるものにロマンを見る」― コグニティブ・コンピューティングは、世界をもっとクリエイティブにしていきます。今号に凝縮されたIBMとコグニティブ・コンピューティングが拓いていく未来と可能性にロマンを感じていただければ幸いです。

2014年10月 PROVISION 83号 コンテンツ・リーダー 髙橋 志津

特集の視点

マネジメント・メッセージ

特別インタビュー

お客様インタビュー

特別鼎談

イベント・レポート

技術解説

コラム

特集の本棚

情報技術の匠

コンピテンシーの道程

IBM東京基礎研究所「日々是革新」

編集後記

More stories

[No. 94] ビジネスのためのクラウド

かつて企業のITシステムに関わる技術者は、クラウド・サービスがこれほど企業ITに影響を及ぼすことになるとは、お […]

さらに読む

[No. 93] 企業変革を加速するオートメーション
-「自動」「自学」、そして「自律」へ

ホテルや銀行における電話の自動応答やスマートフォンに導入されているソフトウェアの自動更新など、我々は日々ITの […]

さらに読む

[No. 92] サイエンスの力

近年、情報技術とサイエンスを取り巻く社会 環境が大きく変わりつつあります。この背景に は、IBM Watso […]

さらに読む