[No.87] デジタル時代を勝ち抜くアプリケーション開発

記事をシェアする:

PV87われわれは、1960年代にメインフレーム・コンピューターを手に入れ企業ビジネスの効率化を実現した後、1980年代にパソコンを個人の趣味や仕事に活用するようになり、1990年代にはインターネットでさまざまな情報を共有できるようになりました。そして2000年代からは、携帯電話やスマートフォンなどのモバイル端末を常に携帯することで、いつでもどこでもインターネットにつながり、情報を管理できる時代になりました。買い物や情報検索はもちろん、地図や音楽・動画、健康管理やアルバム写真、つぶやきまでもがデジタル化されて、年齢を問わず肌身離さず持ち歩いているのです。
こうしたデジタル時代においては、アプリケーションの作り方が変わります。アジャイルやDevOps、クラウド、API、IoT、コグニティブなどは、これまで個別に進化してきました。しかし、デジタル時代に対応すべきSoEのシステムでは、これらの新しい開発スタイルを統合し、よりスピーディーに新しい顧客体験を提供できるシステムを構築することが不可欠になるのです。今号のPROVISIONでは、幅広い視点、さまざまな角度から、デジタル時代を勝ち抜くためのアプリケーション開発についてご紹介していきます。

2015年11月 PROVISION 87号 コンテンツ・リーダー 二上 哲也

特集の視点

マネジメント・メッセージ

お客様インタビュー

特別インタビュー

IBMトレンド

技術解説

コラム

情報技術の匠

コンピテンシーの道程

IBM東京基礎研究所「日々是革新」

編集後記

More stories

[No. 94] ビジネスのためのクラウド

かつて企業のITシステムに関わる技術者は、クラウド・サービスがこれほど企業ITに影響を及ぼすことになるとは、お […]

さらに読む

[No. 93] 企業変革を加速するオートメーション
-「自動」「自学」、そして「自律」へ

ホテルや銀行における電話の自動応答やスマートフォンに導入されているソフトウェアの自動更新など、我々は日々ITの […]

さらに読む

[No. 92] サイエンスの力

近年、情報技術とサイエンスを取り巻く社会 環境が大きく変わりつつあります。この背景に は、IBM Watso […]

さらに読む