フューチャーデザイン

インサイト – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

記事をシェアする:

インサイトとジョークは似ている。説明が必要だとすれば、それはあまりいい出来じゃない。

Book of Futures日本語訳シリーズ、今回は<感知する>の2つのサブフェーズをお届けします。

 


 

Integrate signals

Arranged as a pile of scan cards, signals are an abstract mess. Their relation to each other and their combined potential for changing the situation is yet to be uncovered. By integrating the underlying meaning and potential of the signals with each other and our previous understanding of the situation, we create something new: A comprehensive map of signals that helps us navigate the complexity of the situation.

シグナルを統合する

み重なった多数のスキャンカードは、混乱を抽象的に示しています。それぞれのカードの関係性や組み合わされたときにもたらす変化は、まだ明らかにされていません。
複雑な状況を切り抜けていくためには、シグナル群の持つ意味と潜在力とを自分たちの現況に対する理解と統合することで得られる、包括的なシグナル群の地図を手に入れる必要があります。

Making the signals physical as scan cards allow us to have a conversation with each other and the subject that is visually and physically represented. When we more, organize and play with scan cards on a floor or a wall, they form patterns and clusters that represent a new awareness. The physicality of signals enables us to use more senses in the sense making process, and circumventing the limitations of our current vocabulary and understanding. Visualization, organization and prioritization of the signals in the scan map allow us to separarate the process of understanding and the articulation of insights

シグナル群をスキャンカードという物体に置き換えることで、私たちは主題について視覚を用いた、あるいは物理的な会話をすることができます。
スキャンカードを床や壁面に置き、いろいろと動していくことで、新たな発見を示すパターンやクラスターを目にすることができます。物理性を取り入れることにより、自分たちのボキャブラリー不足や理解力不足を乗り越えるための多様な感覚を、意味を見出すプロセスに持ち込むことができるのです。
シグナルの可視化、組織化、優先順位付けをスキャンマップの作成を通じて実施することで、理解プロセスとインサイトの明確化を分離して実行することができます。

 

Connecting scan cards in the scan map shapes clusters that symbolize a new sense of awareness. The parallel motion of synthesizing the physical data and sensing the potential is a physical and cognitive process of learning and reducing complexity. Integrating the signals is essential to learning abut the situation and what potential it holds for designing new futures.

スキャンマップ上でスキャンカードをつなげていくことにより、新しい気づきを与えてくれるクラスターを発掘できます。
そして物理的データの統合と潜在力の感知を並行的に進めることは、身体と認知双方の学びのプロセスであり、複雑性を弱めることでもあります。
シグナル群の統合は、現在の状況と新たな未来のデザインが持つ可能性を学ぶ上で、不可欠な作業です。

 

 

Build the scan map

The action of printing scan cards and organizing them in clusters is the physical equivalent of sensing. Integrating multiple signals to form themes creates a map of the future potential that exists. Each cluster represents a new sense of awareness to be articulated as an insight.

スキャンマップ作成ステップ

スキャンカードを作りクラスターへと組織化していくことは、肉体的な感知作業と呼べるでしょう。
複数のシグナル群を統合しテーマ群を作ることで、未来へとつながる可能性の地図を作り出すことができます。ひとつひとつのクラスターが、それぞれ1つのインサイトとして言語化される新たな気づきを示しています。

 

Step 01

Scan cards are unsorted, no patterns exists. Start sharing with collaborators what scan cards mean, and why they are relevant. Make sure to use the scan card and the image to communicate what the signal is about.

ステップ1

スキャンカードはバラバラで、パターンは存在していません。
まずは協力者たちにスキャンカードの意味と、その関連性を伝えましょう。それが何のシグナルなのか、スキャンカードとそのビジュアルを使って伝えます。

 

Step 02

Scan cards are organized into clusters. Name the theme of each cluster. What are the signals talking about as a whole?

ステップ2

スキャンカードをクラスターにまとめます。
シグナル群が全体として伝えようとしているものが何なのかを掴み、各クラスターのテーマに名前を付けます。

 

Step 03

Scan cards are organized and prioritized further to form clusters relevant to the situation. Articulate an insight statement to capture the meaning of each cluster.

ステップ3

スキャンカードを組織化し、クラスター群として状況にあわせて優先順位を付けます。
それぞれのクラスターの意味を掴み、インサイトの声明文を作り上げます。

 

 

Articulate insights

An insight is a phrase, statement or generative metaphor that serves as an initial spark to start imagining new scenarios for the future. As a platform for possibility, insights must be well grounded in a deep understanding of the situation and well articulated to uncover its meaning effectively to others. Insight use the power of language to cultivate and spark further imagination and creative thinking. Our collection of insights is the essence of the new understanding of our situation, and it acts as the foundation for the scale phase.

インサイトを言語化する

インサイトとはフレーズであり、生成的メタファーです。イマジネーションを掻きたて、新たな未来へのシナリオを作らせるものです。
インサイトは可能性の基盤となるものです。そこには現況に対する深い理解がなくてはならず、また見る者にその可能性を効果的に伝えられるものでなければなりません。
インサイトは言語の力を用いて、イマジネーションをさらに先へと進ませ、想像力と創造的思考をより強め発展させます。
インサイト群は、私たちの現況理解の要点であり、踏み出しのフェーズにおいてはその土台となるものです。

 

An insight formulated as generative metaphor, with a strong yet comprehensive verbalization as a provocative thought is a powerful catalyzer to make the unfamiliar familiar. Insights are critical for the transformation and evolution of the situation. The more powerful the insight, the more we are invited to look at the world with new eyes, and the more we can figure out new ways for designing the future.

成的メタファーとして、インサイトは強くかつ包含的な力を持つものです。刺激的な考え方を伝え強力な触媒として作用し、未知の世界を既知の世界へと変化させます。
インサイトは、現況の転換と進化に不可欠です。そしてインサイトが強力であればあるほど、私たちの世界を見る目は研ぎ澄まされ、未来をデザインする新しい方法も見つけ出しやすくなります。

 

The task of articulating the insight is capturing the potential of the signals and their interrelatedness in a statement that people understand. How to name our new sense of awareness in a compelling way is the question for this phase.

インサイトを言語化する作業とは、シグナル群の潜在力と人びとがそこに見出す関係性を掴むということです。
新たに手にした気づきをどう伝えれば周囲を動かすことができるのか。それがこのフェーズの重要なポイントです。

 

 

go beyond the trend

A trend is a manifestation of bigger changes underneath the surface. Be critical toward trends. Not bitter, not sceptic, just curious. Get inspired by others, look at what others are doing, have a curious attitude towards their ideas, but do not follow trends just because others do.

トレンドのその先へ

トレンドは、水面下に眠る巨大な変化の、表面に表れた小さな兆候に過ぎません。
分析的に見ましょう。トレンドに対して疑い深い、手厳しい人になる必要はありません。強い好奇心だけ持つようにしましょう。
他の人びとから刺激を受け、彼らの動きを観察し、そのアイデアに強い関心を持ちましょう。ただし、他の人がやっているからというだけで、トレンドを追ってはいけません。

 

If you want to discover change, you can not only look at a superficial manifestation of a trend. Understanding what is really making trends possible, is being able to look beyond. Look at the new emerging values, the new behaviors and cultural changes that people are experiencing. If you understand this new context, you will have a greater chance to solve real problems, satisfy real needs and design a meaningful and significant future.

変化を発見したいのなら、トレンドの兆候として現れたその先を見れなければなりません。何がそのトレンドの出現を可能としているのかを見出すのです。
どんな新しい価値観や行動や文化の変化が現れ、それを人びとはどのように体験しているでしょうか?
こうした新しい流れを正しく捉えられれば、真の問題を解決し、真のニーズを満たし、有意義な未来をデザインできる可能性が高まります。

 

Dont be afraid of being bold and courageous to broaden the horizon of the possible, and find your own path towards it.

可能性を広げるためにも、大胆であることや勇気を持つことを恐れることなく、自分たちの道を見つけ出しましょう。

 


Happy Collaboration!

 

コラボレーション・エナジャイザー

More フューチャーデザイン stories
2019-09-02

Bespokeインタビュー5(最終回) | Bespokeのマニフェスト

  北欧のクリエイティブ専門ウェブマガジンのN WINDに掲載された、Bespokeのファウンダーの […]

さらに読む

2019-08-28

Bespokeインタビュー4 | 企業なんて存在しない、人だ

  Bespokeファウンダーのニックとルネへのインタビュー第4弾です。 オリジナルは、北欧のクリエ […]

さらに読む

2019-08-23

Bespokeインタビュー3 | 実験し、迷子になる

Bespokeのファウンダーのニックとルネへのインタビュー第3弾です。 「BespokeがBespokeとなっ […]

さらに読む