フューチャーデザイン

感知する – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

記事をシェアする:

第8回[感知する]のオープニングは、インテリゴというキノコを消化して学ぶインスタレーションの紹介からスタートします。

 

 

sense

integrate signals articulate insights

Six shiny pillars metallically dropping from a grid of wires and artificial light above. The hovering skeleton of a room inside a room. Firm pink cloud perfectly penetrating the polished surface. These are the physics of Swedish artist Oskar Jakobsens work Intelligo. Aa we walk under the installation, Oskar Jakobsen takes out his phone, checking the time. Looks up and says,

  >>here it comes<<

感知する

シグナルを統合する・インサイトを明確化する

格子状のワイヤーから吊り下げられた6本のメタリックな支柱に、人工的な光が降り注いでいる。
部屋の中には、もう一つの部屋の枠組みが浮かんでいる。磨き上げられた表面にはピンク色の雲たち。
— これはスウェーデンのアーティスト、オスカー・ヤコブセンのインテリゴと名付けられた作品を説明したものです。
私たちがそのインスタレーションの下を歩いていると、電話を取り出し時間を確認したオスカーが顔を上げて言いました。

「さあ始まりますよ。」

 

A quiet white steam exiting wet rubber tubes, headed for the product of his installation – a pink oyster mushroom, slowly growing from the carefully carved holes in the stainless steel constructions, surrounding us.

湿ったゴム製のチューブからゆっくりと上がる白い蒸気が、「ピンク・マッシュルーム」へと向かっていく。
私たちを取りまくピカピカの金属には丁寧に穴が空けられており、そこではピンク色のヒラタケが静かに成長していた。

 

We meet at Oskar Jakobsens studio in the Royal Danish Art Academy. It is a supreme mess. It is the exact opposite of the clinic creation hanging in one of the tall white rooms of the museum on the other side of the courtyard. The artwork Intelligo is Oskar Jakobsens visual representation of two topics that have been invading his thoughts for a long time now. The first one is data-in-fusion of DNA. Computer scientists at Columbia University recently succeeded in storing large amounts of data in DNA, and reading it again. Oskar Jakobsen pushes back a pile of notebooks, electronic devices, and tiny tools on his desk, and carefully puts down a hand full of his freshly harvested pink oyster mushrooms. He explains that the second thing this installation is rooted in, is tendencies such as body hacking and polyphasic sleeping. These topics are, what initiated the thought pattern behind Inteligo – an art installation that illustrates a data-infusion of great literature into the DNA of the pink oyster mushroom. When the mushroom is harvested, they are packed, and put into a refrigerator as part of the installation, with labels saying James Joyce Ulyses or E. H. Gombrich Story of Art. This is the physical representation of the idea, that we can actually eat and digest data-infused mushroom, and who knows, in some years maybe unzip the information with our body and store it in our brain, and thereby learn by eating.

たちがオスカーに会ったのは、デンマーク王立美術院内にある彼のスタジオでした。そこはまさに混乱の極みと呼ぶのに相応しい場所で、その作品は中庭の向かいにある天井の高い美術室の白壁に飾られた作品とは対照的なものでした。
インテリゴは、オスカーの脳内を長きにわたって占めていた2つのトピックを表した視覚的アートワークです。
1つ目のトピックはDNAデータの融合です。先日、コロンビア大学のコンピュータ科学者たちが、大量のDNAデータの格納と再読み込みに成功しました。
机の上に山と積まれたノートや電子機器、そして小さな道具を机の向こうに押しやると、オスカーは手のひら一杯の収穫したてのピンクマッシュルームを、慎重にそこへ置きました。
2つ目は、近年目につくボディハッキングと多相性睡眠の動向から発想したんだとオスカーは説明しました。
いわく、これらのトピックがインテリゴの背後にある思考回路を刺激し、ピンクのヒラタケのDNAに偉大な文学データを注入することへとつながったのだそうです。
成長して収穫されたマッシュルームはパック詰めされ、「ジェイムズ・ジョイス 著『ユリシーズ』」や「エルンスト・ゴンブリッチ 著『美術の物語』」というラベルを貼られ、インスタレーションの一部として冷蔵庫に保管されます。
これは、データ注入されたマッシュルームを食べ消化することで、知識を脳内に取り入れるという未来像を、物質的に表現しています。
ひょっとしたら数年のうちに、このように肉体を用いて圧縮データを解凍し脳に保存するという、食による学びとでも呼べるものが実現しているかもしれません。

 

Oskar Jakobsen describes the initial phases of his work process, as rhizomatic thought patterns. Thoughts appear and when they have been haunting him for long enough, he simply cant deny them. Over time, as he researches and begins giving form to his thoughts at his studio, two or more ideas that seem to have absolutely nothing in common begin touching. New connections slowly start to show themselves to him. If the connection strengthens, Oskar Jakobsen starts working hard on versions of a physical manifestation of what comes out of the touch of the topics. At some point the concept stands clear for itself as a new creation. A creation rising from the connections between seemingly unrelated phenomenons.

オスカーは、自身の作業プロセスの初期段階を、リゾーム的な思考パターンだったと説明します。
ある考えが浮かび、長期にわたりつきまとわれるうちに、脳内から振り払うことができなくなった。やがて調査をし、自身のスタジオでそれを形作っていると、共通点のかけらもないと思っていた2、3のことがらが触れ合うようになっていった。
そして新たなつながりはゆっくりとその姿を現し、それが強さを増したとき、オスカーは物理的な表現の作業を進めていった。
ある時点で、その一見無関係な現象のつながりから生まれた概念は、新たな創造物としての自らの姿を、くっきりと浮かび上がらせたそうです。

 

Sense the potential

We make sense of the world around us through the sensory inputs we perceive. Depending on what inputs make sense to us, we make interpretations of meaning and articulate our perception, thought and intentions in language and actions. Sensing is an essential faculty of what it means to be human.

可能性を感知する

私たちは、自分たちの受け取った感覚入力により、周囲の世界を理解しています。その感覚にどんな意味を見出すかによって私たちは解釈を行い、認知や思考や意思を、言語と行動に変換します。
感知するとは、人間であることを示す重要な能力なのです。

 

To make sense of the signals means to map, prioritize and explore the potential within the collected data. We want to use the signals and their interrelatedness to learn more about the situation and the potential that lies ahead. Through exploration of the signals we are able to gain a new sense of awareness. When this awareness has been adequately verbalized and framed in a way that intuitively makes sense, we call it an insight.

シグナルの意味を見出すとは、収集されたデータ内の可能性をマッピングし、優先付けをし、探索することです。
私たちは複数のシグナルとその相互関係性を用いて、現況とその先に広がる潜在性をより深く理解することができます。シグナルの探索を通じて、新たな認知感覚を得ることができるのです。
ここで手にした認知が直感的に理解できるよう言語化されたものを、私たちはインサイトと呼んでいます。

 

Sensing is an act of integrating our previous knowledge with the collection of signals. It is both analyzing the signals to make better distinctions and synthesizing data to create something new. While some signals might have obvious similarities, it is often the hidden connections that carry the most potential for articulating interesting insights.

感知するとは、シグナルの集合を自身の既知の知識と統合することです。分析してシグナルをより深く理解すること、データを合成して何か新しいものを生み出すこと、その両方の行為です。シグナル同士が分かりやすい類似性を持っている場合もないことはありませんが、多くの場合、興味深いインサイトが生まれる可能性が最も秘められているのは隠れたつながりです。

 

In sensing we distinguish between two sub phases where we integrate signals and articulate insights.

感知するフェーズでは、<シグナルの統合><インサイトの言語化>という2つのサブフェーズに分けて実施します。

 

Happy Collaboration!

 

コラボレーション・エナジャイザー

More フューチャーデザイン stories

訃報 八木橋(パチ)さん 118歳 著述家

  訃報 八木橋(パチ)さん 118歳 著述家 八木橋昌也(やぎはし まさや) 一九六九(昭和四十四 […]

さらに読む

救われない話とエンターテインメント、あるいはセルマソングス

uneasy(不安)でありながらuncomfortable(不快)にしないこと。それがエンターテインメントとし […]

さらに読む

大巨人と王子

  昨年末にさまざまな物語を紹介している本を読んだのですが、その中にとてもおもしろい民話が載っていま […]

さらに読む