フューチャーデザイン

シグナルをスキャンする – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

記事をシェアする:

 

2フェーズの途中では、ウサギ穴へ飛び込むことの大切さについて書かれています。長さの関係から今回は日本語訳していませんが、大意はこんな感じです。

『不思議の国のアリス』で、アリスが未踏の地に辿り着けたのはウサギを追いかけたからこそです。

シグナルを追いかけて未知の世界で迷子になることを恐れてはいけません。未知の未知の領域へとたどり着くための知識とインサイトが、ウサギ穴の奥深くであなたを待っているかもしれないのです。

それでは[シグナルをスキャンする]のポイントとなる部分を訳していきます。

 

 

Scan for signals

When scanning, we aim to develop a foundation of information and inspiration about present and emerging opportunities, challenges, threats relevant to the situation. We use the practice of scanning to build a more robust language, literacy and vocabulary, and to identify emerging sociocultural trends, behaviors and values. The aim of scanning is the collection of signals of change, relevant to the situation and the topics in the scope wheel. The quality of the scan is primarily defined by the quantity of signals, as more signals will provide a higher resolution image of the final scan map.

シグナルをスキャンする

スキャニングは、現在直面している、あるいは今後出現するであろう、現況に関係する機会、困難、脅威についての情報とひらめきの土台を作ることを目的とした作業です。

スキャニングという手法を使うのは、より生き生きとした単語や文章などの言葉を引き出すため、そして新たに広がりつつある社会文化的傾向や行動、価値観などを突き止めるためです。

スキャンの対象は、変化のシグナルの集合体であり、スコープホイール内に置かれた現況と関連したトピックです。

スキャンの成功度合いは基本的にシグナルの量に依存します、なぜなら、シグナル量が多いほど最終的なスキャンマップの解像度が上がるからです。

 

While quantity is key for scanning, time/resources must also be considered in choosing how to search for and harvest the signals. A short search phase will likely revolve around a web search or a few conversations within one’s existing network, while a large and resourceful project will allow designers to do literature reviews of peer-reviewed articles, interviews with leading experts, surveys, ethnographic observations, and more. Traditional scientific research methods can be of great help in identifying signals, but designers should also become inspired and informed by impressions, emotions, thought experiments and the like.

シグナル量がポイントとは言え、シグナルの探索方法や解明への時間とリソースも充分考慮する必要があります。

探索フェーズを短くした場合、デザイナーが取れる主な手法は、ウェブ検索や知人や友人を介した少人数との会話となるでしょう。大規模でリソースのあるプロジェクトであれば、査読済みの文献レビュー記事や主要な専門家とのインタビュー、アンケートや行動観察調査など、さまざまな手法を用いることができます。

伝統的な科学的調査手法もシグナルの発見に大いに役立つものではありますが、デザイナーは、印象、感情、思考実験などによって得られるインスピレーションも積極的に活用するべきです。

 

In practice scanning involves taking topics from the scope wheel and searching for signals associated with that topic.

実際のスキャニング作業では、スコープホイールからトピックスを取り出し、それに関連するシグナルを探していきます。

 

 

Signals

Signals are concrete and observable occurrences that show change or the potential of change. Signals make up the data that creates the foundation of information and inspiration for the further design process. Signals can be actual event, technologies, behaviors, perspectives, etc., that show potential to alter the situation or elements of the context and thereby indirectly change the situation. A signal is not just a trend or a fact, it might be a weak indication of an emerging trend or signify the advent of a new technology.

シグナル

シグナルとは、変化または変化の可能性を示す具体的かつ観察可能な事象や現象群を意味します。

そしてシグナルは、この先のデザイン・プロセスの基盤となる情報とインスピレーションの源となる基礎資料であり、実際の出来事、テクノロジー、行為、視点などの、直接的な現況変化の潜在力を持つものであったり、コンテクストに影響を与えることで間接的な現況変化につながる要素を持つものたちです。

単なる事実や動向ではなく、新たに出現しつつある傾向や新技術到来の微かな兆しなどを示す場合もあります。

 

In the search for and harvest of signals we will make observations of what the signal is, and interpret what potential for change it carries. By collecting and harvesting a lot of signals, we can develop an awareness of emerging trends, drivers, values, cultures before they are established as trends.

シグナルの探索と解析では、何がシグナルなのかを観察しそれがもたらす変化の可能性を読み取ります。

多くのシグナルを集め解析することにより、新たな兆しやその原動力、価値観や文化など、トレンドとして認知される前段階で変化に気付く力を身に付けることができます。

 

Signals are the tip of the iceberg and underneath we find all the things that makes the signals possible. To explore what is underneath the surface, ask yourself:

What makes this signal possible?

What potential impact does this signal carry?

見えているシグナルは氷山の一角に過ぎず、その下にはそれらのシグナルを支える多くのものが潜んでいます。水面下を探検する際には、自身にこう問いかけてください:

何がこのシグナルを可能にしているのか?

このシグナルが秘めている潜在的なインパクトは?

 

Harvest the signals

We use notes, pictures and visual memories to help us remember and use the signals in the further process. Sticky notes are a very useful tool in many creative processes, but often we need a more comprehensive format to document and share signals over time, and use them in meaningful ways in a collective setting. We use scan cards to document signals in words and images and to make the first round of interpretation of each signal’s relevance to the situation.

シグナルの解析(スキャンカードの作成)

私たちは文章や写真、イメージ画像を使用することでシグナルを記憶に残し、この先のデザインプロセスに活用しやすくできます。

付箋紙は創造的なプロセスでとても力を発揮するツールですが、共同作業においてより長期にわたり有意義にシグナルを活用し共有するには、より包括的な文書フォーマットを用いたほうがよいでしょう。

私たちは言葉とイメージ画像でスキャンカードにシグナルを記録し、各シグナルの現況との関わりの解釈を伝える最初のセッションに用います。

 

Basic elements of the scan card
01. Title: Name the signal.
02. Image: Include a picture or illustration that shows/symbolize the signal visually.
03. Description: What is this? Explain it.
04. Relevance: Why is this relevant for your situation?
05. Source: Where did you get this information.

Additional elements of the scan card
06. Domain tags: What part of the scope wheel does this come from?
07. Subtitle: Make a one-liner for the signal.
08. Potential: What future does this signal make possible?

スキャンカードの基本要素

01. タイトル: シグナルの名前
02. イメージ: 写真やイラストなどシグナルを表現あるいは象徴する視覚要素
03. 説明: シグナルが何なのかの説明
04. 関係性: それがなぜ現況に関係しているのか?
05. 情報源: 情報の出所

スキャンカードの追加要素

06. 領域タグ: スコープホイールのどの領域のものか
07. サブタイトル: シグナルの一行コピー
08. 潜在力: シグナルはどんな未来を可能とするか?

 

Happy Collaboration!

 

Collaboration Energizer

More フューチャーデザイン stories

反復する – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

  ウィー・アー・オール・フューチャーデザイナーズ! Book of Futures日本語訳シリーズ […]

さらに読む

未来を顕在化する– ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

  既定路線的から夢想的まで、あなたが描くシナリオはどんなものになるでしょうか。 Book of F […]

さらに読む