フューチャーデザイン

未来は現在 – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

記事をシェアする:

 

未来をデザインする手法、考え方、ツール、物語、マインドセット、方法論が書かれたビスポーク(Bespoke)社の本『Book of Futures』の日本語訳第2回をお届けします(第1回はこちら)。

 


 

the future is now

It seems today that the future of everything is everywhere we look. At any given moment we are being bombarded with news and stories on the newest technological trend that promises to revolutionize the world and our lives. This new reality is generating unnecessary anxiety and fear for not being on top of the latest trendy thing.

未来は現在

未来はここからスタートする — 私たちが暮らしているのは、どこに目をやってもそう主張するものに溢れている時代です。

どれだけ注意深く最新ニュースにアンテナを張っていても、十分にトレンドを追いきれていな
いのではないか? そんな無用な不安に苛まれる人も少なくないでしょう。

 

Reality is that the future is much more complex, non-linear and tangled up than we think. Advancements and changing forces are not distributed equality, human needs are constantly evolving and the speed of these changes are faster than the majority of people and organizations can keep up with.

実際には、未来は私たちが考えるよりもはるかに複雑で非直線的に絡み合っています。

物事や世界を進化させ変化させる力は不均衡に現れるものですし、人間のニーズも常に進化を続けているので、ほとんどの人や組織は変化スピードについて行くことはできません。

We might have the access to enormous amounts of data, numbers, figures, and information about the world, but that means nothing if we are not able to make sense of it – and more importantly, use it to gain insight into what is possible. Insight that will help us imagine and actualize new scenarios, that can guide humanity to become the best versions of itself.

たしかに今日、私たちは世界に関する大量のデータ、数字、統計、資料を手にすることができるになりました。。

しかしそこから意味を見出すことができなければ、それらはなんの役にも立ちません。そしてさらに重要なのは、そこから何が可能なのかというインサイトを生み出すことができるかどうかなのです。

インサイトこそが、到達し得る最高のバージョンへと人間を導く新たなシナリオを、我々に想像させ実現させる手助けをしてくれるものなのですから。

 

The complexity is what makes futures design such an exciting and valuable discipline in these times of change. Futures design is not a crystal ball, through which we can prophesize on our destiny, but rather the fuel for creative thinking and doing. Future design is a powerful and proactive way to take advantage of our unpredictable world, encouraging us to meet this changing reality with high curiosity, imagination, and the desire to better illuminate the societal, environmental, and economic factors that otherwise are in the dark.

複雑性こそが、フューチャーデザインをこの変化の時代において刺激的で価値ある領域としています。フューチャーデザインは占い師の水晶玉では無論なく、創造的思考や活動を促し進めるものです。

予測不能性に溢れた世界の中で、強い好奇心と想像力を私たちから引き出し力強く前へと押し出し、暗闇の中にじっと潜んでいる社会的、環境的、経済的な要因をまばゆい光で照らし出し強い優位性を与える — それがフューチャーデザインなのです。

 

The future is not a distant, foreign place out of our reach, it is in its essence defined by our present dreams and actions. Let’s bring the future back from tomorrow, into the now.

未来は、手の届かないどこか見知らぬ場所にあるものではなく、現在の私たちが空想し行動することにより形作られていくものです。

さあ未来を明日から今へと取り戻しましょう。

 

 

A rhythm of creative thinking

Designing the future alone and with others relies on our ability to both openly explore the world, and extract the essence of our observations to create something new. The rhythm of divergent and convergent thinking is a rhythm of creating opportunities and making decisions, of opening up for new inputs and an abstract understanding of things, and closing in on concrete interpretations and articulations. The rhythm is essential to the creative process, and we invite you to adapt it as a rhythm of thinking, when you read this book, and in your work as a future designer.

創造的思考のリズム

一人でするにしろ他者と共にするにしろ、未来をデザインするには、オープンに世界を探求する力と、観察から本質を抽出する力の両方が必要です。

発散と収束のリズムは、機会の創造と意思決定のリズムです。新しいインプットと新たな概念的解釈へ発散し、具体的な解釈と明確な表現で収束します。

創造的プロセスにリズムは不可欠です。この本を読む上でも、そして実際のフューチャーデザインの現場においても、リズムを味方とすることを忘れないようにしましょう。

 

 

 

今回翻訳はせずに写真だけ(1枚目の写真)を載せましたが、最後に<フューチャーデザイナーのマインドセット>の中からおおっ! と思わせられた要素や表現を。

 

  • Takes a stand | 立ち場を明らかにする
  • Use creative expressions to explore and share future scenarios | フューチャーシナリオの探索とシェアには創造的な表現を用いる
  • Curious over judgement | 判断よりも好奇心を優先する

 

Happy Collaboration! 

Collaboration Energizer

More フューチャーデザイン stories

融和の外へ共に迷いこむ

  皆さんは「会話と対話」のどちらがより価値があるものだと、あるいはより優れていると思いますか? な […]

さらに読む

一人じゃ学びも限定的だし、ヒュッゲも味わえやしない

  デンマークでの学びを言語化しようシリーズ第3弾です。 前回はこちら: Noを突きつけろ R […]

さらに読む

Noを突きつけろ – クリエイティビティーもポジティブさも後天性

  デンマークでの学びを言語化しようシリーズ第2弾です。 前回はこちら: ロラン島の森の幼稚園と過激 […]

さらに読む