フューチャーデザイン

反復する – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

記事をシェアする:

 

ウィー・アー・オール・フューチャーデザイナーズ!
Book of Futures日本語訳シリーズ、いよいよ感動(?)のファイナルです。

 


 

Iterate

反復する

 

Summarizing the future design framework

フューチャーデザインフレームワークのまとめ

 

Situate

Define subject
Unify perspectives and thoughts around the subject of study. Articulate research question, hypotheses, subject and/or challenge.
Situate playground
Define frames and practicalities of the project. Make a brief, timeplan and team commitment.

位置決める

研究対象を定義する

研究対象に関する視点と思考を整理してまとめます。研究議題、仮説、テーマ、チャレンジを言語化します。

活動フィールドの位置を定める

プロジェクトで使用するフレームとツールを決めます。タイムプランとチームコミットメントの大枠を作成します。

 

Search

Scope search
Use existing knowledge to create strategy for the search. Delimit the search in a scope wheel.
Scan for signals
Explore relevant signals within the scope of the subject. Use desktop and immersive scanning to identify signals.

探索する

探索範囲を決める

既存知識を用いて探索戦略を策定します。探索範囲を<スコープホイール>内と定めます。

シグナルを探索する

スコープホイールの中で関連するシグナルを探索します。デスクトップ型と没入型のスキャニングを使ってシグナルを見つけ出します。

 

Sense

Integrate signals
Develop a new sense of awareness by mapping the relatedness of signals. Build a scan map and sense its potential.
Articulate insights
Capture the potential within signals to impact the situation. Articulate insight statements.

感知する

シグナルを統合する

シグナルを関係性に応じて配置し、新たな気づきの間隔を生みだします。<スキャンマップ>を作成してその可能性を読み取ります。

シグナルを言語化する

シグナルが現況に与え得る潜在力を捉えます。インサイトの声明文を作り上げます。

 

Scale

Imagine futures
Speculate, intellectualize, imagine and design new possible scenarios that unfold the potential of the insights. Materialize and develop scenarios through creative interpretation.
Actualize the future
Socialize and share scenarios with others in order to engage people and inspire action. Start conversations, gain feedback, initiate action, create new experiences.

踏み出す

未来を描く

想像力と論理性を用いて推論を進め、シグナルの潜在力を解き放つことができる新しい可能性のシナリオをデザインします。創造的な解釈力を通じてシナリオを作りこみ具体化します。

未来を顕在化する

人びとを関与させ行動を喚起するよう、シナリオを提示しシェアします。会話をスタートし、フィードバックを得て、行動を起こし、新しい体験を創造します。

 

Iterate

Iterate

Iterate

Iterate

繰り返し

繰り返し

繰り返し

繰り返し

 

 

We are all future designers

Being a designer is more than just knowing how to use certain tools or how to make things look nice. At its core, design aims to actualize the possibility of a desirable future.

誰もが皆フューチャーデザイナー

フューチャーデザイナーであるということは、単に特定のツールの使い方や、見栄えを良くする方法を知っているということではありません。
望ましい未来を実現させるデザインをしてこそ、フューチャーデザイナーなのです。

 

Being a future designer is having a curious attitude and a powerful and proactive creative mindset to challenge our cultural and social norms and boundaries, to re-think them, and from there, use our talents and skills to create the futures that we want to see.

フューチャーデザイナーであるということは、好奇心と力強く前向きな創造的マインドを持ち、文化的そして社会的な規範や境界線に挑むということです。
自分たちの能力と技術を用いてそれらを捉え直し、私たちが目にしたい未来を創りだしていきます。

 

No matter what we do, and in which industry or sector we do it, we all have a chance to challenge drift towards the projected future and turn our work and personal projects into an opportunity to design new scenarios for the future.

どの業界・業種にいようとも、そこでどんな仕事をしていようとも、私たちには既定路線的な未来にただ流されていくことに抗い、自身の業務や個人プロジェクトを、新たな未来シナリオのデザイン機会へと変えるチャンスがあるのです。

 

Let us regard the future as something that we all affect all the time, and engage in doing it right.

未来は、誰もがいつでも関わり、影響を与え、正していけるものなのです。

 

We are all future designers!

私たちは皆フューチャーデザイナーなのです!

 

 

Happy Collaboration!

 

コラボレーション・エナジャイザー

More フューチャーデザイン stories
2019-09-02

Bespokeインタビュー5(最終回) | Bespokeのマニフェスト

  北欧のクリエイティブ専門ウェブマガジンのN WINDに掲載された、Bespokeのファウンダーの […]

さらに読む

2019-08-28

Bespokeインタビュー4 | 企業なんて存在しない、人だ

  Bespokeファウンダーのニックとルネへのインタビュー第4弾です。 オリジナルは、北欧のクリエ […]

さらに読む

2019-08-23

Bespokeインタビュー3 | 実験し、迷子になる

Bespokeのファウンダーのニックとルネへのインタビュー第3弾です。 「BespokeがBespokeとなっ […]

さらに読む