Webセミナー: WebSphereの新機能

ROIを向上させ、WebSphereのクラウド対応を実現する新製品、IBM WebSphere Hybrid Editionをご紹介します。

G2 Top 50 Best Software Awardsのロゴ

企業向けアプリケーション・サーバー

IBM® WebSphere® Application Serverは、高い信頼性を誇るJava™ Enterprise Edition(Java EE)ベースのランタイム環境により、アプリケーションの配信を加速します。マイクロサービスと標準ベースのプログラミング・モデルをサポートしており、これによってお客様のペースでモダナイズし、ワークロード全体の可視性を高め、エンタープライズ・アプリケーションを分析し、Kubernetesへのジャーニーを促進できるように設計されています。

アプリケーション・サーバー・ソフトウェアにおけるIBM WebSphere Application Serverのランク付けを見る →

機能

可視化

マルチクラウドのワークロード全体をリアルタイムに可視化し、アプリケーションを把握できます。

アプリケーション分析

管理コンソールを使用してアプリケーションを分析し、詳細なレポートを生成します。

ロギングとモニタリング

クラウド対応のログ分析を確認し、実行可能な洞察をクラウド規模でリアルタイムに監視します。

関連サービス

IBM WebSphere Application Server v9.0.5

バージョン9.0.5の詳細はこちら

バージョン9.0.5はIBM WebSphereの最新リリースであり、企業がコンテナに移行する際に役立つ新機能が組み込まれています。

このクラウド・ランタイム環境は、マイクロサービスに関心を持つWebSphereユーザーに適しています。 オーバーヘッドとメモリー・フットプリントが小さく、拡張が容易であるというメリットがあります。

IBM WebSphere Application Server Network Deployment

IBM WebSphere NDの詳細はこちら

この柔軟でセキュリティー機能が充実したサーバー・ランタイム環境は、オンプレミスまたはクラウド内の、大規模な基幹業務アプリケーションの導入に適しています。

次のレベルのアプリケーションへ

WebSphere Application Serverは、アプリケーションに対する最新のアプローチの一部に過ぎません。 この製品は、お客様が必要とする他のあらゆる機能と共に、IBM Cloud Paks®に含まれています。

お客様事例

Larry Fernandez氏、Amway社プリンシパル・アプリケーション管理者

Amway社

WebSphere Application Serverで、Amway社は主要な顧客向けアプリケーションのアップタイムを継続させています。

Nitesh Saini氏、Canon社テクノロジー・ファウンデーションおよびビジネス・インテリジェンスのプリンシパル

Canon Europe社

Canon Europe社は、WebSphere Libertyを使用して料金体系のルールをマイクロサービスに変換することにより、柔軟性を獲得しています。

使ってみる

WebSphere Application Serverの最新バージョンをインストールするか、または評価版をダウンロードしてください。