Javaアプリケーションを超軽量にしてマイクロサービス化する方法:WebSphere Liberty

使い勝手の良いJavaアプリケーションを利用し続けるため、ビジネスサイクルを支援できるよう、Javaアプリケーションをモダナイズするための環境を見直すことも必要です。

アプリ・モダナイゼーションの進め方

アプリケーションの最新化は、今日の業務において直面する、最も重要な取り組みの1つです。従来のアプリケーションをクラウドに移行して最新化し、市場への提供を迅速化して開発者の生産性を向上させることができます。既存のWebSphere Application Serverアプリケーションを最新化してマイクロサービス・フレームワークを作成することで、現在の投資を活用して独自のペースで新機能を展開しつつ、複雑さと経費の削減を実現できます。

WASで実現、損保ジャパン日本興亜の取り組みの軌跡

損保業界のリーダー企業、損保ジャパン日本興亜は、Java EE 7/WebSphere Libertyを採用し、業務システムの再構築を通じたマイクロサービス化を実現。 この革新的取り組みの軌跡から、アプリ・モダナイゼーションのポイントを解説します。

WebSphere News - IBM developerWorks Japanを発行中
アプリケーション基盤ソリューションの情報をタイムリーにお届けします。(毎月1回)

こちらからお問い合わせいただけますので、 
お気軽にご利用ください。