Javaアプリケーションを超軽量にしてマイクロサービス化する方法:WebSphere (WAS) Liberty

WASで実現。損保ジャパン日本興亜の取り組み

業務システムの再構築を通じたマイクロサービス化を実現 (Java EE 7/WebSphere Libertyを採用)。 アプリ・モダナイゼーションのポイント解説も。

コンテナ化の現状

コンテナ採用を促進する要因、見解、メリットや課題を解説

アプリ・モダナイゼーションの進め方

今日直面する、最も重要な取り組みの1つ。従来のWASアプリケーションをコンテナ化、マイクロサービス化

WebSphere製品シリーズ

ビジネスサイクルを支援できるよう、Javaアプリケーションのモダナイズするためのおすすめラインナップ

IBM Cloud Pak for Application

IBM WebSphereとオーケストレーションされたコンテナープラットフォーム上に構築した製品。 パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド間の移行と新しいビジネスアプリケーションの作成を支援する長期ソリューションとして活用いただけます。

WebSphere Liberty

軽量・柔軟なランタイム環境を使用して、迅速なアプリケーション開発および接続し、オンプレミスまたはパブリック、プライベート、またはハイブリッドクラウド環境全体を最適化します。

WebSphere Application Server

豊富な実績に裏打ちされた、信頼性が高く、安全で柔軟なJava™Enterprise Edition(Java EE)ベースのランタイム環境により、アプリケーションのデリバリーを加速します。オンプレミスまたはパブリック、プライベート、またはハイブリッドクラウド環境全体で環境全体を最適化します。

WebSphere News - IBM developerWorks Japanを発行中
アプリケーション基盤ソリューションの情報をタイムリーにお届けします。(毎月1回)

こちらからお問い合わせいただけますので、 
お気軽にご利用ください。