GDPRの対象になるお客様は、2018年5月22日から利用可能なIBM Watson Visual Recognitionサービスの新規インスタンスに移行し、IBM Watson Visual Recognitionサービスの新しい契約を承認する必要があります。 

Watson Visual Recognitionとは

IBM Watson Visual Recognitionサービスはディープ・ラーニングのアルゴリズムを使用して、シーン、物体、顔、その他コンテンツの画像を解析します。

Visual Recognition デモを試す

1) デモサイト(英語)を開き、Upload から画像ファイルを選択、もしくはURL欄に画像のURLを入力します。(右画像の赤枠参照)

2) 画面右に、「Classes(認識結果)」「Score(確信度)」が表示されます。

- 人物を検出した場合は、画像上に白枠で位置と「Age(年齢層)」「Male/Female(性別)」「Score(確信度)」も表示されます。 

- 食べ物を検出した場合は、食べ物に特化した「Food(食べ物の種類)」「Score(確信度)」も表示されます。

 

 

さて、あなたは何の画像を読み込ませてみますか?

→ 画像認識 Visual Recognition を試してみる (英語) 

→ Technical intro to Classifiers ビデオを観る (YouTube,49分55秒,英語)

→ 開発資料

Visual Recognition デモを試す

Watson Visual Recognitionの機能

さまざまな画像を分類

Visual Recognitionは画像コンテンツを理解します。シーン、物体、顔、色、食品、その他対象物の画像を解析し、お客様の画像に対する洞察を提供します。

独自の分類器を作成

お客様の画像コレクションを使用して、カスタムの画像分類器を作成し、トレーニングします。

幅広い業界での導入事例

製造、視覚監査、保険、ソーシャル・リスニング、ソーシャル・コマース、小売、教育などさまざまな業界で活用されています。

Watson Visual Recognitionを今すぐ始める

Watson Visual Recognitionを利用し、カスタム分類器の開発と学習を始めませんか。