Watson Natural Language Understandingとは

自然言語理解を使用して、テキストを分析して、概念、エンティティー、キーワード、区分、評判、感情、関係、意味役割などのメタデータをコンテンツから抽出します。

利点

強力な洞察

エンティティー、関係、キーワード、意味役割などを抽出するための高度なテキスト分析機能のフルスイートを活用しましょう。

幅広い言語範囲

13の異なる言語のテキストを解釈し、今後さらに増える予定です。

ドメインのカスタマイズ

業界または組織内の固有のエンティティーや関係に関する知識をデータに適用します。

お客様事例

お客様の声

Watsonは、おそらく現在私たちが行っている作業の約80%に相当します。私たちはWatsonとまるで結婚しているようなものです。

- Chris Sykes氏、最高経営責任者、Volume Ltd.

詳細はこちら→

IBM Watsonは自然言語理解の機能が備えられているので、気軽な問い合わせから商品の購入にいたるまで会話を自然に進めてくれます。

- Tim Howard氏、マーケティング・ディレクター、Deltic Group

詳細はこちら→

Watsonの自然言語処理は実に強力です。

- Greg Woolf氏、創業者兼最高経営責任者、Catalyst Investors

詳細はこちら→

自然言語理解機能

カテゴリー

5レベルのレベルの分類階層を使用してコンテンツをカテゴリー化します。

概念

テキストには必ずしも直接記述されているとは限らない高レベルの概念を識別します。

感情

特定のターゲット・フレーズ、または文書全体によって伝達される感情を分析します。

エンティティー

コンテンツで言及されているユーザー、場所、イベント、およびその他のタイプのエンティティーを見つけます。

キーワード

関連するキーワードをコンテンツから検索します。

評判

特定のターゲット・フレーズに対する評判や、文書全体の評判を分析します。

Watson Natural Language Understandingを始める

Watson Natural Language Understandingをすぐに始める