Secure Gateway Serviceの概要

Secure Gateway Serviceは、どのような接続にも迅速で簡単かつ安全なソリューションを提供します。このソリューションは、オンプレミス環境またはサード・パーティーのクラウド環境とIBM Cloudの間に持続的な接続を提供します。

Secure Gateway Serviceの機能

迅速かつシンプル

ゲートウェイを迅速にセットアップし、ご使用の環境を接続し、ローカル宛先とリモート宛先の間のマッピングを管理し、すべてのトラフィックをモニターします。

暗号化と認証

Secure Gatewayとのすべての通信は、TLS暗号化を相互認証のために簡単に構成できます。

リソース・モニター

Secure Gatewayダッシュボードからすべてのゲートウェイをモニターしたり、Secure Gatewayクライアントから個々のゲートウェイをモニターしたりできます。

アクセス制御リスト

シンプルなアクセス管理の制御により、Secure Gatewayクライアントはリソース・ベースでアクセスの許可/拒否を行い、無許可アクセスを防ぐことができます。

ロード・バランシングおよび高可用性

ProfessionalおよびEnterpriseのプランでは、ゲートウェイに対して複数インスタンスのSecure Gateway クライアントを接続することができます。1つのクライアント・インスタンスがダウンした場合には、組み込みの接続ロード・バランシングおよび接続フェイルオーバーが自動的に利用できます。

Secure Gateway Serviceのバージョン

Essentials

無料で使用可能: 1つのゲートウェイ、1つの宛先と1つのクライアントが含まれます。月に500 MBまで転送できます。

Professional

それぞれ5つの宛先を持つ5つのゲートウェイ、月に50Gのスループットが含まれます。HAとロード・バランシング用のゲートウェイ毎に最大2つのクライアントを接続します。

Enterprise

それぞれ25個の宛先を持つ25個のゲートウェイ、および月に500 GBのスループットが含まれています。 また、ネットワーク・ニーズに対応する静的IPを必要とするユーザー用の専用ホスト名と静的IPも含まれています。

Secure Gateway Serviceをすぐに始める