Woman in data center working on tablet

マルチクラウド管理とは

マルチクラウド管理とは、複数のデータセンターやクラウド(パブリックまたはプライベート)を、1つの環境に存在する場合と同様に管理することです。3つ以上のクラウドを使用している企業の71%で、マルチクラウド管理が企業の俊敏性の鍵となっています。しかし、複数ベンダーから複数のクラウドを使用すると、さまざまな課題が生じます。以下で課題を確認し、詳細は「マルチクラウド管理とは」をご覧ください。

マルチクラウドがもたらす大きな課題

マルチクラウド環境を可視化する優れた方法

可視化

複数のプロバイダーによる複数のクラウド(マルチクラウド)に多数のクラスターが存在する場合は、どこで何が進行しているのかを正確に可視化する必要があります。

複数のクラウドにわたって、より優れたセキュリティーとガバナンスを確立

セキュリティーとガバナンス

一貫性のあるセキュリティー・ポリシーを環境全体に設定し、コンプライアンスやキャパシティーに基づいてワークロードを管理する必要があります。

マルチクラウド戦略を持つ場合、自動化によってアプリケーションをクラウド全体に導入できます。

自動化

複数の環境全体にアプリケーションを導入するには、バックアップや障害復旧のオプションとワークロードを移動する機能を含む自動化が必要です。

オールインワン・ソリューションのIBM Multicloud Manager

組み込みのセキュリティーとコンプライアンスにより、IBM Multicloud Managerは大規模な環境を簡素化して編成します。また、管理コストの削減に役立つとともに、ターゲット環境を選べるようになるほか、ガバナンスを向上させます。さらに、アプリケーションの導入に向けたマルチクラスター・アプローチにより、クラウドネイティブ環境でもモダナイズされた最新の環境でも、ガバナンスと管理性をフルに備えた上で、ワークロードをクラスター全体に自動的に導入できます。

IBM Multicloud Managerを詳しく見る

IBM Multicloud Managerを使用して、可視化、セキュリティー、ガバナンスをどのように実現するのかをご覧ください。

IBM Cloud Garageがお手伝いします

IBM Cloud GarageとGarage Methodで、マルチ・クラウド、ハイブリッド・クラウドのに関する課題解決を進めましょう

ガレージを申し込む