Java SE 8 無償サポート終了後の準備は万全ですか?

2019年1月より公開ダウンロードサイトでのアップデート提供の終了を迎えたJava SE 8。使い勝手のよいJava上で稼働しているWeb アプリケーションが、重要なサービスや業務を支えている場合、セキュアな環境を確保しつつ、堅実かつ投資対効果が見込める選択を検討しなければなりません。IBMは、柔軟な姿勢でエンタープライズにJava利用環境ををサポートします。

WebSphere Libertyとは

IBM WebSphere Libertyは、アプリケーションおよびクラウドネイティブ・サービスをモダナイズする、包括的で柔軟かつ安全なJava EEおよびMicroProfileアプリケーション・サーバーです。

コンテナ対応

Docker コンテナー環境内でのリソース集約、柔軟なスケール、他のクラウドベンダー含む広域なポータビリティーを実現

マイクロサービスに最適

MicroProfile 仕様への迅速な追随、Spring を含む Java Framework を使用して大規模な開発者基盤をサポートします。

Java エンタープライズ利用

オープン・ソース含む他社JDK と Tomcat をベースに Java EE アプリケーションを構築されているお客様へ。Java の長期サポート対応などお客様ニーズに柔軟対応します。

圧倒的に軽い

60MB 
メモリー使用量 
100MB 
ディスク使用量

圧倒的に早い

5秒 
起動時間 
1分 
Unzipのみ簡単デプロイ

圧倒的に簡単

1つのみ 
構成ファイルはserver.xmlのみ 
再起動不要 
構成変更は即座に反映

WebSphere Libertyをダウンロードして、60日間無償で試用できます。

他社製品をお使いの方へ:移行ツールを無償でご提供しています。

現在ご使用中のJava アプリケーションサーバーからWebSphere Application Serverへの移行をご検討されているお客様向けに、移行ツールを無償でご提供しております。Apache Tomcat Server、JBoss Application Server、Oracle Application Server、Oracle WebLogic Server から、WAS V7、V8、V8.5 に移行するお客様を支援する無料のツールです。Web からダウンロード可能ですので、お気軽にご利用ください。

損保ジャパン日本興亜の取り組みの軌跡

損保業界のリーダー企業、損保ジャパン日本興亜は、Java EE 7/WebSphere Libertyを採用し、業務システムの再構築を通じたマイクロサービス化を実現。 この革新的取り組みの軌跡から、アプリ・モダナイゼーションのポイントを解説します。

デジタル変革、ハイブリッド・クラウド、IBM WebSphere Application Server

WebSphere Application Server (WAS)は目的に応じて2つのランタイムを選択できます。世界中のミッション・クリティカル・システムで豊富な実績を誇るWAS traditionalと、クラウドネイティブ時代の次世代アプリケーション・ランタイムとして新たに設計されたLiberty。クラウド環境に適用しやすい仮想コア・ベースの月額課金モデルなど、柔軟なライセンス体系をご用意しています。

こちらからお問い合わせいただけますので、 
お気軽にご利用ください。