データの生成場所により近いところで、洞察に基づき対応

エッジコンピューティングと5Gは、あらゆる業界に大きな機会をもたらします。データが生成される近い所で計算処理とデータの保持を行い、データ制御の向上、コストの削減、洞察とアクションの高速化、継続的な運用を実現します。エッジで処理される企業データは、現在わずか10%であるのに対し、2025年までに75%となる見込みです。¹

IBMは、エッジ環境における規模、変動性、変化率に対応する自律型管理オファリングを提供します。また、通信業者がネットワークをモダナイズし、新しいサービスをエッジで提供するためのソリューションも提供します。

エッジコンピューティングの未来

小売、銀行、通信の各業界におけるエッジコンピューティングの今後の成り行き(英語, 5分46秒)

ユースケース

エッジコンピューティングがお客様のビジネスをいかに支援するかをご覧ください。

つながりによるエクスペリエンスの創出

州間高速道路上の車

分散デバイスやセンサーからデータを取り込んで分析し、個々のエクスペリエンスを向上させ、ドライバーの安全性を高め、運行を最適化します。

分散ITのモダナイズ

コンピューターに向かう人

リアルタイム診断と無線更新を実行マイクロクラウド・コンピューティングによってリモートの基盤を制御することで、コストと中断を削減します。

インダストリー4.0の実現

分散した機械および製造プロセスから深い洞察を収集してリアルタイムで対応、生産ラインを最適化して、無駄を削減します。

サプライ・チェーンおよび資産管理の改善

保管棚を調べる人

インテリジェントなビデオ分析とAIを活用したエンドツーエンドでの管理により、在庫を監視、消費者を理解し、補充を自動化します。

利点

どこでも実行できる自律型管理の採用し、規模と変動性に対応

1人の管理者が、数万のエンドポイントに対しアプリケーション環境の規模と変動性を自律的に管理するポリシーを採用できます。コンテナおよびIBM Red Hat OpenShift on IBM Cloud上で実行されるフル・ライフサイクル・エッジ環境であるIBM Edge Application Managerを使用すると、ハイブリッド・マルチクラウド環境全体にわたり(接続が切断された場合でも)、エッジからコアまでワークロードを管理・拡張することができます。また、ファイアウォールに対応し、攻撃とコンテナの改ざんから保護するように設計されています。

IBMの専門知識に基づいて構築されたエッジ対応の業界ソリューションを提供

生産ラインで発生する可能性のある故障のコストに取り組む製造メーカーであっても、漏出や損傷のような収益に影響する問題を軽減しようとする小売業者であっても、エッジコンピューティングで対応できるビジネス上重要な導入事例は多々あります。IBMのエッジ対応のソリューションおよびサービスによって、お客様はより豊かなデジタル・エクスペリエンスを実現し、インダストリー4.0、サプライ・チェーン、資産管理などにわたりビジネス効率を向上することができます。

通信ネットワークをモダナイズして、新しいサービスをエッジで提供

従来、通信業者はハードウェア上で特殊なソフトウェアを用いてネットワークを運用し、アプライアンス・プロバイダーは固定的でした。5Gとエッジを使用することで、複数のクラウドにわたるコアとエッジの両方でデータを処理できるようになり、企業の顧客が求めるデジタル・サービスの作成と管理が容易になりました。IBMの通信ネットワーク・クラウド・ソリューションは、Red Hat OpenShiftとの統合を含むIBMハイブリッドクラウド機能を基盤としています。通信業者は、新しいエッジ対応サービスをお客様により素早く提供して運用コストと資本支出を削減するクラウド・プラットフォームへとネットワークを転換することができます。

企業データとAIをエッジに拡張

統合されたデータとAIのプラットフォームであるIBM Cloud Pak for Dataを使用してデータの収益化を加速します。アプリケーションやモデルをシームレスにエッジに拡張し、データが生成されるところで移動することなくリアルタイムに洞察を獲得することができます。

エッジでのデータとAI用インフラストラクチャー

IBM Power SystemsとIBM Storageソリューションは、AIモデルをエッジで機能させ、エッジで生成された津波の生の映像データなど、あらゆる種類のデータについてビジネス上の洞察を引き出すように設計されています。

パートナー

エッジコンピューティングと通信ネットワークのためのIBMソリューションは、機器メーカーやネットワーク・プロバイダーおよびITプロバイダーなど、強力なパートナー・エコシステムをつくりだします。エコシステムに参加することで、エッジにおいて世界規模の共創と革新が可能になり、既存のお客様と新規のお客様の両方とのビジネス機会を開拓できます。

IBM Edge Application Managerを今すぐ開始する

脚注

¹「What Edge Computing Means for Infrastructure and Operations Leaders」、Rob van der Meulen、ガートナー・リサーチ、2018年10月(IBM外部リンク)