ソース近くで収集されたデータの処理

IBM Edge Application Managerは、5G、IoT、AI の革新技術で、データ処理するアプリケーションをサポートする先進的なプラットフォームです。

ハイブリッド・マルチクラウド環境において、エッジ・デバイス、サーバー、ゲートウェイにおけるセキュリティーをより強化しつつ、これらのアプリケーションをデプロイし遠隔管理し、通信プロバイダーや企業にまたがる価値を拡げます。

データ作成のソースで高いパフォーマンスとタイムリーなアクションが重要な場合、IBM Edge Application Managerは、接続されたエンタープライズおよびインダストリー4.0アプリケーション全体でワークロードを管理およびスケーリングするための、より安全で自律的な管理およびガバナンス機能を提供します。

IBM Edge Application Managerは、ワークロードを管理、移動、およびセキュリティ保護するために、あらゆるデプロイの柔軟性を提供します。 エッジサーバーおよびゲートウェイ上で、フルまたはライトスタックKubernetesクラスター、またはエッジ・デバイス上の軽量のDockerコンテナとしてデプロイできます。 どのようなハイブリッド、マルチクラウド環境でも、このプラットフォームはRed Hat® OpenShift上で稼働します。

→ エッジ・コンピューティングとは

 

オンデマンド Webセミナー

業務、ユーザー体験を変える5G時代のエッジ・コンピューティング - アプリの配信、ライフサイクル管理による一元管理とイノベーションの実現 –

主な5つの特徴

オープン

オープンテクノロジーを採用し、プライベート、パブリック、エッジに展開します。

データ保護

ワークロードの改ざんを最小限に抑え、複数のステークホルダーの分離を維持し、プライバシーのためにデータ公開を制限する組み込みのセキュリティー機能が含まれています。

連続稼働

接続が切断されても、自律的に稼働することで、中断を減らしてコストを削減します。

インテリジェント

既存および新規の企業向け、5Gやコグニティブ・ソリューションを拡張し、企業にイノベーションをもたらします。

お客様の声

エッジにクラウドとAIのメリットを加える

ビジネスに最も影響を与えるデータを、リアルタイムで操作できます。

→ 画像をダウンロードする(PDF、1.4 MB)

小規模なエッジコンピューティングの例のインフォグラフィック

IBMサービスの利用を開始する

IBM Servicesのエッジ・コンピューティングの専門家が、企業と5Gのネットワーク・インフラストラクチャーの移行をサポートします。詳しく見る