デリバリー・パイプラインを使用した場合、どのプラットフォームにデプロイできますか?

Cloud FoundryアプリケーションをIBM Cloudにデプロイすることができます。そして現在Continuous Deliveryツールチェーンは、IBM Cloud Kubernetes Serviceで使用可能なKubernetesクラスター (英語)にアプリケーションをデプロイするためのネイティブ・サポートを提供するようになりました。

Rational Team Concertを使用しています。これをデリバリー・パイプラインに組み込むことはできますか?

はい。 Rational Team Concert統合は、ツールチェーンにカードを追加することでワークアイテムに素早くアクセスできるようにするだけでなく、デプロイ済みのワークアイテムにタグを追加することもできます。このようなタグを使用すると、コード変更のデプロイメントを追跡するための強力な照会を実行したり、便利なRational Team Concertダッシュボードを作成したりすることができます。

DevOpsツールチェーンへのアクセスはどのように管理すればよいですか?

ツールチェーンへのアクセスは、ツールチェーン・ページの「管理」タブを使用して管理することができます。ツールチェーンを作成すると、そのツールチェーンの組織にはデフォルトでADMIN権限が付与されます。これは、ツールチェーンの組織内のすべてのメンバーが、ツールチェーンを表示、変更、および削除できることを意味します。ツールチェーンへのアクセスを制限するには、特定のユーザーには表示のみを行えるようにし、他のユーザーには管理を行えるようにします。

自分のツールチェーン・テンプレートを作成し、それをチームと共有するにはどうすればよいですか?

テンプレートからツールチェーンを作成することはできますが、別のツールを統合したり、その他のカスタマイズを行いたい場合もあるでしょう。そのような場合、カスタムのツールチェーン・テンプレートを作成し、他のユーザーが使用できるように共有することができます。テンプレートを自分用にカスタマイズするには、6つのステップがあります。

  1. GitHubにあるSimple Cloud Foundryツールチェーン・テンプレートのフォークとクローンを行う (英語)
  2. toolchain.ymlファイルを探索して更新する (英語)
  3. pipeline.ymlファイルを探索して更新する (英語)
  4. 更新をテストする (英語)
  5. ビルド済みまたはカスタムのツール統合をテンプレートに追加する (英語)

チュートリアル全体については、「カスタム・ツールチェーン・テンプレートの作成 (英語)」を参照してください。

Continuous Deliveryを今すぐ始める

最初のDevOpsツールチェーンとデリバリー・パイプラインを今すぐ構築しましょう。