Continuous Deliveryとは

IBM、サード・パーティー、オープン・ソースからのツールで、カスタマイズや共有が可能なテンプレートを使用して、統合ツールチェーンを迅速にプロビジョンします。ビルドとテストを自動化し、分析によって品質を制御します。

Continuous Deliveryの機能

統合されたDevOpsツールチェーン

ツールチェーンは、アプリケーションをビルド、デプロイ、管理するための統合されたツール・セットを提供します。開発および操作を反復可能にし管理も容易にする、IBMサービス、オープン・ソース・ツール、またはサード・パーティー・ツールを含むツールチェーンを作成できます。

自動デリバリー・パイプライン

人による介入を最小限に抑え、反復可能な方法でビルド、テスト、デプロイを行います。いつでも本番環境にリリース可能になります。

任意の場所からコードを編集

Eclipse Orion 上に構築された統合Webベース環境の使用を選択できます。ソースの作成、編集、実行、デバッグ、および、ソースのコントロールタスクを完了し、コードの編集から本番環境へのデプロイまでシームレスに行えます。

Gitリポジトリーと問題トラッキング

GitLab Community Edition上に構築されてIBMによってホストされるGit Repos と Issue Trackingを使用してソース・コードとトラッキング処理を管理します。

Continuous Deliveryの利点

数分でコードから本番環境へ

あらゆるタイプのアプリを作成するのに必要なものすべてにアクセスできます。単独で作業することも、コラボレーション・ツールを使用してチームで協力することもできます。ソース・コード作成からアプリケーション実行までわずか数分です。

アプリのデリバリーの促進

スタートアップのようにイノベーティブに、エンタープライズ規模で。オープン・ソース・プロジェクトを主宰し、ハッカソンを実施し、イノベーション・プロジェクトを開始することもできます。毎月のミートアップ開催など、何か計画してみましょう。

信頼性の高いデプロイ

プロジェクト・メンバーがリポジトリーにコードをプッシュすると、プロジェクトが自動的にデプロイされます。プッシュされた通りにファイルをデプロイすることも、さらに高度なビルド・オプションを構成することもできます。

IBMは、Forrester Wave™で継続的なデプロイメントとリリースの自動化におけるリーダーに選定されました。

お客様による使用例

複数のリージョンにわたる安全なWebアプリケーションの実装

このチュートリアルでは、継続的デリバリーのパイプラインを使用した、複数のリージョンにわたるWebアプリケーションの作成、保護、実装をガイドします。IBM Cloudにおける他の多くのスターター・アプリケーションの中でも、このチュートリアル用にはNode.jsスターター・アプリケーションを使用しています。

使ってみる (英語)

安全な複数領域のWebアプリケーション・アーキテクチャー

Kubernetesへの継続的デプロイメント

このチュートリアルでは、Kubernetesで実行されているコンテナ化アプリケーションに対する継続的な統合とデリバリーのパイプラインをセットアップする方法を紹介します。これにより、ソース管理、ビルド、テスト、およびデプロイの各ステージのセットアップに加え、セキュリティー・スキャナー、通知、分析などの統合を追加することができます。

技術資料を読む (英語)

Kubernetesへの継続的デプロイメント

Continuous Deliveryを今すぐ始める

最初のDevOpsツールチェーンとデリバリー・パイプラインを今すぐ構築しましょう。