あらゆるクラウドプラットフォームにデプロイして実行

事前インテグレーションされたオートメーションテクノロジーとローコード・ツールを使用して、任意のクラウド上でオートメーションアプリケーションとサービスを設計、構築、実行します。

IBM Cloud Pakは、デジタル・ビジネス向けIBMオートメーション・プラットフォームの最新の導入オプションであり、Red Hat OpenShift 上で稼働します。

→ 1分でわかる動画を見る (日本語字幕)

cloud-pak-for-automationチャート図

Webセミナー

最新のDXプラットフォームでITモダナイゼーションを加速!

IBM Cloud Pak for Automation で実現する迅速かつインテリジェントな業務のオートメーション

IBM Cloud Pak for Automation

Cloud Pak for Automationには、最新のオートメーションアプリケーションとサービスの作成と導入に必要なオートメーションソフトウェアが組み込まれています。これは、運用データと生産性についての洞察を提供する、共通の分析層に構築されています。また、このCloud Pakは、IBM Robotic Process Automationとインテグレーションして日常的なタスクのオートメーションもサポートします。

→ 画像をダウンロードする(IMG, 53KB)

→ デモを見る (英語)

IBM Cloud Pak for Automationの主なコンポーネント

オートメーション利用の背景

企業はオートメーションによって、さらに新たな生産性と顧客体験を向上させることで、リソースを価値の低いタスクから、価値の高い作業に割り当てます。

*Workmarket(ibm.com外部へのリンク、英語)

**Gartner(ibm.com外部へのリンク、英語)

78%のビジネス●リーダーが自動化により1日3時間を節約することができると言っています。2022年非定形業務を担当する5人のうち、1人はAIを利用して業務を遂行するようになるでしょう。

Cloud Pak for Automationをおすすめする理由

クラウドを自由に選択

任意のクラウド・プラットフォームに導入して実行できます。アプリケーションの変更やデータのマイグレーションを行わずに、既存のオートメーションランタイムを移行できます。

運用の全体像を把握

すべてのプラットフォーム・コンポーネントにわたるビジネス・データとシステム・データを収集し一元化することで、ビジネス・マネージャーがリアルタイムで運用パフォーマンスを確認できます。

容易な購入と運用

シンプルかつ一貫性のあるライセンス交付により、1つの柔軟なパッケージでプラットフォームを稼働できます。必要な分のみを支払います。将来的に、他のプラットフォーム機能にライセンスを再割り当てすることができます。

事前インテグレーションされた機能

事前インテグレーションされたワークフロー、コンテンツ、意思決定、取り込みの機能を活用することで、大規模にすべてのタイプの作業をインテリジェントにデジタル化およびオートメーションすることができます。

Cloud Pak for Automationによるビジネス価値の推進

従業員の生産性の向上

日常作業をオートメーションし、知識作業を支援します。

顧客体験の強化

お客様対応プロセスにより多くの選択肢を提供し、応答時間を短縮し、広範なサポートと一貫性のある体験を実現します。

運用の可視性の向上

運用プロセスを最適化できるように、パフォーマンス・データを収集して可視化します。

費用対効果(ROI)を見る

Forrester Research社のTotal Economic Impactの調査でIBMと Red Hatソリューションの組み合せた導入のROI見込みについて説明しています。

IBMコンサルティングを利用する

IBMの幅広い専門知識、デザイン思考とアジャイル手法を活用しながら、各種テーマに取り込むガレージという仕組みをご用意しています。コンサルタントと一緒に相談しながら進めたい等、ご要望ありましたら、お気軽にお問い合わせください。