IBM App Connect とは

多くの企業が、IBM App Connectを利用して、APIとして公開されるデータへのアクセスを仮想化することにより、アプリケーション、データ、従来のシステム、最新テクノロジーとの素早い接続を実現しています。利用される統合スタイルは、従来型のサービス指向アーキテクチャーから最新のアジャイル・イベント駆動型アーキテクチャーまでさまざまです。

IBM App Connectはアプリ連携を促進し、迅速な処理を実現します。データを統合し、APIを構築し、イベントに応答します。

アプリケーションとデータを統合

オンプレミス・アプリケーションとクラウド・ベース・アプリケーション間でデータを自動的にコピーおよび同期します。ソース、フォーマット、規格が一致していなくても気にする必要はありません。例えば、SaaS CRMシステムとオンプレミス・データベース間で顧客データを同期することができます。

アプリケーションとデータを統合する方法を見る

アプリケーションとデータの統合を表すアイコン

APIの構築

企業のエンタープライズ・アプリケーション、データベース、システムにまたがって存在するデータ資産に確実にアクセスし、変換・結合することで、データ資産をAPIとして公開できます。例えば、自社の製品の詳細情報と現在の在庫情報を収集するAPIをパートナーに提供することで、ビジネス・パートナーは発注を確実に完了できるようになります。

APIを構築する方法を見る

構築を表すアイコン

イベントに基づいたアクション

エコシステム上のソース・アプリケーションで発生するイベントを迅速に識別し、即座に適切なビジネス・アクションを取ることができます。例えば、顧客状況に対する特定の変更を監視することにより、ビジネス部門が顧客に対する次のレベルのサービスに取り組むきっかけが把握できるようになります。

イベントに対応する方法を見る

浮遊する一連の四角形を表すアイコン

テンプレートが提供されているため、容易に統合作業を進めることができます。よく使用される統合パターン用に事前構築されたフローがテンプレートとして提供されており、お客様はすぐに統合作業に取り掛かることができます。

事前構築されたコネクターで作業を加速

IBMのコネクター・カタログから開始して、数分間で統合フローを構築します。

ハイブリッド環境でアプリケーション、API、データを簡単に統合

複数のインフラストラクチャーでの作業

App Connectのインテリジェントな構成ベースのツールを使用して、インフラストラクチャーを気にかけることなくビジネス・ロジックを構築できます。アプリケーション・プラットフォームやドメインに関する深い知識がなくても、統合フローを迅速に作成できます。

難しい統合を解決

App Connectは、バッチおよびリアルタイムの各パターンにわたり、幅広い統合スタイルをサポートします。さまざまな機能を組み合わせて、ビジネス上の単純な問題と、複雑なERPなどの極めて難しい統合の両方を簡単に解決できます。

どこにでもソリューションをデプロイ可能

App Connectをマネージド・サービス(「iPaaS」)として使用するか、任意のクラウド環境またはオンプレミス環境にデプロイします。アプリケーションやデータ・ストアの近くにデプロイすると、統合パフォーマンスを高め、待ち時間を短縮し、効率の向上によりコストを削減できます。

お客様の声

お客様導入事例

無料でApp Connectの利用を開始する

統合パフォーマンスの向上、待ち時間の短縮、コスト削減を実現します。コーディングなしで設定できるため、数分で稼働状態になります。Liteプランを選択すると、専門家によるアドバイス、インストール環境、最初の2つのフローを無料でご利用いただけます。