IBM API Connectとは

IBM API Connect®は、APIの作成の自動化、資産の検出の簡素化、開発者によるセルフ・サービス・アクセス、組み込みのセキュリティーとガバナンスを実現する、市場をリードするAPI管理ソリューションです。

API管理のリーダー

Forrester社の最新のレポートで、IBMが15社のAPI管理ソリューション・プロバイダーの中でリーダーに選出されました

IBM API Connectの機能

APIの作成

自動化されたモデル駆動型のツールで、Node.jsとJavaランタイムをベースとする新しいAPIとマイクロサービスを作成し、統一された単一のコンソールからそれらのすべてを管理します。

セキュリティーとAPI管理

セキュリティー、トラフィック管理、メディエーションのポリシーにより、APIとデータを確実に保護します。API、バージョン、ライフサイクル、サブスクリプション・プラン、サブスクライバーの管理を簡素化します。

APIのソーシャル化

セルフサービスの開発者ポータルを提供することで、社内外の開発者がAPIを検出して取り込み、それにアクセスできるようにします。

APIのテストと監視

コーディングなしにAPIのテストと監視を自動化します。機能を提供します。この機能は、コラボレーションを可能にし、CI/CDパイプラインに容易に統合できます。

組み込みの分析機能

APIのプロバイダーとコンシューマーの両方のAPI使用量を分析します。実行時と過去の使用パターンとパフォーマンス・メトリックに関するレポートを作成できます。

マルチクラウド設計

API Connectはセキュアなマルチクラウド・サポートを提供しており、Docker、AWS、Azure、IBM Cloud Privateなどにコンポーネントを実装します。

IBM API Connectの利点

資産の安全な公開

既存のビジネス・サービスを、APIを介して、新しいモバイル・アプリケーション、IoTアプリケーション、Webアプリケーションに安全に公開します。

イノベーションの促進

APIのソーシャル化と組み込みの企業ガバナンス機能により、開発者を引き付けます。

洞察の獲得

企業のAPIプログラムに最も大きな影響を与えているAPIはどれかについて洞察を得ることができます。

収益チャネルの拡大

企業のAPIプログラムの収益化により新たな収益源を獲得できます。

ユースケース

REST APIの作成、保護、管理

このチュートリアルでは、LoopBack Node.js APIフレームワークを使用して新規REST APIを作成し、IBM Cloud上のAPI Connectサービスを使用してAPIに管理、可視性、セキュリティー、速度制限を追加する方法について説明します。

チュートリアルにアクセスする (英語)

REST APIの作成、保護、管理のアーキテクチャー図

お客様事例

最新APIエコノミー事例特集

APIエコノミーで新規のお客様を開拓

事例特集を見る

企業同士が互いの強みを利用し合い、APIを活用して、新たなビジネス価値を創出しています。APIビジネス・ユースケースと成功例を、金融、情報サービス、製造業、小売業、交通など各産業に合わせてご紹介しています。

IBM API Connectのバージョン

API Connect Lite

IBM Cloud上の完全に管理されたAPI Connectインスタンスをプロビジョンします。Liteは開発者向けに設計されており、無料で提供されています。

API Connect Enterprise

Enterpriseは、API Connect Professional上に構築されており、企業レベルの環境での使用を目的としています。高度な分析機能が用意されており、DataPower® Gatewayが組み込まれています。

API Connect Test & Monitor

完全に自動化されており、コラボレーションを可能にし、企業向けに設計されている、強力なスタンドアロンのAPIテストおよび監視ソリューションです。コーディングは不要で、完全に無料で提供されています。

IBM API Connectをすぐに始める

IBM API Connectを使用してAPIライフサイクルを制御し、APIの検出、作成、公開、保護を実現しましょう。