モダン・アプリを作成するための、直観的でオープンな言語

エンドツーエンド開発に使用するために、Swift はかつてないほどにシンプルになりました。ローカル開発環境を希望する開発者は、IBM Bluemix 上で IBM Cloud Tools for Swift (ベータ) を使用して、人気のある Swift@IBM テクノロジーを活用できるようになりました。さらに、Linux 開発者は、データ提供および Systems of Record (SoR) 領域の最もパワフルな Linux プラットフォームである LinuxONE™ 上で、いま最も人気のある言語を利用できます。

Swift と Kitura

Swift と Kitura を使ってエンドツーエンド・アプリを作成

エンドツーエンド・アプリケーションの作成を開始し、作成したアプリを素早く OSX と Linux の両方に Kitura を使用してデプロイできます。Kitura は、パッケージ・ベースのモジュラー型 Web フレームワークであり HTTP サーバーです。Swift 言語で書かれたこのオープン・ソース・フレームワークは、コミュニティー・コラボレーションの基盤となります。Swift.org 開発者コミュニティーからは、Libdispatch、Foundation、Swift Package Manager などの最新テクノロジーが生まれています。

Swift と Kitura

IBM Swift パッケージ・カタログを使用して Swift のリソースを共有

コミュニティーで作成された、多くの新しい Swift のライブラリー、モジュール、パッケージがあります。IBM Swift Package Catalog を使用すると、開発者は、Swift.org で作成された Swift Package Manager の各ツールの利点を活用したパッケージを素早く活用できます。さっそく、独自のツールを作成し、成長しつつある Swift 開発者のコミュニティーでそれを共有しましょう。

IBM Cloud Tools for Swift

IBM Cloud Tools for Swift 向けの IBM Cloud サービスでデプロイを簡単に

クライアント・サイド・コードとサーバー・サイド・コードの両方にわたる Swift アプリケーションの作成に興味がある開発者の場合、IBM の最新ツールが、サーバー・サイド・アセットの管理とデプロイメントの簡素化に役立ちます。IBM Bluemix 上で現在使用可能な IBM Cloud Tools for Swift (ベータ) を使用して、生産的な Xcode 環境を補足するローカル開発環境でモバイル・アプリを拡張し、それらを IBM Bluemix Cloud サービスに接続してください。

Swift@IBM devCenter

Swift@IBM devCenter とは

この IBM developerWorks devCenter には Swift@IBM に関するすべての情報が収集されており、IBM Swift エンジニアから寄せられた最新情報を見つけることができます。IBM は、クライアント・サイドの開発とサーバー・サイドの開発の間のバリアを壊すよう努力しています。新しい Package Catalog および LinuxOne のフィーチャーが見つかる IBM Swift Sandbox のホームで最新のニュース、資料、チュートリアルを探索し、簡素化されたエンドツーエンド開発のためのサーバー・サイド Swift の活用を始めましょう。

今すぐ Bluemix トライアルに登録

30 日間の無料トライアルに登録して、Web アプリやモバイル・アプリの構築を開始しましょう。