モダン・アプリを作成するための、直観的でオープンな言語

エンドツーエンド開発に使用するために、Swiftはかつてないほどにシンプルになりました。ローカル開発環境を希望する開発者は、IBM Cloud上でIBM Cloud Tools for Swift (ベータ)を使用して、人気のあるSwift@IBMテクノロジーを活用できるようになりました。さらに、Linux開発者は、データ提供およびSystems of Record (SoR)領域の最もパワフルなLinuxプラットフォームであるLinuxONE™上で、いま最も人気のある言語を利用できます。

SwiftとKitura

SwiftとKituraを使ってエンドツーエンド・アプリを作成

エンドツーエンド・アプリケーションの作成を開始し、作成したアプリを素早くOSXとLinuxの両方に Kituraを使用してデプロイできます。Kituraは、パッケージ・ベースのモジュラー型WebフレームワークでありHTTPサーバーです。Swift言語で書かれたこのオープン・ソース・フレームワークは、コミュニティー・コラボレーションの基盤となります。Swift.org開発者コミュニティーからは、Libdispatch、Foundation、Swift Package Managerなどの最新テクノロジーが生まれています。

SwiftとKitura

IBM Swiftパッケージ・カタログを使用してSwiftのリソースを共有

コミュニティーで作成された、多くの新しいSwiftのライブラリー、モジュール、パッケージがあります。IBM Swift Package Catalogを使用すると、開発者は、Swift.orgで作成されたSwift Package Managerの各ツールの利点を活用したパッケージを素早く活用できます。さっそく、独自のツールを作成し、成長しつつあるSwift開発者のコミュニティーでそれを共有しましょう。

IBM Cloud Tools for Swift

IBM Cloud Tools for Swift向けのIBM Cloudサービスでデプロイを簡単に

クライアント・サイド・コードとサーバー・サイド・コードの両方にわたるSwiftアプリケーションの作成に興味がある開発者の場合、IBMの最新ツールが、サーバー・サイド・アセットの管理とデプロイメントの簡素化に役立ちます。IBM Cloud上で現在使用可能なIBM Cloud Tools for Swift (ベータ)を使用して、生産的なXcode環境を補足するローカル開発環境でモバイル・アプリを拡張し、それらをIBM Cloudのサービスに接続してください。

Swift@IBM devCenter

Swift@IBM devCenterとは

このIBM developerWorks devCenterにはSwift@IBMに関するすべての情報が収集されており、IBM Swiftエンジニアから寄せられた最新情報を見つけることができます。IBMは、クライアント・サイドの開発とサーバー・サイドの開発の間のバリアを壊すよう努力しています。新しいPackage CatalogおよびLinuxOneのフィーチャーが見つかるIBM Swift Sandboxのホームで最新のニュース、資料、チュートリアルを探索し、簡素化されたエンドツーエンド開発のためのサーバー・サイドSwiftの活用を始めましょう。

今すぐIBM Cloudのライト・アカウントに登録

IBM Cloudライトに登録して、Webアプリやモバイル・アプリの構築を開始してみましょう。