スケーラブルなアプリとAPIをリリース

アプリケーション・ランタイムは、IBMが創設メンバーでありプラチナ・メンバーでもあるCloud FoundryをベースにしたIBM Cloudに基づいています。アプリケーション・ランタイムにより、コーディングにおけるビルドとデプロイはどんなサービスとも入念に連携できるので、信頼性の高い反復手法でアプリケーションの開発を迅速かつ一貫して実行できます。

高品質なコードを迅速にリリース

高品質なコードを迅速にリリース

ランタイムにより革新的なアイデアを少ない開発コストで迅速に市場に投入できるため、どんな企業も市場の変革に遅れずに対応したり、変革のリーダーになることができるようになります。

拡張が容易

拡張が容易

ランタイムはステートレスなプロセスをサポートし、アプリケーションの耐障害性と拡張性を促進します。またプラットフォーム・ロジックを使用することで、DevOpsサービスは勘だけに頼ったパフォーマンスや財務管理を排除できます。

一貫性あるデリバリー

一貫性あるデリバリー

Delivery PipelineやActive Deployを含む統合されたDevOpsツールを使用して、開発者は高品質な実動コードを自信を持って継続的に作成、テスト、配信できます。

多様なプログラミング言語に対応

IBM CloudにはJava、Node.js、PHP、Python、Ruby、Swift、Go向けのランタイムが含まれており、Cloud Foundryコミュニティー・ビルドパックも提供されています。DevOpsサービスと組み合わせると、アプリケーション・ランタイムで、繰り返し行われる開発プロセスの大半を自動化するデリバリー・パイプラインが可能になります。

耐障害性

ランタイムは開発中のアプリケーションをステートレス・プロセスとして利用します。ステートレス・プロセスは迅速な開始/停止、インスタンス障害時の迅速な複製、パフォーマンスの継続や向上が必要な場合の迅速な重複が可能です。

「サービス」によってアプリの機能を拡張する

ランタイムはアプリケーションをエンドポイントとしてIBM Cloudサービスとリンクし、関連するコールやデータの管理方法に関する情報をアプリケーション・インスタンスに提供します。実際、ランタイムはリンクされたすべてのリソースをこの方法で管理します。例: SDK、API (IBM Cloudサービスとして使用できるものでも、従来の企業からカスタム・サービスとして公開されたものでも)、アプリケーション自体(他のアプリケーションによりリソースとして使用される場合)。

今すぐIBM Cloudのライト・アカウントに登録

IBM Cloudライトに登録して、Webアプリやモバイル・アプリの構築を開始してみましょう。