Tape Storage

次世代テープ標準規格に準拠した新しいIBM LTO-8 テープ・ドライブ

記事をシェアする:

企業リーダーが自らの管理範囲にあるデータの扱い方は、その企業の指針と同義になりつつあります。重要なビジネスデータには、通常、顧客やパートナーに関する情報、従業員に関する個人情報などが含まれます。今では、情報の処理/分析/保管について広く議論されるようになっており、社内の経営会議や一般家庭でも話題に上がります。そして、懸念事項のリストの上位には、サイバーセキュリティーの課題解決に向けた戦略が挙げられています。これは、データが組織にとって本当に重要な資源であることを如実に表しています。

さまざまな業界において、セキュリティー対策の強化と重要な情報の保護を、65年以上も前に生み出された技術に今でも依存しています。テープ・ストレージが今でもデータ管理計画の一部を担っている理由として、次の項目が挙げられます。

  • コスト
  • 強力なセキュリティー機能
  • 継続した性能向上

物理的にロックされた状態に保つことができるメディアであることは、セキュリティー確保に効果的です。こうしたカートリッジのロックに加え、ユーザは、暗号化やWORM(Write-Once-Read-Many)機能によって、より高度なデータ保護レベルを実現できます。しかし、テープ技術者はこうしたセキュリティーの強化だけに満足している訳ではなく、継続的な性能向上を行っています。テープ・ストレージ評議会の最近のテープ産業報告書によれば、テープのデータ転送レートは2025年までにハードディスク・ドライブよりも5倍も高速になると予想されています。こうした予測は、モノのインターネット(IoT)やビッグデータ/アナリティクス、モバイルやソーシャル、ビデオ・ストリーミングにハイブリッド・クラウドに至る様々なシステムで生成されるデータをアーカイブする人々にとって、素晴らしいニュースです。

LTO-8 登場

本日、IBMはLinear Tape Open Ultrium 8 (LTO-8) テープ・ドライブを発表しました。LOT-8は、前世代よりも保存容量を倍増させ、データ・アクセス時間を20%短縮し、ギガバイトあたりのコストを50セント未満に抑えます。

ドイツで窓やドアを製造する世界トップ企業VEKA AGでサーバー・センターのマネージャーを務めるChristian Otte氏は、次のように述べています。「我々がセキュリティー要件を満たし、法規制に対応できるよう、IBMがテープ技術の性能向上に対して投資を継続することは、当社にとって重要なことです。テープに対するIBMの継続的なコミットメントは、これまで以上の価値を提供してくれます」。

IBM LTO-8テープ・ドライブは、2017年第4四半期にIBMの幅広いテープ・ストレージ・ソリューションで利用可能となります。IBM LTO-8は、LTO-7との互換性を維持しながら、AMEおよびAES256標準暗号化方式、データ・パーティショニング、セキュリティー・キー管理に対応しています。

新製品:IBM TS2280

65年を超えて続くIBMテープ・ストレージ

1952年に登場した業界初の磁気テープ・ドライブ「IBM 726」は、長年にわたりIBMの非常に有益なパンチカード事業に取って代わりました。その登場から、人の生涯に匹敵する時間が経過してもなお、IBMのテープ・メディアに対する取り組みに揺るぎはありません。それは、2017年8月にIBMとソニーが達成したテープ・ストレージの新記録樹立が証明しています。我々は、手のひらサイズのテープカートリッジ一巻に、最大330テラバイトの非圧縮データを保存する能力を実証して見せたのです。

データマネジメント研究所の会長でToigo Partners International LLCのマネッジング・プリンシパル・パートナーを務めるJon Toigo氏は、「テープ業界は、1社のドライブ・ベンダーとわずかなメディア・ベンダーに集約されています。こうした状況は、IBMをはじめとするテープ技術ベンダーが、ストレージ媒体に機能や価値をもたらさないのではないかとの警告も過去にはありました。しかし、最新のIBM発表からは、これまでになくLTOテープ技術の明るい未来を感じます」と述べています。

IBMテープ製品の詳細はこちらをご覧ください:IBM テープ・ストレージ


More Tape Storage stories

個人情報との戦い

コンプラ対策、機密情報管理、GDPR…データ検索に苦悩するエンジニア 「個人情報を含んだ画像と動画って、どうや […]

さらに読む

AI とビッグデータ、データ保護を加速するIBMストレージのイノベーションを発表

2019年7月10日、 IBM はAI とビッグデータ活用、データ保護の強化、ハイブリッド/マルチ・クラウド環 […]

さらに読む

データは増えども予算は増えぬ

情シス部あるあるコーラス   (情シス部Aさん)「空き容量がない~♪」 (情シス部Bさん)「ストレー […]

さらに読む