IBM Cloud Blog

コンテナとは何か

記事をシェアする:

マイクロサービスの基盤となるコンテナ

コンテナとは、アプリケーションの実行に必要なOSのライブラリやランタイムをアプリケーションと共にパッケージ化したものです。これにより開発・テスト・本番環境への簡単な移行や、高速起動・高速スケールを実現します。オンプレ環境とクラウドの双方向の展開も容易です。ビジネス・スピードやニーズの変化に対応できます。

  • 軽い:コンテナは秒単位で起動できます。
  • ポータブル:必要なコードセットをOSの違いを意識せずまとめる事ができます。
  • 効率が良い:仮想サーバーや物理サーバー上に同居できます。

 

デジタルトランスフォーメーションを遂げた先進企業では、クラウド活用とその特徴を活かしたコンテナ技術、そしてマイクロサービス開発手法が採用されています。また、コンテナ基盤としてはDocker、それを統合管理するKubernatesが主流となっています。

コンテナ採用の利点 TOP3

IBMはコンテナ採用の現状について調査を行いました(2017年調査)。この調査では、最も重要なソリューションと機能は何か、すぐに解決すべき重要な課題についてヒアリングを行い、コンテナ開発を採用することによってもたらされるビジネス上の利点についてまとめています。

59%59%

アプリケーションの品質の向上と、障害の削減

57%57%

アプリケーションのダウン時間の削減と関連するコストの削減

54%54%

従業員の生産性の向上

企業のためのコンテナ基盤を構築するIBM Cloud Private

IBM Cloud Private は、マイクロサービスを構築・展開するための、開発・DevOps・運用基盤です。
コンテナ(Docker)、Kubernetes、Cloud Foundry など主流となるオープン・テクノロジーを採用し、オンプレミス、プライベート、パブリック、マルチベンダーに渡るマルチクラウド環境で、クラウド・ネイティブな開発はもちろんアプリケションのモダナイゼーションにも対応します。まさに、企業のデジタルトランスフォーメーションを支える基盤です。
また、IBM Cloud Privateは、稼働するインフラを選びません。VMwareやOpenStack、IBM Cloudおよび他社クラウド、さらにIBM Power Systems(Linux)やIBM Z(Linux)までも対象です。
IBM Cloud Privateを利用することにより、これまでにないスピードでのアプリケーション開発や継続的メンテナンスを実現し、変化する市場や顧客ニーズへ柔軟に対応できます。

関連記事


IBMにご相談ください

More IBM Cloud Blog stories

信頼できるAIを実現するWatson OpenScaleの始め方③

IBM Cloud Blog

前回はWatson OpenScaleのインスタンスを作成し、モデルのモニタリングの設定を行いました。今回はデ ...続きを読む


信頼できるAIを実現するWatson OpenScaleの始め方②

IBM Cloud Blog

前回は信用リスクモデルを稼働させるところまでを実施しました。今回はWatson OpenScaleのインスタン ...続きを読む


リソース不⾜への対策

IBM Cloud Blog

業務・IT環境・運用管理、それぞれのリソース不足に最適な解決策と事例 「リソース不足」という難儀な言葉は、いた ...続きを読む