さまざまな種類のビジネスで可観測性はどのように機能するか?
テクノロジー都市デザイン
04: ユースケース

オブザーバビリティーのメリット

全体として、オブザーバビリティーにより、システムの機能の可視性が向上するため、IT システムの理解、監視、更新、修復が容易になります。しかし、オブザーバビリティーにはさらに、より個別的なメリットがある:

オブザーバビリティーを組織全体にアピールするには?

すべての章を表示

オブザーバビリティー ツールは、あなたが決して知らなかった、または探すことを考えていなかった状態を発見し、特定のパフォーマンス問題との関係を追跡して、根本原因を特定するためのコンテキストを提供し、解決を迅速化します。さらに、一元化された視覚化ダッシュボードを通じて提供される直感的なオンデマンド レポートを備えたオブザーバビリティー プラットフォームにより、ユーザーは簡単にインサイトを抽出し、データに基づいた意思決定を行うことができます。

ソフトウェア開発プロセスの初期段階におけるオブザーバビリティーにより、DevOpsチームは、エンドユーザーエクスペリエンスに影響を与えるほどアプリケーションライフサイクルが進む前に、新しいコードの問題を特定して修正できます。

スケールアップするにつれて、オブザーバビリティーは引き続きメリットをもたらします。たとえば、Kubernetes クラスター構成の一部としてインストルメンテーションとデータ集約を指定し、スピンアップの瞬間からスピンダウンするまでテレメトリーの収集を開始できます。

AIOps、機械学習、オートメーションと組み合わせることで、オブザーバビリティーはシステム出力に基づいて問題を予測し、手動介入なしで問題を解決できます。つまり、自己修復アプリケーション インフラストラクチャです。このような機能により、ダウンタイム、機能停止、障害点が最小限に抑えられ、DevOps や他のチームの時間が解放され、全体的な IT 効率が向上します。

これらのメリットにより、次のユースケースが示すように、オブザーバビリティーはさまざまなビジネス分野にわたって重要なツールです。

ExaVault Inc.

 

オブザーバビリティー ツールを通じて数十億のミッションクリティカルなファイル転送を最適化します。

ExaVault のソフトウェア ソリューションは、Disney、Adobe、Xerox、Zillow などの顧客向けに年間 20 億件のファイル転送を促進します。このようなクライアントの場合、たとえ 1 秒のダウンタイムでも、データ転送の双方の当事者が、ビジネス上の意思決定に必要な重要なデータが突然不足していることに気づく可能性があります。CEO(最高経営責任者) のデイヴィット オーダル氏は、「当社が倒産すると、顧客は損失を被り始める」と説明しています。

IBM Instana® を実装することで、ExaVaultはAPIのパフォーマンスを監視し、エラー・トラッキング、デバッグ、アラートを実行できるようになりました。この高速で使いやすい可視性により、MTTR を 56.6% 削減し、99.99% の可用性を実現しました。

 

ExaVaultのストーリー全文を読む

PathMotion社

 

観察可能なマイクロサービスとコンテナー リソースのおかげで、潜在的な雇用者と雇用主を結びつけます。

クラウドベースの人材獲得および雇用主ブランディングのプラットフォームである PathMotion は、オンプレミスのモノリシック アプリケーションをモダナイズしてクラウドに移行するときに、オブザーバビリティーへの取り組みを開始しました。同社は、コンテナ化されたマイクロサービスの新たな速度と複雑さに対応できる、同様に最新のオブザーバビリティーおよび監視ソリューションを必要としていました。

Instana を実装することにより、PathMotion は、マイクロサービス アーキテクチャと、Kubernetes などのコンテナ オーケストレーション プラットフォーム上で実行されるソフトウェアのパフォーマンスを自動的に視覚化し、監視する機能を獲得しました。これにより、同社は仮想マシンの 10% を削除し、より多くのリソースを他の場所にデプロイすると同時に、リソースが圧迫された場合の警告を設定することができました。

 「マイクロサービスの通信状況を測定する機能と、プラットフォーム内のあらゆるコンポーネント間の接続パフォーマンスを理解できる機能があり、非常に重宝しています。」
-メフディ・マフフーディ
DevOps エンジニア、PathMotion

PathMotion の全文を読む

Rebendo AB社

 

オブザーバビリティーのリアルタイムの可視性により、未知のシステムの問題を解読します。

パフォーマンス管理ソリューションの開発者であるRebendo AB社は、オーダーメイドの詳細なダッシュボードの作成に特化した企業で、社内ITやネットワーク運用の可視性向上に貢献しています。しかし、同社のクライアントの多くは、IT の問題に直面しているものの、その原因を特定できないという問題を報告していました。

その結果、Rebendo は 2021 年初めに、アプリケーション プロセスの包括的なリアルタイム監視を提供し、よりスムーズなオペレーションを促進する新しいサービス Rebendo Insight を開始しました。この新しいソリューションで提供される集中管理ダッシュボードに加えて、 IBM Instana のクラウド・エンジンを利用することで、ユーザーはアプリケーションやサービスの問題をリアルタイムで監視、モニタリング、解決できます。

Rebendo Insight が提供するリアルタイム監視は、効率の向上と問題解決の迅速化を促進し、このインサイトの粒度 (毎秒更新) により、Rebendo は競合他社に対して重要な優位性を得ることができます。

Rebendo の全文を読む

Devereux Advanced Behavioral Health社

 

システムのインサイトを向上させ、全国的な行動ヘルスケアの信頼性を高めます。

進化し続ける行動ヘルスケアの分野で、サービス、インサイト、リーダーシップを提供する全米最大級の非営利団体として、Devereux Advanced Behavioral Health(デヴリュー・アドバンスト・ビヘイビアル・ヘルス)は、感情的、行動的、認知的な違いを抱えて生きる人々を支援する医師、教育者、その他のプロバイダーからなるチーム間の継続的な情報共有と協力に依存している。

そのため、インシデント・トラッキングと電子カルテ(EHR)システムに対する課題に直面したとき、Devereux は IBM SevOne® Network Performance Managementソフトウェアを導入して、システムに対するインサイトを高め、より高い信頼性を確保しました。これにより、エンドユーザーに影響が及ぶ前に約 40% の問題を事前に検出できるようになり、SAN 容量の問題ごとに 3 時間のダウンタイムが節約されました。

「以前は、何が問題だったのかを解明するのにかなりの時間が費やされていました。根本的な原因の発見にエネルギーが費やされたため、機会が失われていました。今、私たちはより多くのインサイトを得ています。」
-トム・シュラー
Devereux Advanced Behavioral Health、情報リソース担当副社長

次の章

 

組織全体に対して、どのようにオブザーバビリティーをアピールできるかを学びましょう。

第5章を読む
第1章:オブザーバビリティーとは何か、なぜそれが重要なのか? 第2章:オブザーバビリティーへの取り組みを始めるためにできる3つのこととは? 第3章:組織にとってのオブザーバビリティーの価値は何ですか? 第5章:可観測性を組織全体にアピールするには? 第6章:オブザーバビリティーを実現するために、IBMは何を提供していますか?