概要

Maximoは、保守資源を集中させ、計画外のダウン時間を減らし、運用効率を高めるための洞察をモノのインターネット(IoT)から引き出すことができます。資産の使用状況をほぼリアルタイムで可視化し、設備の耐用年数を延長して資産の利益を向上させ、新規購入を延期できます。さらに、複数のサイトにまたがっている広範な企業向け資産管理機能のプロセスを統一できます。

ダウン時間を5~20%削減

資産の可用性、信頼性、使用状況全体の運用を改善します。 ダウン時間と保守資材コストの両方の最大20%の削減がお客様から報告されています。

人件費の使用効率を10~20%向上

長期と短期の計画、予防保守、対応保守、条件に基づく保守、従業員管理、リソースの最適化、パフォーマンス指標などの作業を集中管理します。

在庫の必要性を20~30%縮小

過剰な在庫や古い在庫を減らします。保守要求に正確に対応するために、在庫を計画して契約に関するベンダー関係を管理します。

資産の使用率を3~5%向上

単一システムから資産の配置、仕様、状態、調整、コスト計算を追跡して管理します。

主要な機能

  • 資産管理
  • 調達と資産管理
  • クラウドの柔軟性
  • 資産の正常性を正確に把握
  • サービス管理
  • 作業管理
  • 契約管理
  • 高度なスケジュール
  • すべてのモバイル端末からアクセス

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

お客様のニーズに最適なプランをご提案

  • 評価版:Maximo SaaS


    受賞歴のあるMaximo Enterprise Asset Management SaaSの無料評価版:Maximo Schedulerを使用したIBM CloudホスティングSaaSマルチテナント・ソリューション。

  • Maximo SaaS


    Maximo Enterprise Asset Management SaaS:Maximo Schedulerを使用したIBM CloudホスティングSaaSマルチテナント・ソリューション。

  • Maximo SaaS専用


    Maximo Enterprise Asset Management on Cloud Flex:資産管理のためのビジネス・プロセスの実行を自動化するIBM Cloudホスティング専用単一テナント・ソリューション。

  • Maximo(オンプレミス)


    Maximo Enterprise Asset Management(オンプレミス):市場トップ・クラスの生産性向上ツールとデータベースの統合により、単一のソフトウェア・プラットフォームですべての資産を管理。

仕組みを見る

購入・お問い合わせ