IBM Maximo Application Suiteを使用した資産検査
リアルタイム・データと人工知能を活用したシームレスで自動化された資産検査により、検査プロセスを簡素化します。
製品ツアーはこちら 動画を見る(2分3秒)
ドローンによる目視検査中の吊り橋のイラスト
よりスマートな資産管理を実現する自動化された目視検査プロセス

ビジネス・クリティカルな資産や機器を扱う場合、業務をスムーズに進めるためにはリモートおよび現場での検査が不可欠です。しかし、企業が数百、場合によっては数千もの資産を運用している場合は、検査プロセスを簡素化して自動化する必要があります。

IBM Maximo® Application Suiteは、直感的な人工知能ビジョン・モデルのトレーニングやモバイル・アプリ機能といったデジタル・ソリューションを、モジュール式のクラウド・ベース・ソフトウェア・ソリューションに組み込んだものであり、技術者が重要な検査に対処して、保守、安全性、コンプライアンスの要件を満たすのを支援します。

実現できること
資産検査ワークフローを最適化 カスタマイズ可能なデジタル化されたチェックリストと標準化された検査フォームにより、データ収集と検査機能を簡素化します。時間のかかる手作業を最小限に抑えながら、スケジュール、割り当て、通知を自動化することで価値を高めます。 目視検査ソフトウェアの詳細はこちら IBM Maximo Visual Inspectionソリューションの概要を読む

現場の検査データをリアルタイムで取得 インテリジェントな資産管理のパワーが運用エコシステム全体に得られるため、クラウド・ベースの検査アプリを利用してiOSモバイル・デバイスから直接、画像や動画を取得できます。 これにより、外出先での検査、リアルタイムのデータ収集、および複数のユーザーにわたる可視化が可能になります。 モバイルEAM機能の詳細はこちら IBM Maximo Mobileソリューションの概要を読む

資産と機器の検査を自動化 資産検査ソフトウェアを使用し、ローコード環境でAIを活用した機能と高度な分析を利用することで、資産と製品の欠陥、異常、または逸脱を簡単に特定します。情報に基づいた意思決定により、生産性を向上させ、ダウンタイムを迅速かつ正確に削減します。 品質検査の課題を発見
メリット 初回修正率を高め、停止を防ぐ

目視検査ソフトウェアのパワーをモバイル・デバイスに拡張することで、技術者の生産性を向上させ、ダウンタイムを削減し、資産のライフサイクルを延長します。

高度な資産検査ソフトウェア機能により、より優れたMTTRを達成

汎用検査アプリでAIと人間による遠隔支援を利用して、現場の技術者に適切な情報や指標を提供します。

リアルタイム・データで真のモバイル・ネイティブ・エクスペリエンスを実現

検査管理ソフトウェアで提供されている画像取得、バーコードのスキャン、音声からテキストへの変換、GPS位置情報などのネイティブ機能により、作業効率が向上します。

お客様事例 人工知能を利用してインフラストラクチャーのリスクを軽減

Sund&BaeltはIBMと提携することで、検査作業の自動化によって品質を向上させながら検査コストを削減する、人工知能を活用したIoTソリューションを開発しました。

AIを活用した製造システムによるインダストリー4.0

Advanced Manufacturing Research Centerは、IBM Maximoを利用することで、インテリジェントな目視検査システムの迅速な開発を支援しました。

すべてのお客様事例はこちら
関連するユースケース 資産パフォーマンス管理

AIを活用した遠隔資産監視、資産の正常性、予知保全によって、運用、品質、保守の各チームを強化します。

メンテナンス管理

自動化、モビリティー、IoTデータ、AIを活用したメンテナンス戦略により、アップタイムの向上と効率的な運用を体験できます。

サステナビリティー

IBM® Maximo® Application SuiteでデータとAIの力を活用し、資産管理にサステナビリティーを組み込みます。

次のステップ

まずは、製品ツアーをお試しください。または、IBMのエキスパートによるデモを予約して、お客様の組織がMaximo Application Suiteから得られるメリットをご確認ください。

製品ツアーはこちら