企業資産の維持管理と運用に関する洞察

IBM Maximo®は、パフォーマンスを最適化し、資産ライフサイクルを延ばし、運用時のダウンタイムとコストを低減します。このツールを使用すれば、OTリーダーとITリーダーは価値の高い企業資産の運用を、全社規模で可視化し、管理できます。全社規模の運用を調達から契約管理に至るまで合理化し、サブスクリプション・モデルでの管理が可能です。場所を問わずあらゆるタイプの企業資産を保守し、新しい資産を迅速にセットアップし、エンタープライズ・アセット・マネジメント(EAM)ソフトウェアを自動的にアップグレードできます。これにより、連続稼働、コスト削減、リスク最小化を実現します。

主なメリット:

  • 運用の向上
  • 資産情報と在庫の管理
  • 資産の耐用年数の延命
  • 保全作業プロセスの最適化
  • 資産管理プロセスの統合

最適なデプロイメント・モデルを選択

Maximo Software as a Service

数時間で稼働状態になり、すべてのサービスが自動で管理されます。柔軟性と拡張性が高く、オンデマンドでの新規インスタンスのデプロイ、アップタイム向上、コスト削減、リスク最小化を実現します。

専用Maximo Software as a Service

スケーラビリティーとセキュリティー面のメリットに加え、専用プライベート・クラウド環境のシンプルさと利便性も備えています。IBMクラウド・デリバリー・サービスによってデプロイされます。

Maximo(オンプレミス)

コスト管理に役立つ柔軟なライセンスを使用して、お客様管理の既存ITインフラ上でMaximoソフトウェアを実行できます。

直観的な先進のユーザー・エクスペリエンス

Maximoの実例を見る