高いビジネス価値を生み出すインテリジェントな植生管理

資産の信頼性と可用性を向上

IBM Maximo® APM for Energy and Utilitiesには、オープンで統合されたプラットフォームと分析ツールが組み込まれており、資産とネットワークのパフォーマンスについての詳細情報を把握できます。

APM for Energy and Utilitiesの主な機能

  • エネルギーおよび電力/ガスの規格に合わせて調整された、事前作成のデータ・モデルとダッシュボード
  • 現在と過去の運用データを集約して分析し、資産の正常性を視覚化
  • リスク・エクスポージャーの判別に役立つスコア・モデル 
  • 気象およびコグニティブのAPI
  • 風力発電資産の詳しい履歴分析とリアルタイム分析

→ソリューション概要を読む(PDF: 335KB)

Maximo APM for Energy and Utilitiesの主な利点

保守の手法と計画を改善

過去のデータとリアルタイム・データを分析して、資産の正常性のモニター、差し迫った障害の警告、保守手順とスケジュールの計画を行います。

グリッドに対するリスクと影響を素早く評価

リスク・エクスポージャー分析を使用して、グリッド操作のコンテキストで情報を取得します。資産パフォーマンス・データを集約して分析することにより、グリッドに対する潜在的な影響を計算します。

運用のコンテキストに沿った資産の理解

関連資産と運用データを通じて、ネットワーク内の個々の資産のパフォーマンスを把握します。

保守と交換の優先順位付け

運用、保守、財務の担当者が、保守のスケジューリング、資産の交換、およびインフラストラクチャーへの投資に関してスマートな意思決定を行えるようにします。

ウィンド・ファームの運用の最適化

風力タービンや風力発電機に関する過去、現在、将来に関する洞察を報告し、気象データをオプションで取り込んでパフォーマンスを最適化します。

お客様導入事例

コネクティビティ・モデルにより、手動の検査を回避

特許取得済の線形分析アルゴリズムは、90%を超える統計的確信度を実現しています。このアルゴリズムはスマート・メーターのデータを活用して、どのメーターが電気のどの相に接続されているかを特定し、保全要員を現場まで派遣しなくても問題のある資産に対応するように推奨することができます。

webページでの地図分析

ウィンド・ファームのパフォーマンスと最適化

Wind360は気象などの履歴データとリアルタイム・データを使用して、ウィンド・ファームの資産状況をリアルタイムで認識することができます。風速、ブレード、ピッチ角、振動、ヨー速度、発電量、風向をモニターします。差し迫った資産障害を事前に警告します。

分析のタービン内部のインフォグラフィック

お客様の声

エネルギー分配のためのIoT