IBM Maximo Application Suiteによるエネルギー・公益事業の資産管理
完全な運用スイートで資産管理戦略を改善し、エネルギーと公益事業のためのHSEアプリケーションでパフォーマンスを最適化
デモの予約 IDCのE&Uレポートを読む
IBM Maximo Application Suiteによるエネルギー・公益事業の資産管理を表すグラフィック・イラスト
効率的で信頼性が高く、持続可能な公益事業の運営を実現

エネルギー・公益事業(E&U)各社は、インフラストラクチャーの老朽化、従業員の定年退職、新しい分散型エネルギー資源からの断続的で予測不可能な出力など、手頃で信頼性が高く、持続可能なエネルギーを顧客に提供するためのさまざまな課題に直面しています。  
IBM Maximo Application Suite(MAS)は、これらの課題の解決に役立つ、AIとIoTを活用した単一の統合ソリューションです。インテリジェントな資産管理、予知保全、監視、コンピューター・ビジョン、安全性、モバイル・ツールに関する業界のベスト・プラクティスを提供し、運用全体を見渡せる一元化されたビューとシームレスなワークフローを提供します。MASは、組織が運用リスクを軽減し、資産の可用性を高め、計画外のダウンタイムと不要な定期保守の最小化に役立ちます。この短いデモでは、IBM Maximo Health and Predict - Utilitiesを使用して、より信頼性の高いエネルギー・グリッドを構築するために、信頼性エンジニアリングがカスタマイズ可能なダッシュボードに基づく事前構築済みの健全性評価手法と、簡単な作業指示書の送信をどのように活用しているかを説明します。

エンタープライズ・アセット・マネジメント(EAM)ガイドを読む
実現できること
Maximo Utilities 安全で中断のないサービスを提供 IBM Maximo Utilitiesは、ガスの輸配送および電力の送配電、発電、水処理、廃水処理のための包括的な業務・資産管理ソリューションを提供します。資産を一元管理することで、公益事業のインフラストラクチャーの寿命を延ばし、運用コストを削減できます。

Health and Predict AIで資産を最適化 IBM Maximo Health and Predict - Utilitiesは、データとAIを活用し、過去と現在の資産の正常性とリスク予測に基づいて保守と交換に関するよりスマートな意思決定を行い、資産の可用性を高めることで、電力/ガス会社向けにすぐに使える資産パフォーマンス管理機能を提供します。 ソリューション概要を読む(463 KB)

外観検査 品質と検査の専門家を支援 IBM Maximo Visual Inspectionは、AI、コンピューター・ビジョン・テクノロジーや、ドローン、UAV、ヘリコプターなどのソースから取り込まれたデータを使用し、実地検査よりも低いコストとリスクで、重要なインフラストラクチャーの識別、クラス分け、処理を行います。AIエンジンで資産の異常を検査し、修理、交換、実地検査などの次善策を示すフラグを立てます。 IBM Maximo Visual Inspectionの詳細はこちら
Maximo Mobile いつでもどこでも資産を管理 タブレット、スマートフォン、モバイルへの移行により、公益事業分野の従業員は、人材と資産のデータを全社規模で活用して故障のトラブルシューティングと対処を行い、現場でより多くを達成できるようになっています。Maximo Mobileは、簡単な導入で送配電、発電、ガス、上下水処理、車両群や施設などの資産のオペレーショナル・データを現場技術者に提供するプラットフォームです。
メリット 保守と交換を優先順位付け

運用、保守、財務の各担当者が保守スケジュール設定、資産交換、新しいインフラストラクチャーへの投資についてよりスマートな意思決定を行えるようにします。

保守計画を改善

過去データとリアルタイム・データの収集と分析で資産の正常性を判断し、差し迫った障害を予測し、状態基準の保守とスケジュール設定を計画します。

サステナビリティーの慣行を強化

資産管理全体の効率を高めて、エネルギーと水の効率、廃棄物管理、環境管理を改善しながら公益事業インフラストラクチャーの堅牢性を向上させます。

業界のベスト・プラクティスを採用

ガスの輸配送および電力の送配電、発電、水処理、廃水処理の組み込みデータ・モデル、ワークフロー、プロセスを使用して運用を迅速に開始します。

お客様事例 VPI社:保守管理の活用でネット・ゼロを達成
天然ガスプロバイダー最大手の一角をなすVPI社は、IBM Maximoソフトウェアでネット・ゼロへの道を切り開いています。
Bruce Power社:データとAIでエネルギーを変革
Bruce Power社は、IBM Maximo for Nuclear Powerエンタープライズ資産管理プラットフォームの活用で信頼性、効率、安全性を向上させています。
東京電力リニューアブルパワー社
160カ所以上に点在する水力発電所を横断した設備保全のPDCAサイクルを支える統合設備管理基盤を構築。現在は、「発電所の作業停止を極小化する」ことを目標に、データの収集・蓄積、活用を推進しています。
中部電力パワーグリッド株式会社
配電領域へ統合設備管理パッケージを業界初導入。配電部門における設備情報、巡視・点検情報などをマスターデータとして一元管理する統合設備管理システム基盤をパッケージベースで構築し、膨大な配電設備への投資を最適化するための環境を実現します。
海外エネルギー・公益事業お客様事例5選
基幹システムや電力取引、系統計画、樹木管理などに関する海外送配電事業者様の5つのDX事例をご紹介します。
すべてのお客様事例はこちら
次のステップ

製品ツアーを開始するか、IBMのエキスパートへの相談を予約して、組織がMaximo Application Suiteから得られるメリットをご確認ください。

製品ツアーはこちら