メインフレームとは

メインフレームとは、最高レベルの安全性と信頼性で、1日あたり最大1兆件のWebトランザクションを処理するよう設計されたデータ・サーバーのことです。

黒の地柄と多くの六角形の画像の組み合わせ

メインフレームはコンピューター

根本的には、 メインフレーム は数十億件の簡単な計算やトランザクションをリアルタイムで処理する大量のメモリーとプロセッサーを装備した、高性能コンピューターです。 メインフレームは、高い レジリエンシー、 セキュリティー、  俊敏性を必要とする商用データベース、トランザクション・サーバー、アプリケーションに不可欠です。


メインフレームの仕組み

IBM®のメインフレームは、以下を行うよう独自に設計されています。

  •  Linux®のような一般的なオペレーティング・システムや、 z/OS®のような特殊なオペレーティング・システム とともに、独自のハードウェア機能を利用する ソフトウェア を実行する。
  • 大量のトランザクションを 同時にサポートし、 需要に応じて容量(入出力)を拡大し、組み込みメモリーを装備してアプリケーションとの直接コミュニケーションを可能にする。
  • 標準装備の暗号カードと革新的なソフトウェアにより最高レベルの セキュリティー を提供する。最新の IBM Z®システム は、1日あたり最大1兆件の安全なWebトランザクションを実行し、ポリシーに従ってプライバシーを管理します。
  • すべてのコンポーネント(電源、冷却装置、バックアップ・バッテリー、CPU、入出力コンポーネント、暗号モジュール)に複数の冗長性を装備し、過酷な気象条件に対するテストを実施することで、 レジリエンシー を提供する。

メインフレームの外観

現在のメインフレームは、「ビッグ・アイアン」と呼ばれていた初期の高速大型コンピューターよりはるかに小さくなりました。 最新のメインフレームは、データセンター内の他のプラットフォームと同様、標準の19インチ・ラックにフィットします。 1台のIBM z15™シングル・フレーム・システムに必要な床面積は、同じワークロードとスループットを実行するx86 2Uサーバよりも75%少なく、また電気消費量も40%削減されます。


メインフレームの新着情報と次のステップ

メインフレームの核となる設計価値は常に信頼性、拡張性、互換性、セキュリティーにあります。

今日のメインフレームは、次のレベルのデータ・プライバシー、エンタープライズ・セキュリティー、サイバー・レジリエンシーと、これらすべてをハイブリッドクラウドを介して提供することを念頭に置いて設計されています。


メインフレーム・ソリューション

メインフレーム・ソフトウェア

開発の簡素化、クラウドに対応するためのモダナイズ、運用の迅速化などを実現します。

メインフレーム・ストレージ

エンドツーエンドのサイバー・レジリエンシーを備えた多層ソリューションをご覧ください。

メインフレーム・サーバー・ソリューション

AIから安全なクラウドやDevOpsに至るまで、メインフレームで何が可能になるのかをご覧ください。