バーチャル・イベント 期間限定公開中

IBM IT Infrastructure Virtual Event

限定公開期間:2020年8月31日(月曜日)18時まで(無料/登録制)

ニューノーマル時代も見据えたビジネス変革を加速するIT基盤構築のためのIBMソリューションを一挙にご紹介!株式会社SUBARU 辻 裕里 氏との対談や弊社技術専門家によるパネル・ディスカッションなど充実した内容を期間限定で、オンデマンドでご視聴いただけます。

IBM FlashSystem ファミリー:シンプルなハイブリッドクラウド・ストレージ環境を実現するフラッシュ・ストレージ

新しいIBM FlashSystemファミリーは、ハイブリッドクラウドにおけるストレージ環境の複雑さを排除したシンプルな運用管理を可能にします。一連のソフトウェア、ツール、APIが統合されており、IBM独自技術がもたらすパフォーマンスや高度なセキュリティーが特長です。エンタープライズ・クラスので必要とされるあらゆる機能、性能を提供します。


IBM オールフラッシュ・ストレージのメリット

高度なセキュリティー

複雑化、高度化するセキュリティー脅威や不測な事態に向け、データ暗号化、バックアップとリカバリー、災害対策といった最も重要なビジネス資産である企業データを守りぬく幅広い機能を提供します。

シンプルな運用管理

オンプレミスやクラウド上にある複数のストレージを一括管理します。効率的なストレージ活用により、運用負荷やコストを大幅に削減するとともに、AIによる予兆分析で障害を未然に防止することも可能です。

大量データの高速処理

高性能な最新アプリケーションが求める極めて厳しい要件をも満たすように設計されており、IBMの独自技術を含む最新テクノロジーで、超低遅延、優れた経済性や信頼性を実現します。

クラウド間でのシームレスなデータ連携

オンプレミスとパブリッククラウド間でのシームレスなデータ連携が実現。オンプレミスと同様の運用管理、機能をクラウド環境でも提供することで、ハイブリッドクラウド環境でのデータ利活用が促進できます。


オールフラッシュ・ストレージの仮想化

マルチ・ベンダー環境を管理し、ワークロードを統合

NVMeおよびマルチクラウド対応の超高スループット・ストレージ・システム

IBMによって実装される、検証済みのシステムです。比類なきNVMeのパフォーマンス、SCMとIBM FlashCoreのテクノロジー、IBM Spectrum Virtualizeの豊富な機能により、最も要求の厳しいワークロードをサポートできます

重要なワークロードをサポートするエンドツーエンドNVMeとマルチクラウド

オールフラッシュのパフォーマンスやフラッシュ・アクセラレーションを実現する、SCM対応のNVMeのパフォーマンス、IBM FlashCoreテクノロジーの信頼性と革新的な技術、そしてIBM Spectrum Virtualizeの豊富な機能のすべてを、強力な2Uストレージ・システムで提供します。

NVMeにより加速されたマルチクラウド対応のフラッシュ・アレイ

フラッシュとNVMeのパフォーマンスを、IBM FlashCoreの信頼性や革新的技術、さらにはIBM Spectrum Virtualizeの豊富な機能と組み合わせることで、企業向けのミッドレンジ・ストレージを必要とするお客様に、ハイエンドの機能を提供します。

エントリー・レベルの企業向けNVMeオールフラッシュ・ストレージ

NVMeのエンドツーエンド機能とフラッシュのパフォーマンスを、手頃な価格にてFlashSystem 5100が実現します。

エントリー・レベルの企業向けNVMeオールフラッシュ・ストレージ

手頃な価格やパフォーマンスを妥協することなく、企業レベルの機能を提供するように設計された、エントリー・レベルの企業向け フラッシュ・ストレージ・ソリューション。


パフォーマンスの最適化

企業全体で最も重要なアプリケーションの要求をサポート

基幹業務向け

ハイブリッド・マルチクラウド・ソリューション全体に次世代レベルのパフォーマンス、データ保護、回復力、可用性をもたらし、複雑なIT環境と新しいアプリケーションをサポートします。

ファイルとオブジェクトをスケールアウト

IBM POWER8およびストレージ・エンクロージャーとIBM Spectrumを組み合わせたシステムでデータ・サイロを排除することにより、パフォーマンスを最適化、AIと分析機能を拡張します。

AIおよびビッグデータ向けに設計

分析用のデータを管理する良い方法があります。AIおよびビッグデータのワークロード、アプリケーション、データサイエンス・チーム向けの先進的なストレージ・ソリューションを簡単に導入できます。

コンバージド・インフラストラクチャー

IBMとCiscoが共同開発したVersaStackは、コンピューティング、ネットワーク、ストレージのリソースを、統合、テスト、検証が行われたアーキテクチャーに結合して、ITを簡素化します。


ストレージの運用負荷を軽減し、安定したサービス提供基盤を構築

占いコンテンツを提供するザッパラスは、IBMの最新オールフラッシュ・ストレージを導入し、接続形態をiSCSIに統一して、シンプルで柔軟な運用を実現しました。AIによる運用支援SaaSサービスも活用して、ストレージ環境の最適化を図り、運用負荷の軽減を実現しました。IBMの最新ストレージと運用支援サービスを選んだポイントとは


私たちはIBMストレージ・ソリューションを長年使用しており、大きな成果を挙げてきました。アプリケーションを24時間365日スムーズに実行し続けるために必要な機能とサポートをIBMが提供できると確信していました。

Terje K. Nilsen氏, ICTコンサルタント, Fosen IKT社


NVMeについての詳細を読む

NVMeは、データ転送を高速化するストレージ・プロトコルです。 NVMeは、特にSAN Bタイプのプラットフォームの場合に、Flashストレージを驚異の速さで機能させることができます。

NVMeがリスクを軽減し、サーバーのCPU使用率とROIを向上させ、お客様の高価値のデータ資産を保護する方法についての詳細は、「誰にでもわかるNVMe over Fibre Channel」を参照してください。

参考情報

AIでストレージ運用を飛躍的に効率化

「IBM Storage Insights」はストレージ 運用管理のコストや負荷、障害発生を劇的に削減します。
「ストレージ運用のあるある」の課題をAIで解決するSaaSソリューションの特徴や機能をデモをご覧ください。

AI・ビッグデータ向けデータ基盤を語る会

AI・ビッグデータを活用するために最適なデータ基盤とは?データ活用の課題や、その解決策の最新動向について洞察します。

IBM Systems Japan blog

ITインフラのリーダーやテクノロジー選定に携わる皆様の参考となる情報をご提供しています。

最新情報はブログも合わせてご覧ください