メリット

ハイブリッドクラウドの簡素化

オンプレミスとパブリッククラウドの連携において、シームレスなデータ連携を実現。ハイブリッドクラウドにおけるストレージの複雑さを軽減します。

AIとデータ活用

大量データの学習および推論の高速処理と優れた拡張性を実現するデータ基盤の構築を実現。AIとデータの活用における効率化を実現します。

データ保護と事業継続

サイバー攻撃や自然災害など、不測な事態に備えて必要不可欠なデータのバックアップ。コスト効率性を高めながらデータの安全性、事業継続性を確保します。

ソリューション

ハイブリッドクラウド

コンテナ環境に対応し、オンプレミスとパブリッククラウドの連携において、データの最適な配置を実現。ハイブリッドクラウドにおけるストレージ運用の複雑さを軽減。

AIとデータ活用

データから深い洞察と価値を獲得するために、AIへの移行におけるさまざまな段階向けに最適化されたソリューションを、簡素化されたインフラストラクチャーで提供。

ストレージ仮想化

異機種混合環境のストレージ管理を一元化し、容量の可視化を実現するとともに、仮想化統合によって、既存のストレージを最新化。

プライベートクラウド

信頼性の高い方法でインフラストラクチャーを最新化して、強力、俊敏、安全なプライベートクラウドへの移行と促進。

メインフレーム

エンドツーエンドのサイバー・レジリエンスと緊密に統合。セキュリティー脅威と複雑なリスクから、システムを保護。

IBM Cloud Paksとコンテナ

コンテナ向けに永続的ストレージを提供して、データを保護。

「自社の要件にはどの製品が向いている?」「他社製品との違いは?費用はどれぐらいかかるの?」 お客様の上記のような疑問にお答えいたします。

お客様ご相談窓口

納期やお客様の要件に合わせた構成、ソリューションについてもご相談可能です。
ストレージ活用のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

次のステップ

IBM Storageの最新情報はブログも合わせてご覧ください。