日本IBMの取り組み

IBM Community Japan

IBM Community Japan

IBM Community Japan

「未来を創るテクノロジーで豊かな社会を実現する」ために、共に成長していくオープンコミュニティーです。

SkillsBuild

パソコンに向かう女性

SkillsBuild

SkillsBuildは、これまでの経歴や教育、人生経験にかかわらず、ビジネスに必要なスキルやIT基礎知識、IT専門知識といった今の社会で需要の高いスキルを習得し、よりよい就労への道を拓くことを支援するIBM発の社会貢献プログラムです。

P-TECH

PTECH

P-TECH

この新しい教育モデルは、100校以上の学校で「サービス産業」のキャリアが身につくよう学生を育成しています。

IBM社員の紹介

真ん中に手を寄せ合うIBM社員のグループ

IBM社員の紹介

IBMの最大の資産はIBM社員です。私たちの強さは、従業員の多様性にあると考えています。IBMは、仕事以外での創造的な追求と情熱(英語)を奨励しています。IBM社員が好奇心を赴かせることができれば、世界と新たに出現するテクノロジーの可能性(英語)の新しい見通しを私たち全体に与えるからです。IBMは、社員とともに、有意義なイノベーションとアクションを通じて進歩を促進します。

日本IBM 健康経営宣言

日差しの中にゆれる美しい葉

日本IBM 健康経営宣言

イノベーションを促進する職場環境を整え、組織や会社の枠を超えて、より良い未来づくりに貢献していきます。

私たち、そして世界に価値あるイノベーション

クラウド

ハイブリッド・ドーナツを食べる少女
Play Icon

世界のハイブリッド化はIBMとともに進んでいます

ハイブリッドクラウドを使用するスマートなアーキテクチャー

新世代のハイブリッドクラウドでは、一度構築すると、どこにでもデプロイして、すべてを一元的に管理できるようになります。このため、ビジネスはかつてないレベルの適応力と変革力を得られます。

Watson

モバイル画面上の拡張現実
Play Icon

IBM AR/VRのデザイン・リードのReena Gangaが、デザインを使用してAIを分かりやすく説明します

ビジネスのためのAIプラットフォーム

IBMのエンタープライズ対応AIサービス、アプリケーション、ツールのスイートを使用して構築します。 Watsonは組織のあらゆる部分を変革するため、データをさらに活用して迅速にイノベーションを起こせるようにします。

サービス

ノートPCを使用する会議室の中の女性
Play Icon

ハイブリッドクラウド環境向けにデータセンターの保守を最適化します

企業を変革するための専門知識

IBMは、クラウド・ジャーニーの信頼できるパートナーであり、最先端のテクノロジーとIBMの高度なR&Dラボを統合して、ビジネスをデジタル・エンタープライズに変革します

セキュリティー

金髪の女性、アジア系の子供、ノートPCの画面
IBM YouTube Icon

あらゆる場所のセキュリティーによりサイバー犯罪者からビジネスを保護します

不確実性に直面したときの信頼性

インテリジェンス分析、高度な不正防止、モバイル・セキュリティーを含む、インテリジェントなエンタープライズ・セキュリティーのソリューションとサービスは、企業の明日のサイバーセキュリティーの脅威に備えて今日行える準備を支援します

研究

ステージ上の討論者とAIコンストラクト
Play Icon

Project Debaterは、現実世界の問題に取り組むAIの可能性を示しています

世界が研究室

IBM Researchは、6大陸の12のラボに3,000人以上の研究者を擁し、ハイブリッドクラウド、AI、量子コンピューティングにおいて最も有望かつ現状を打破するようなテクノロジーを開拓しています。

ITインフラストラクチャー

エンジニアは自動化されたテクノロジーを使用
Play Icon

適切なITインフラストラクチャーを使用して世界を再構築できます

次世代ITアーキテクチャーのビルディング・ブロック

オンプレミスITまたはハイブリッドクラウド・アプリケーションに必要なパフォーマンスを備えた、柔軟で安全なコンピューティング、ストレージ、OSソリューション

IBMの歩み

1928年:パンチカードと米国国勢調査

IBMのパンチカードは、次の50年間の業界標準となります。世界の既知の情報のほぼすべてを保持し、米国国勢調査のような大規模プロジェクトを可能にしました。

1936年:IBMが可能にした社会保障制度

IBMは、1935年米国社会福祉法に関して米国政府と協力し、当時最大の会計プロジェクトである2,600万人のアメリカ人の雇用記録を集計しています。

1937年:マークシートの塗りつぶし

IBM Type 805 International Test Scoring Machineは、グラファイト・マークの導電性を使用してマークシート式テストの回答を検知し、テストの採点時間を何百万時間も節約します。

1952年:デジタル・ストレージの始まり

IBMは、磁気テープ・データを介してデジタル・ストレージを世界に紹介し、パンチカード計算機から電子コンピューターへの移行を示します。

1953年:初の人工心肺装置

IBMによって構築された人工心肺装置は、世界で初めて、人の心臓切開手術の成功を可能にしました。このテクノロジーにより、毎年何百万人もの命が救われます。

1956年:AI以前のAI

アーサー・L.サミュエルは、チェッカーのゲームをプレイして、その経験から学ぶために、IBM 704をプログラムします。これは、人工知能の最初のデモンストレーションと見なされています。

1957年:FORTRANの60年以上にわたる歴史

FORTRANは、おそらく歴史上最も影響力のあるソフトウェア製品であり、コンピューターをプログラマーの独占から解放し、世界中のユーザーへと開放しました。

1961年:音声認識の誕生

ウィリアム・C.ダーシュが世界博覧会で音声認識を披露します。Shoeboxマシンが音を電気のインパルスに変換し、Siri、Alexa、Watson AIへの道を開きました。

1962年:SABRE:eコマースの起源

IBMとアメリカン航空は、コンピューター主導の航空座席予約システムを初めて導入しました。eBayからAmazonまで、今日のすべてのeコマースにとっての先駆者です。

1969年:月に立った最初の人類

エンジニアリングの壮大な偉業の中で、IBMはアポロ計画のためのコンピューターとソフトウェアを構築し、ニール・アームストロングとバズ・オルドリンの月面着陸と地球への帰還に貢献しました。

1970年:請求は読み取り式の磁気ストリップで

IBMが読み取り式の磁気ストリップを開始したことで、商取引の成立方法が変わりました。まったく新しい産業が生まれ、旅行と安全へのアクセスに革命をもたらしました。

1971年:世界初のフロッピー・ディスク

業界で最も影響力のある製品の1つであるIBMのフロッピー・ディスクは、ストレージを強力で手頃な価格のポータブルな存在にしました。販売数は50億個以上です。

1973年:UPCバーコード

スーパーマーケットは、IBM社員のノーマン・ウッドランドによって発明されたUPCバーコードのスキャンを開始します。小売業界は変革を遂げ、UPCコードは衣料品から牛まで、あらゆるものを追跡しています。

1980年:IBMがレーシック手術の特許を取得

IBMは、人間の髪の毛に書けるほどに非常に正確なレーザーの使用により、レーシック手術の最初の特許を取得しました。3000万人以上が視力を向上させることになります。

1981年:IBM PCを発表

PC革命が始まりました。IBMパーソナル・コンピューターの登場で、コンピューティングは、愛好家のものにとどまらず、一般の家庭用品の中に入り込むほどメジャーになりました。

1986年:走査型トンネル顕微鏡でノーベル賞を受賞

IBMの科学者たちが、走査型トンネル顕微鏡でノーベル賞を受賞しました。マイクロ・エレクトロニクスとナノ・テクノロジーへの影響は世界規模です。

1997年:AIがチェスの現チャンピオンに勝利

IBM Deep Blueスーパーコンピューターが、世界最高のチェス・プレイヤーに勝ちました。思考するコンピューターは、今日ではよく知られて使用されている種類のAIに向けて大きな飛躍を遂げました。

2011年:流動的な言語を理解する最初のAI

自然な音声認識とコグニティブ・コンピューティングの前例のないデモンストレーションの中で、IBM Watsonはテレビのクイズ番組Jeopardy!のチャンピオンとの勝負に勝ちました。

2018年:スーパーコンピューターSummit

AI専用として構築された新しいコンピューティング・アーキテクチャーを備えたスーパーコンピューターSummitは、200ペタフロップスの速度に達し、地球上で最も強力なプロセッサーになります。

IBM Qにより量子が大衆にもたらされる

IBMは、最初の回路ベースの商用量子コンピューターを発表しました。ユーザー、研究者、開発者は、量子が現実世界の問題を解決する可能性を探ることができるようになりました。

会社概要

日本アイ・ビー・エム株式会社の会社概要をご紹介します。

会社設立年月日

1937年(昭和12年)6月17日

本社所在地

〒103-8510
東京都中央区日本橋箱崎町19-21

代表者氏名

代表取締役社長執行役員
山口 明夫

資本金

1,053億円

株主

有限会社アイ・ビー・エム・エイ・ピー・ホールディングス(100%)

事業内容

情報システムに関わる製品、サービスの提供

会社経歴書

IBMコーポレーション概要、日本IBMグループ概要に関する情報が掲載されております。

プレスルーム

プレスリリースなど、報道関係の皆様に最新の情報をご提供します。

会長・社長・役員

会長や各役員の情報はこちらでご確認ください。

事業所一覧

全国事業所・施設へのアクセス、地図、住所、電話番号の一覧です。

業績

日本IBMの業績に関する情報はこちらでご確認ください。

日本IBM創立80年の軌跡

日本IBM80年の歴史から、働き方や組織、社会や業界、ビジネスのあり方を大きく変えた事例や製品・技術・サービスを紹介します。

IBM創立100周年記念サイト

IBMコーポレーションは、おかげさまで2011年6月17日をもって創立100年を迎えることができました。

IBMとつながる

最高の仕事をIBMで

社会やビジネスの変革を通じ、世界の仲間と共に、IBMで自分を成長させてみませんか

お問い合わせ

製品やサービス、契約など各種お問い合わせの窓口です。

IBM Community Japan

「未来を創るテクノロジーで豊かな社会を実現する」ために、共に成長していくオープンコミュニティーです。