IBM Community Japanとは

IBM Community Japan は「未来を創るテクノロジーで豊かな社会を創ること」を理念に、メンバーの皆様の、そして、IBM の、知恵と経験と既存の枠組みを「解放」し、マナブ、ツクル、ツナガルを通じて「未来」をともに紡いでゆく、参加型の「場」です。

未来は変わる、
から、
未来を変える場所へ。
ここは私たちの「解放区」です。

IBM Community Japan を
構成する3つの場

「マナブ」
「ツクル」
「ツナガル」

IBM Community Japan は「マナブ」「ツクル」「ツナガル」の3つの場を通じて「未来を創るテクノロジーで豊かな社会を創ること」の理念の下に、 メンバーの皆様の、そして、IBM の、知恵と経験と既存の枠組みを「解放」し、「未来」をともに紡いでゆく、参加型の「場」です。

3つの場、それぞれの基本コンセプトは以下。

未来を変える場所への最初の原動力としての「マナブ」場へ

一人でも始めやすい「マナブ」。未来を変える場所への原動力としての「マナブ」場。そのために、従来限られた対象に展開していたIBMのプログラムを解放し、また、メンバー専用の様々なプログラムをご提供します。

多くの仲間と専門家の多角的な視点でカタチにしていく「ツクル」場へ

アイデアがあっても一人では実現できない、単独企業では実現できない、業界横断でのコミュニケーションがないと実現できない。そのようなアイデアを多くの仲間と専門家で切磋琢磨し、カタチにしていく「ツクル」場を目指します。“未来 × テクノロジー”を実感しながら、社会に向けて提言できるようなアウトプットを一緒に作っていきませんか?

新たな化学反応を志向する「ツナガル」場へ

論文、発表資料、アプリケーションやツールをIBMナレッジモールに登録し、互いの成果と参加者の参照を可能にする事でIBM Community Japanのメンバー同士がデジタルに「ツナガル」、あるいは成果物そのものを融合させる「ツナガル」、あるいは成果発表の場でFace to Faceに「ツナガル」場を目指します。グローバルの仲間も含めて、所属や習慣の違うメンバーが交流する事で生まれる新たな化学反応を志向する、そんな場です。

未来を変える場所への最初の原動力としての
「マナブ」場へ

一人でも始めやすい「マナブ」。未来を変える場所への原動力としての「マナブ」場。そのために、従来限られた対象に展開していたIBMのプログラムを解放し、また、メンバー専用の様々なプログラムをご提供します。

「マナブ」場では以下のようなプログラムを提供しています。


また、日本IBMのマーケティング活動の一環として提供されるプログラムとしていかがあります。

多くの仲間と専門家の多角的な視点で
カタチにしていく「ツクル」場へ

アイデアがあっても一人では実現できない、単独企業では実現できない、業界横断でのコミュニケーションがないと実現できない。そのようなアイデアを多くの仲間と専門家で切磋琢磨し、カタチにしていく「ツクル」場を目指します。“未来 × テクノロジー”を実感しながら、社会に向けて提言できるようなアウトプットを一緒に作っていきませんか?

ナレッジモール(Knowledge Mall):知恵・経験・知見を持ち寄り、ともに「ツクル」を実現する場所・活動

IBM Communityにおける「ツクル」場は、単なる「場」ではなく、人のエネルギーが集まる場です。そのための仕組みとしてナレッジモールがあります。ナレッジモールは、いろんなお店が集うモールのように、仲間と共に自分を磨きあう意思を持った人たちが、知恵・経験・知見を持ち寄り、ともに「ツクル」を実現する場所であり、そのための活動全体の総称で、現在は主に以下の3つからなります。

  • ナレッジモール研究:「未来を創る37テーマ」での研究活動
  • ナレッジモール論文:個人あるいはグループでの論文活動
  • 製品別コミュニティー:IBM特定製品利活用のためのユーザー同士のコミュニティー

そして、ともに「ツクル」を実現するためのインターラクティブな活動を支えるためのプラットフォームが以下です。

  • KMAP (Knowledge Mall Activity Platform)

新たな化学反応を志向する
「ツナガル」場へ

論文、発表資料、アプリケーションやツールをIBMナレッジモールに登録し、互いの成果と参加者の参照を可能にする事でIBM Community Japanのメンバー同士がデジタルに「ツナガル」、あるいは成果物そのものを融合させる「ツナガル」、あるいは成果発表の場でFace to Faceに「ツナガル」場を目指します。グローバルの仲間も含めて、所属や習慣の違うメンバーが交流する事で生まれる新たな化学反応を志向する、そんな場です。

「ツナガル」場としては上記のように、自然発生的なものと、計画的に発生させるものがありますが、計画的に発生させるもので主なものは以下です。

  • 2020年9月2日開催:発足記念イベント "IBM Community Japan GO LiVE"
  • 年次の成果発表イベント(2021年は10月に予定)

IBM Community Japan 発足記念イベント : "IBM Community Japan GO LiVE"

テーマは「未来を創るテクノロジーは豊かな社会を実現できる?」

「未来を創るテクノロジーは豊かな社会を実現できる?」をテーマに、パネルディスカッションあり、リモートでの参加型グループ・ディスカッションあり、バーチャル空間での未来体感型のセッションありの刺激的なプログラム満載のフルデジタルイベント

  • 開催日時:2020年9月2日(水) 14:00 - 17:00

イベント開催ダイジェスト動画(60秒)

IBM Community Japanのメンバーシップ

- メンバー登録とメンバー特典 -

IBM Community Japanでは「未来を創るテクノロジーで豊かな社会を創る」という理念の実現に向け、マナブ・ツクル・ツナガルの活動を多くの仲間と続けています。
あなたもIBM Community Japanのメンバーになって「未来」をともに紡いでいきませんか?

設立・発足の背景と想い

テクノロジーの進化とともに私たちを取り巻く環境が大きく変化しています。新たなテクノロジーはこれからの社会や生活をどう変えていくのか。
私たち日本IBMがなぜ「未来を創るテクノロジーで豊かな社会を創ること」を目指してIBM Community Japanを設立・発足させたのか・・・

タイムライン

7月1日 エネルギー充填開始、プログラム及び機能を順次パワーアップ予定

IBM Community Japanにとっての最も大切なもの。それはともに未来を紡いでいく「人」のエネルギーであり、「場」のエネルギーです。まずは7月1日からメンバー登録を開始し、その後順次プログラム及び機能をパワーアップしていきます。


2020年

まずは登録

まずは登録

7月
メンバー登録開始


セミナーに参加してみよう

セミナーに参加してみよう

9月
設立イベント

10月 – 11月
デジタル・セミナー
意見交換会


2021年

共同研究に参加しよう

共同研究に参加しよう

1月 – 3月
研究活動開始
地域セミナー


発表してみよう

発表してみよう

10月
成果発表イベント


※活動内容やスケジュールは予告なく変更になる場合があります。

IBM Community Japanについての
お問い合わせはこちら