新型コロナウイルス感染症は、ITレジリエンシーと事業継続性を強化する必要性をもたらしました。IBMは特別なオファーでお客様をサポートします。

デジタル変革を支えるITインフラの4つの要件

要件1. セキュリティー

ITの活用にあたってはセキュリティーの担保は大前提です。リモートワーカーの増大に対応し、さらなるセキュリティー強化が求められます。

要件2. 運用管理の効率化

IT部門の人手不足、リモート作業の増加、データの急増など、さまざまな課題に対処する効率的な運用管理への変革が急務です。

要件3. オープン・テクノロジー

これまで培ったデータやビジネス・プロセスと進化するオープン・テクノロジーの融合により、効率的かつアジャイルなビジネス変革が求められます。

要件4. データ活用

デジタル変革の実現にはデータ活用が大きな鍵となります。多様なデータから如何に素早く価値を生み出すかが重要となります。

Think 2020でのITインフラストラクチャーに関する最良のアドバイス

Think 2020のデジタル・イベント体験では、さまざまな専門家や識者が登場し、世界規模の混乱の中でも、ITインフラストラクチャーを最新かつ安全で、回復力のある状態に保つ方法について最良のアドバイスを提供しました。これらの重要なセッションをオンデマンドで再体験し、お客様のITインフラストラクチャー・モデルを見直してください。

バーチャル・イベント 期間限定公開中

IBM IT Infrastructure Virtual Event

限定公開期間:2020年8月31日(月曜日)18時まで(無料/登録制)

ニューノーマル時代も見据えたビジネス変革を加速するIT基盤構築のためのIBMソリューションを一挙にご紹介!株式会社SUBARU 辻 裕里 氏との対談や弊社技術専門家によるパネル・ディスカッションなど充実した内容を期間限定で、オンデマンドでご視聴いただけます。

サーバーとストレージ

オンプレミスのITアプリケーションやハイブリッドクラウド・アプリケーションに必要な柔軟性とパフォーマンスが得られるサーバーとデータ・ストレージをご覧ください。

IBM Z®

データ・プライバシー、セキュリティー、回復力を図るITプラットフォームを使用して、アプリケーションとデータ資産を変革します。

IBM LinuxONE

ハイブリッド・マルチクラウドの実装に際し、お客様のLinuxインフラストラクチャー向けに卓越したデータ・プライバシーとセキュリティーを提供します。

IBM Power Systems

クラス最高の信頼性とエンドツーエンドのセキュリティーを備え、ワークロード、IT環境、予算に見合うサーバーをお選びください。

IBM Storage

最新のデータ要件すべてに対応し、ハイブリッド・マルチクラウド戦略の鍵をもたらすストレージ・ソリューションをご覧ください。

ソフトウェアとオペレーティング・システム

インフラストラクチャーの最新化、ワークロードの加速、運用の簡素化、新しいアプリケーションの開発と実装を支えるシステム・ソフトウェアが、すべてのIBMのサーバーに備わっています。

お客様導入事例

The Weather Company

The Weather Company社は、最新のIBM Power Systemsテクノロジーに基づくより解像度が高く計算量の多い気象モデルを実行することで、予測精度を15kmから3kmに向上させました。

State Farm社

State Farm社は、DevOpsのスピードと俊敏性をIBM Zの堅牢性とセキュリティーと組み合わせて、開発手法をモダナイズすることで、ビジネス上重要なアプリケーションが基幹システムや基幹サービスに容易にアクセスできるようにしました。

Newlight Technologies社

Newlight社は、IBM LinuxONEの拡張性に裏打ちされたブロックチェーン・テクノロジーを活用することで、世界中の新規の企業顧客に環境保全技術を提供することを実現しました。


参考情報

Think Summit Japan

2020年9月3日(木)〜4日(金)
ニューノーマル への挑戦

『Think Summit  Japan』は、デジタル・トランスフォーメーションのスピード感を持って進めるためにどのような変革が有効で、それを推進するキー・ドライバーとなるテクノロジーをいかに応用するかについて、多角的にご紹介するデジタル・イベントです。