コグニティブ・エンタープライズ・オートメーションとは

 

IBMでは、企業がエンタープライズ(企業全体)を対象とし、戦略的に自動化・オートメーションを検討、導入するために、Cognitive Enterprise Automation と題して包括的なソリューションを提供しています。これまでのRPAが業務部単位の改革を目指して導入されることが多かったのに対し、Cognitive Enterprise Automation は、エンタープライズ(企業全体)を対象としています。企業全体で統一されたビジネスプロセス、アプリケーション、およびインフラストラクチャーの自動化機能を提供することにより、短期的な改革効果と中長期のビジネス戦略の両方を実現します。

なぜRPA導入が頓挫するのか?業務プロセス改革プロジェクトを成功させる秘訣とは?

RPAを会社全体にスケールできない。業務削減できても、人件費の削減につながらない。従業員の反感からプロジェクトが頓挫する。各部門が勝手に導入し情報システム部門の統制下にない"野良ロボット"が増えてしまった。 こうした事態を避け、RPA導入を成功に導くには、企業は何をすべきか。

【無料Webセミナー】『IBMが提唱するエンタープライズ・オートメーション戦略』

RPAを取り巻く背景から、RPA導入で直面する課題、RPA導入がうまくいかない原因やRPAを成功に導くための導入ポイントを、Automation(自動化)をジャーニーと捉えて、IBMのAutomationリーダーがわかりやすくご紹介します。(動画、34分)。

オートメーションの導入を成功させるには、フロントの業務プロセスからシステムインフラ運用まで企業全体を捉えて、どのように導入し、運用していくのかエンド・トゥ・エンドで検討し、戦略を立てておくことが重要です。RPAは成熟したテクノロジーですが、AIや機械学習などを組み合わせることで、より高度な自動化が期待されています。

自動化の可能なプロセス*

自動化の可能なプロセス*

企業全体でのオートメーション化を推進するために、5つの観点でオートメーション戦略を立案します。

企業全体でのオートメーション化を推進するために、5つの観点でオートメーション戦略を立案します。

導入アプローチは以下のような流れになります。

導入アプローチは以下のような流れになります。

7つの観点から組織体制、運用について評価・見直し、企業全体でオートメーションを推進するCoE(Center of Excellence)組織を設立します。

7つの観点から組織体制、運用について評価・見直し、企業全体でオートメーションを推進するCoE(Center of Excellence)組織を設立します。

月額固定と従量課金を組み合わせたRPAオン・デマンド

  • 柔軟な拡張性と耐障害性を兼ね備えた基盤環境をクラウドで迅速にご提供
  • 業務繁忙期や新業務形態の試行など、トランザクション増大や縮退への柔軟な対応が可能
  • 最適なオプション選択、動的な台数増減によるコスト最適化
月額固定と従量課金を組み合わせたRPAオン・デマンド

RPA on Demand & RPA Cloud Hosting

RPAの展開環境として様々な形態をご提供します。「RPAオン・デマンド」をご採用いただくことで、ピークに合わせたインフラ、ライセンスの最適化が可能です。

※1:IBM所有RPAライセンスのクラウドでもご提案可能です。また、ライセンスの販売(リセール)も可能です。

2019年5月現在、BluePrismのみが対象です。UiPathについてもクラウド環境でのご提供を準備中です。

RPA on Demand & RPA Cloud Hosting

コマンド・センター・オペレーション

RPA等を用いた業務自動化における運用管理では、ロボット実装だけではなく、稼働時間モニタリングや継続的なメンテナンスを通じた品質管理の仕組みも必要となります。

コマンド・センター・オペレーション

Automation Operations Command Center

  • RPAの運用・監視をご提供することに加え、お客様が開発したロボットの保守もご支援できます

※現時点ではBangaloreでの提供(大連での提供も準備中)

Automation Operations Command Center

取り組む最初のステップ

自動化の範囲や全体戦略も含め、専門家と一緒に検討したい方

先進自動化ソリューションを体感し、全社的な戦略立案ができる「場」として、自動化イノベーション・センターをご用意しています。お気軽にお申し込みください。

自動化する範囲やソリューションをご自身で検討したい方

どの業務を自動化するか、どのパーツを組み合わせて自動化範囲を拡大するか。RPAのツールを含め、さまざまな選択肢を取り揃えています。事例と合わせて実装イメージを膨らませていただけます。

関連資料 / 事例

エキスパートの紹介

黒田 恭司

黒田 恭司

理事・パートナー
エンタープライズ・オートメーショ
ン・リーダー 
クラウド・アプリケーション・イノベ
ーション

田端 真由美

田端 真由美

技術理事
先進技術・自動化ソリューション統括 
クラウド・アプリケーション・イノベ
ーション

西垣 智裕

西垣 智裕

アソシエイト・パートナー
コグニティブ・ビジネス・プロセス・
サービス

松尾 雄一

松尾 雄一

コグニティブ・ビジネス・プロセス・
サービス

IBMのエキスパートにご相談ください。

電話でのお問い合わせ:0120-550-210 | 識別コード:Services

IBMをフォローする

IBMをフォローする