インテグレーション・モダナイゼーションの採用

IBMは、人々、プロセス、テクノロジー、アーキテクチャーに対する考え方を変えることで、インテグレーションのモダナイズを支援します。

インテグレーション(統合)は、これまで成功への障害となってきました。従来の中央管理型で組織的な統合方法では、ビジネス・イノベーションの規模とスピードに対応できなかったからです。

Modernizing Integration Strategies and Infrastructure Primer for 2018, Gartner社

アジャイル・インテグレーション戦略の採用

アジャイル・インテグレーション戦略を活用することで、企業は、デジタル変革に必要となる統合の規模に対応できるようになります。

あらゆるコンポーネントを統合するよりスマートなデータ連携方法

IBM Cloud Integrationを使用すると、従来型のエンタープライズ・システムと破壊的なテクノロジーを単一のプラットフォーム上で統合できます。差別化された個別の顧客体験を作成し、コンテキストに基づいてお客様を理解し、変化するお客様のニーズを満たします。新たな市場の変化を認識し、対応を実施し、企業と従業員に関する包括的なビューを獲得できます。

Cloud Pak for Integrationの紹介

IBM Cloud Pak for Integrationでは、当社が提供する業界最先端のデータ連携機能が単一の統一されたプラットフォームにまとめられており、複数のクラウド間でアプリケーションとデータを簡単に接続することで、パーソナライズされた顧客体験を創出できます。

API導入事例

あいおいニッセイ同和損害保険

事故対応を変革するテレマティクス損害サービスシステムを構築。 わずか5カ月で導入を完了させ、段階的に連携規模を拡大

社内向けシステム連携 / 株式会社協和エクシオ

各事業部門が独自に業務システムを構築、運用しており、開発効率の改善が課題となっていました。共通部品化し、APIとして提供

Fintech最先端/ みずほ銀行

口座情報照会や決済サービスなど、銀行との連携を求める外部企業に対して、安全性を確保しながらシステム接続させる

国内外の業種別8事例特集

企業同士が互いの強みを利用し合い、新たなビジネス価値を創出する新ビジネス・APIエコノミー

クラウド・データ連携製品

IBM Cloud Pak for Integration

最新のデータ連携アプローチをサポートするシンプルかつ包括的なソリューション。デジタル変革を支援し、3倍の速度を実現しながら3分の1のコストで統合することができます。

IBM API Connect

充実したセキュリティー機能と一元化されたガバナンス機能に基づきAPIを作成し、管理できます。

IBM App Connect

オンプレミスのデータ・システムとSaaSのための数百の組み込み型コネクターを備えたデータ連携ソリューションです。

IBM MQ

エンタープライズ・メッセージング機能がデータの確実で安全なデータ連携を簡素化し、加速します。

IBM DataPower Gateway

モバイル、Web、API、SOA、クラウドのワークロードを統合、管理、最適化するための単一のマルチチャネル・ゲートウェイです。

IBM Secure Gateway Service

オンプレミス環境または第三者のクラウド環境とIBM Cloudの間で永続的な接続を構築します。

IBM Event Streams

Apache Kafka上に構築したクラウド・ベースのメッセージング・サービスでリアルタイムの開発を行います。

IBM Aspera on Cloud

パブリック・クラウド、プライベート・クラウド、ハイブリッド・クラウドの間で、最大速度で大容量データを転送・交換し、データ提供を自動化します。

参考情報

Webセミナー:統合のモダナイゼーション第1回

アプリケーション統合とイベント処理

Webセミナー:統合のモダナイゼーション第2回

アプリケーション統合とAPI管理基盤

ミドルウェア・コミュニティーにアクセス

IBMの専門家など、研究分野や業界の著名人と話し合いましょう。

データ容量、ライセンス体系、気になるポイントの確認、デモのご希望など、具体的な相談ケースがあるようでしたら、お気軽にご相談ください。

IBMアクセスセンター(一次受付)
電話番号:0120-550-210(平日9時00分~17時00分)(識別コード:Cloud)