製造

[事例] Novate Solutions | 人間には知覚できないものを認知するテクノロジー

Cognitive Applications Blog

  プラントに24時間365日のプロセス信頼性を提供  プロセス障害のコストが分単位で測定されることが示しているように、製造・生産システムの停止は一分一秒でも短くする必要があります。変化する状況に迅速に適応でき ...続きを読む


事後保全から「予防保全」への転換 | ホワイトペーパーダウンロード(無料)

Cognitive Applications Blog

今、現場では設備資産の保全業務がボトルネックとなりつつある。さまざまな要因が重なり合っての現象ではあるが、どの要因にもほぼ必ず関係してくるのが「人手」と「属人性」だ。 こうした状況を改善すべく登場したのが、「後追いの解決 ...続きを読む


先進テクノロジーを活用した食品業界のDX事例紹介(前編)

Cognitive Applications Blog

  株式会社ビジネスセンター社発行の月刊誌「食品機械装置」は、創刊から50年以上という長い歴史を持つ、日本国内はもとより海外でも購読されている専門誌です。 先日発売された食品機械装置2021年6月号に、『先進テ ...続きを読む


最新テクノロジーを搭載した新しいIBM Maximo | セミナー開催も!(2021.06.23)

Cognitive Applications Blog

  6月23日オンラインセミナー開催! AI、IoT、Edge、コンテナ、最新テクノロジーを搭載した 新しい”Maximo”による製造保全次世代プラットフォーム   「電話 50年」「クレジットカード ...続きを読む


「製造現場のデジタル化を実現するAI+IoTソリューション最前線」レポート(EPFCシンポジウム2021冬より)

Cognitive Applications Blog

  先週2月19日、IoT技術やエッジシステムの社会実装活動の推進に向け活動を続けている「一般社団法人エッジプラットフォームコンソーシアム(EPFC)」主催の、「エッジプラットフォームコンソーシアム シンポジウ ...続きを読む


モノづくりを次フェーズに | SPRESENSEとMaximoのワンストップIoTサービス

Cognitive Applications Blog

  今年2021年は、ローカル5Gや通信コストの値下がりなど、ビジネスを取り巻く通信環境にも大きな変化が起こりそうだ。そんな中で注目されているのがビジネスにおけるIoTとエッジコンピューティングであり、それを実 ...続きを読む


AIが設備保全履歴を伝承可能なノウハウに。「若手もベテランもいきいき働ける保全のスマート化」講演レポート

Cognitive Applications Blog

  9月3日、4日の2日間に渡り「ニューノーマルへの挑戦」をテーマに掲げた日本IBMのデジタル・イベント「Think Summit Japan」が開催されました。 デジタル変革をリードする実践者にさまざまな業界 ...続きを読む


不透明な時代を乗り切る設備保全管理の仕組みの考察(オンデマンドセミナー)

Cognitive Applications Blog

  12月24日16:00より、当記事でもご紹介しているIBM Maximoの情報を中心にお伝えするコムチュア主催セミナー「DX時代の今だから考える!設備保全管理のススメ」 が開催されます。 詳細・お申し込みは ...続きを読む


インテリジェントな製造により品質と歩留まりを向上 (オンデマンドセミナー・レポート)

Cognitive Applications Blog

  オンラインセミナー『Smart Manufacturing Forum 2020』から、志田 光洋によるセッション「インテリジェントな製造により品質と歩留まりを向上」の一部を紹介いたします。 なお、このセミ ...続きを読む


5G+エッジで強くなる製造現場 (オンデマンドセミナー・レポート)

Cognitive Applications Blog

  人間と社会の在り方にさまざまな変化を突きつけている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。あらゆる業界のあらゆるビジネスが、これまでとは異なる新常態(ニューノーマル)への対応を迫られている。 一方で、 ...続きを読む


[事例] ハードウェア製造業者IBMの画像診断AIソリューション使用

Cognitive Applications Blog

  インダストリー4.0とは「スマートファクトリー」、つまり「よりスマートな工場」を意味しています。 IBMはメインフレームやサーバー、ストレージなどのハードウェア製品の製造業者であり、私たち自身が部品や組み立 ...続きを読む


IoT時代に求められる大量データからの洞察の発見~ナレッジグラフの能力とは

Cognitive Applications Blog, 技術動向・トレンド

施設内のあちらこちらにセンサーを取り付けて、大量のデータを収集している企業が増えています。しかし、集めた大量のデータから、意味がある洞察を得られていますでしょうか。集めたデータを何らかのアクションにつなげられなければ、デ ...続きを読む