IBM Cloud Blog

IBM Cloud Code Engine のベータ版がリリース

記事をシェアする:

この投稿は、2020年9月16日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。

新しいサーバーレスサービスの IBM Cloud Code Engine のベータ版が利用可能になりました。

IBM Cloud Code Engine は、コンテナ化されたワークロードを実行するフルマネージドのサーバーレス・プラットフォームです。ウェブ・アプリケーションやマイクロ・サービス、バッチ・ジョブなど様々なワークロードに対応しています。

また、Code Engine ではソースコードをビルドパックと呼ばれるランタイム環境と組み合わせてコンテナを作成し、実行することもできるため、コンテナイメージがなくても利用が可能です。

基盤となるインフラストラクチャについて気にする必要はありません。プロビジョニング、設定、スケーリング、サーバーの管理など、すべてのクラスタ管理をCode Engine が行います。

Code Engine は、IBM Cloud サービスに完全に統合されています。例えば、IBM Cloud Log Analysis with LogDNAIBM Cloud Monitoring with Sysdig を使うことで、ロギングとモニタリングが利用可能です。

使った分だけのお支払い – 完全な従量課金モデル

Code Engine では負荷に応じて、コンテナを自動的にスケールアップ/ダウンします。負荷がないときはコンテナはゼロへスケールし、費用は実際に使用したリソースに対してのみ発生します。

オープンソースがベース

アプリケーションやコンテナのポータビリティ性を保つために、Kubernetes、Knative、Istio、Tekton などの人気の高いオープンソース技術の上にCode Engine は構築されています。

スタートガイド

Code Engine を使ってみたい方はドキュメントの「はじめに」のセクションにアクセスしてください。ベータ版の間は完全無料でご利用いただけます。

Code Engine を活用するための詳細なブログ記事や詳細なチュートリアルは今後どんどん追加してまいりますのでお待ちください。

IBM Cloud Code Engine をぜひお試しください!


翻訳:IBM Cloud Blog Japan 編集部

More stories

分散型クラウド vs. ハイブリッドクラウド vs.マルチクラウド vs エッジコンピューティング (Part 2)

IBM Cloud Blog, IBM Cloud チュートリアル

この投稿は、2020年10月14日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。 このブログは、重要なクラウドコンピューティングのアーキテクチャーを検証するシリーズ(2部構成)の第2部です ...続きを読む


ニューノーマル時代における正しいマスク着用を認証できるしくみとは

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

今日の環境では、仕事においても個人の行動においても、マスクの着用がもはや当たり前になってきました マスクの着用により、空気感染によるウィルスの感染リスクを大幅に低減できることはよく知られていますが、ときどき、その正しい着 ...続きを読む


IBM のオープンソース戦略が支える AI の信頼性と透明性

IBM Cloud Blog, IBM Data and AI, IBM Watson Blog

鉄道、インクジェット・プリンター、食品栄養表示。この3つが、オープンソース・テクノロジーや AI とどのような関係があるでしょうか。IBM はこの3つそれぞれに影響を受けて、オープンソースへのコミットメントを定義していま ...続きを読む