デジタル変革(DX)

進まない物流DX 。その原因と物流クライシス対策のすすめ

IBM Consulting, デジタル変革(DX)

物流クライシスとは 「物流クライシス」という言葉を聞かれたことがあるでしょうか。日本では近年、高齢化によるトラックドライバーの労働人口不足や「物流の2024年問題※」などを背景に物流危機が起きる可能性があると言われていま ...続きを読む


顧客が期待する「DXパートナー」としてのIBMに求められる姿勢

IBM Consulting, デジタル変革(DX), 事例

DXの波が急拡大し、DXグランプリやDX銘柄等の政府認定の仕組みなども普及して行く中で、製造業各社において実際のDX推進を自社単独で推進するのは、非常に難易度が高く、外部からの支援を求めるケースが増えている。この波に便乗 ...続きを読む


先進 ITで描く 2025 年の世界|テクノロジーが切り拓く近未来の業界変革

IBM Consulting, デジタル変革(DX), 革新的テクノロジー

リアルとデジタルが一体化する2025年の世界 ポストコロナにおける経済活動や日常生活の回復への歩みを進める中、世界は新たなトレンドを示しつつあります。人材はますます貴重な資源となり、サステナビリティーの優先度が高まると同 ...続きを読む


データ連携をサーバーレスで実現|オンプレSAPからAzureへ

IBM Consulting, デジタル変革(DX)

昨今オンプレミスのデータセンターからクラウドへのデータ連携を実施しているケースは数多くありますが、それに応じてデータ連携に特化した優れたソフトウェア・ツールの選択肢も増えており、どのように実現するべきか?という課題解決の ...続きを読む


電機・電子業界における廃棄物削減に向けた取り組みの重要性と進め方

IBM Consulting, デジタル変革(DX)

シリーズ「日本の電機・電子業界におけるサステナビリティー」 第6回(最終回)は、廃棄物削減に向けた取り組みの重要性と進め方を紹介しています。 持続可能な社会へ向けた資源循環社会の構築は、世界で大きな課題であり、電子廃棄物 ...続きを読む


電機・電子業界における低環境負荷な物流の重要性と進め方

IBM Consulting, デジタル変革(DX)

シリーズ「日本の電機・電子業界におけるサステナビリティー」 第5回は、低環境負荷な物流の重要性と進め方を紹介しています。 物流領域におけるサステナビリティーの取り組みは、20年以上前に遡り、1997年に開催された第3回気 ...続きを読む


茅野(ちの)市で「Next Peopleʻs Design」を考えた | FDLダイアログ・ツアー

Client Engineering, IBM Sustainability Software, デジタル変革(DX)

遺伝子や価値観など、世代間には見えないつながりがある。人は皆未来への橋渡し役であるが、どのような未来をつくりたいかを意識して行動している人は少ないかもしれない。すべての命は私たちの祖先から派生している。人は皆修行中の年長 ...続きを読む


北海道で地域密着型DXに挑戦!成功までの道のりとは?

デジタル変革(DX)

対馬 慶貞 氏 生活協同組合コープさっぽろ デジタル推進本部長(※) 2003年に日本IBMに入社。退職後、米国クレアモント大学院ドラッカースクールにてMBAを取得。2010年に北海道にUターンし、日本ファシリティ社専務 ...続きを読む


建設業におけるインフラ・建物の維持管理DXソリューション活用

IBM Consulting, IBM Sustainability Software, デジタル変革(DX)

インフラ・建物の維持管理の生産性向上は喫緊の課題 我が国における、道路、河川、トンネル、橋梁などの社会インフラは高度経済成長期に集中的に整備されたため、今後20年間で、建設後50年以上経過する施設の割合は加速度的に高くな ...続きを読む


資源循環型社会の実現に向けて|三井化学・野村総合研究所・日本IBMの取り組み

IBM Consulting, デジタル変革(DX)

深刻な環境問題を解決するには、資源循環型社会の実現が急務 近年注目を集める「サーキュラー・エコノミー(循環型経済)」とは、製品、素材、資源の価値を可能な限り長く保全・維持し、廃棄物の発生を最小限化する循環型の経済システム ...続きを読む


生活者DXレポート | メディア&有識者懇談会より

IBM Sustainability Software, デジタル変革(DX)

  4月20日、NewsPicks GINZAにて、IBM Future Design Lab所属の生活者洞察スペシャリスト髙荷 力による「生活者DXレポート」のメディア&有識者向けの説明および懇談会が ...続きを読む


第3回 Z世代にバトンを渡す“システム運用”|公益業界におけるプラットフォームの現状と方向性

IBM Consulting, デジタル変革(DX), 基幹業務システムの刷新...

連載コラム「公益業界におけるプラットフォームの現状と方向性」 第3回 Z世代にバトンを渡す“システム運用” 現在“旧料金システム”を運用しているのは“X世代”が主流となっています。“ベビーブーム世代”が作り上げたシステム ...続きを読む