デジタル変革(DX)

AI新時代の人事と人材

記事をシェアする:

生成AI基盤モデルの出現は、現在の変曲点において、業界を問わず、企業の運営方法に変革をもたらしました。これは特に、AI新時代の最前線に押し上げられた人事機能に当てはまります。最新のIBM Institute for Business Value(IBV)の調査「AI時代のCEOの意思決定」では、調査対象となったCEOの36%が、労働力とスキルが企業に影響を与える最も重要な要因であると指摘しています。スキル開発や人材の採用、維持、育成における中核的な人事プロセスにおいて、人間の作業を補強するためにAIの利用を拡大することは、企業変革を実現し、企業がグローバル市場で競争できるようになることを約束します。

レポート「生成AIで企業が変わる:現状と課題」をダウンロードして、企業が生成AIのパワーをどのように活用できるかご覧ください。

人事・人材の未来と生成AI

従来、履歴書の解析、ソーシングとスクリーニング、候補者とスキルのマッチングなど、多くの人事プロセス、アプリケーション、テクノロジーは、自動化やAIの恩恵を受け、密接に連携してきました。しかし、この新時代においては、生成AIは、ターゲットを絞ったアドバイザーを使ってより多くのことを提供することができ、その恩恵を受けるユースケースは拡大し続けるでしょう。職務記述書の作成やインテリジェント検索などのプロセスにおける人間の従業員の作業は、データ駆動型の洞察と生成AIを使用して補強することができるようになりました。これは人事プロセスを変革し、業務を強化するだけでなく、人事担当者がイノベーションを起こし、より価値の高い業務に集中できるようにします。

例えば、IBMの人事部門は過去6年間、社内のAI 主導型デジタルアシスタント「AskHR」の機能構築に取り組み、100以上のプロセスを自動化し、年間150万件以上の従業員との会話を処理してきました。AskHRはユーザーに関連情報を提供し、最近では、出張の準備をする従業員にナッジを通知したり、天候アラートを送言したり、その他の日常的なプロセスを支援するようになりました。AskHRは学習と機能の拡張を続けているため、従業員は反復作業にかかる時間を節約し、より複雑な仕事に集中することができます。

AIアシスタントを活用して人事業務を変革しているIBM人事の事例をお読みください。

採用や人材獲得などのユースケースにおけるAIの進化はますます洗練され、新しい従業員の採用に関連するコストと時間をマネジメントしています。役割要件、人材の有無、その他の必須基準に基づいてリクイジションをセグメント化する機能により、リクルーターは候補者のスキルマッチングを改善し、より多様な人材を集め、生産性を向上させることができる可能性があります。

責任あるAI導入のための重要な考慮事項

可能性は無限である一方、人事に生成AI を採用するユースケースの爆発的な増加は、誤用や偏見の可能性をめぐる疑念も投げかけています。人事アプリケーションにおけるAIの広範な採用と使用は、倫理的な意味合いや従業員データとプライバシーへの影響に関する懸念を引き起こす可能性があります。AIをプロセスに導入する前に、組織は、責任あるAIが自分たちにとって何を意味するのかについて、個々に明確な意図を持ち、自分たち望むことだけではなく、不本意なことも特定する必要があります。AIの責任ある利用をサポートする組織戦略を採用しないと、風評、規制、法的リスク、さらには財務的な影響が高まる可能性があります。

よって、従業員のライフサイクル全体でAIを成功裡に活用するためには、責任あるAIの活用が不可欠であり、生成AI戦略の中で説明されなければなりません。そのため、人事リーダーは、AIが単独で意思決定を行うことを単純に信頼してはなりません。信頼と組織の賛同を得るために、AIの責任ある利用を通じて従業員に参画してもらう必要があります。

責任あるAIの利用を組織文化に組み込むために、IBMは組織がAI倫理の5つの柱に従うことを推奨しています。

  1. 説明可能性:推奨事項の内容を明確にし、具体的な意思決定の方法と理由を説明し、従業員がAIと対話するタイミングを透明化することで、信頼を獲得し維持する。
  2. 公平性:AIは、適切な調整を行えば、人間の偏見に対抗して包括性を促進し、人間がより公正な選択をすることを支援する。
  3. 堅牢性:敵対的な脅威や潜在的な侵入からAIシステムを守る。
  4. 透明性:様々な役割を担うステークホルダーとAI活用に関する情報を共有することで、信頼を促進・強化する。
  5. プライバシー:AIシステムは、トレーニングから生成、ガバナンスに至るまで、従業員のライフサイクル全体を通じて、従業員のプライバシーとデータの権利を優先し、保護する必要がある。

生成AIの次のレベルがどこで進化するかはわかりませんが、IBMは組織がこれらの倫理的な柱を企業文化の基礎の一部にすることを推奨します。人事リーダーはその基調を作ります。人事は、AIとデータ・プライバシーの倫理的な意味合いについて、企業の他の組織に異議を唱えなければなりません。また、倫理的で信頼できる方法でAIの利用を達成する計画について、組織に説明できなければなりません。

基本に立ち返り課題を減らす

人事におけるAI活用の最前線と、AIをシステム統合する際に人事リーダーが実践すべきことについてポッドキャストでご確認ください。

人事プロセスにAIを導入するには多くの検討事項があり、ビジネスリーダーは、いつ、どこで、どのようにAIを活用し、従業員に利益をもたらすかについて、意思決定の大きな重荷に直面しています。どこから始めるべきか、必要なスキルや技術があるか、質の高いデータを利用できるかといった疑問により、意思決定プロセスが複雑化し、圧倒され、混乱する可能性があります。さらに、AIをより多くのユースケースに統合し、生産性レベルを向上させ、新たなビジネスモデルを創出しなければならないというプレッシャーも大きいなものです。

しかし、単純化して最善の行動を決定するためには、基本に立ち返り、戦略、業務モデル、人材に焦点を当て、組織のAIへの対応力を評価する必要があります。

  • ビジネス戦略とAI戦略の両方を組み合わせた、明確で実行可能な計画を立てる。具体的な目的と目標を設定し、成功のための測定基準を明確にします。既存の労働力を理解し、スキルのギャップを特定します。現在の人材を再教育し、人間のワークフローにAIを組み込むために職務を再編し、定型業務を自動化し、エコシステム・パートナーを活用することで、ギャップに対する計画を立てます。
  • 従業員や顧客のエクスペリエンスを再構築し、新しい働き方を実現することで、業務モデルを進化させます。エンドツーエンドのプロセスを可視化し、AIを適用して新たな効率性を得る機会を特定します。レガシー・システムが統合されるかどうかを判断し、AIOpsを使用してITの課題に対処します。
  • 社員の才能とスキルに投資します。継続的に学習する文化をつくります。AI新時代における成功には、テクノロジーではなく人材を戦略の中心に据えることが必要です。このデジタルトランスフォーメーションの成功には、人材が不可欠です。高スキル人材の専門知識は、自動化やAIがパフォーマンスを向上させる可能性について、独自の洞察を与えてくれます。彼らが直接意見や洞察を提供できるよう、オープンなコミュニケーションの場を醸成しましょう。
  • 厳しい質問とそれに答える準備をします。生成AIは私たちの働き方をグローバルに変革しつつあり、人材、プロセス、テクノロジーが一体となってビジネス価値を創造し、ビジネス戦略を実現し、業務効率を向上させるために、人事リーダーは多くの難しい質問に答える必要があります。

生成AIを活用して成功するために、CEOが知っておくべき3つのポイントと、今すぐ実践すべき3つのアクション

まず、組織の全体的なビジネス戦略を生成AI戦略と整合させ、エンドツーエンドのプロセスとワークフローを定義し、すべてがどのように連携するかについて従業員を教育しテクノロジーを洗練することで、課題を少なくすることができます。このプロセスのどこにいても、IBMコンサルティングは、難しい課題に答え、既存の人事システムにAIアプリケーションを導入し、デジタル・トランスフォーメーションを加速し、ワークフォースの潜在能力を引き出すお手伝いをします。

この記事は英語版ブログ「HR and talent in the era of AI」(2023年7月26日公開)を翻訳したものです。


関連情報

IBMのサービスとソリューション

More デジタル変革(DX) stories

データ分析者達の教訓 #14- データから導かれる「あたりまえ」を丁寧に見つめ直す

Data Science and AI, SPSS Modeler ヒモトク, アナリティクス...

  皆さん、はじめまして。 昨年末にIBM にJoinし、Data&AIでデータサイエンスTech Salesをしている宮園と申します。   このリレー連載ブログはSPSS Modelerの実 ...続きを読む


IBM Db2がAmazon RDSで利用可能になりました

Db2, Hybrid Data Management, IBM Data and AI

IBM® Db2® はルネサンスを迎えています。私たちは、お客様や ビジネスパートナー様とお話しする中で、活気に満ちていることを実感しています。そしてそれは数字にも表れています。四半期を追うごとに、Db2 は収益を伸ばし ...続きを読む


SPSS Modeler の歩き方 2024 〜データ活用のためのガイドブック〜

Data Science and AI, SPSS Modeler ヒモトク, アナリティクス...

みなさんこんにちは。IBMの京田です。 SPSS Modelerの快適な旅をお楽しみいただくためのツアーガイドを担当します!   2024年の旅程表 本年も2回!6月と11月にユーザーイベントを実施します。加え ...続きを読む