Cognitive Applications Blog

Cognitive Applications ブログは、IoT (Internet of Things: モノのインターネット)やブロックチェーンなどの先進テクノロジーや、詳細天候データやヘルスデータを活用した変革を実践するための情報を、タイムリーにお届けしています。 また、テクノロジーの社会実装を実践する「人」にも光をあてていきます。

四国化工機 | AIもめん豆腐検品システム導入事例

  豆腐業界では初となる、割れや欠けのある豆腐をAIにより自動判定し検品する、AIラインピッキングシステムの開発・導入が大きな話題となった四国化工機株式会社(以下、四国化工機)の事例をご紹介します。   […]

さらに読む

[事例] E.&J.ガロワイナリー | 最重要資源「水」の問題解決を目指して

E.&J.ガロワイナリーは、AIと詳細気象データを用いて、ブドウの品質を向上させるインテリジェントな灌漑システムを開発し。25%の水使用量の削減とワインの品質向上を実現しました。   背景とビジネジチャ […]

さらに読む

Yara International ASA | 食糧問題の解決を目指して

Yara International ASA 食糧問題の解決を目指して   世界中でバーチャル化が加速する革新の時代において、エコシステム、デジタル・ワークフロー、企業のネットワーク化がもたらす影響力は、かつて […]

さらに読む

相手に喜んでもらえることが私の喜びなんです | チームメンバー・インタビュー #41 山添 守 セールス, Cognitive Applications

  チームメンバー・インタビュー #41 山添 守 セールス, Cognitive Applications   Cognitive Applicationsチームのメンバーが、テクノロジーと自分自身 […]

さらに読む

持続可能性をビジネス戦略の中核に

  ■ サステナビリティ戦略、成功の秘訣 | 環境要因と市場の需要のバランスを取ること 持続可能な未来への道を作り上げよう — これは単なる掛け声ではありません。もはや、サステナビリティを高めなけれ […]

さらに読む

[事例] Sund&Bælt Holding社 | より良い洞察への架け橋を築く

  ■ 世界中で懸念されている「崩壊しつつあるインフラストラクチャ」 崩壊しつつあるインフラストラクチャへの懸念が世界中で高まっています。 G20の関連調査機関Global Infrastructure Hub […]

さらに読む

9月22日【Webセミナー】 | 業務で使える画像認識AIを使ってみたい!

マウスでAI開発?! — 開発の現場で活躍するエンジニアから、AI開発における生の話を聞きながら画像認識AI開発工程の流れを振り返ります。 また、マウスで画像認識AI開発するデモを交えて、画像認識AI開発で生 […]

さらに読む

IDC寄稿 | 公共インフラプロジェクト全体の安全性と品質の最適化

  ソフトウェア駆動型のデジタルスレッドが、公共インフラ基盤に必要な理由   道路、橋、鉄道、トンネル…。公共インフラの多くが大規模メンテナンスをどれほど酷く必要としている状態であるか。アメリカだけで […]

さらに読む

[事例] Novate Solutions | 人間には知覚できないものを認知するテクノロジー

  プラントに24時間365日のプロセス信頼性を提供  プロセス障害のコストが分単位で測定されることが示しているように、製造・生産システムの停止は一分一秒でも短くする必要があります。変化する状況に迅速に適応でき […]

さらに読む

[事例] オマーン石油開発会社 | バックオフィス業務を一元化。2,300時間をMaximoで削減

  全社設備資産の管理および調達などに用いる管理システムを刷新する必要に迫られていたオマーン石油開発会社(PDO)は、それまでの紙ベースの作業からコンピュータ支援施設管理システムへの全面移行にパートナー企業と共 […]

さらに読む

[事例] 鉄道プロジェクトビクトリア | 複雑なプロジェクトを「時刻表」通り「安全運行」で

■ 州都メルボルンの最も複雑な鉄道プロジェクトを「時刻表」通りに「安全運行」で 鉄道プロジェクトビクトリア(Rail Projects Victoria: RPV)は、オーストラリア ビクトリア州政府機関です。 そのRP […]

さらに読む

あらゆるテクノロジーや組織、研究者などを総動員して価値提供を | 野ヶ山 尊秀 Cognitive Applications VAGメンバー

  チームメンバー・インタビュー #40 野ヶ山 尊秀  VAGメンバー, Cognitive Applications   Cognitive Applicationsチームのメンバーが、テクノロジ […]

さらに読む